桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    模試
    こんにちは~。

    先日、新中三、新中二を対象にした模試があって
    桜花ゼミの生徒もほとんどが受験してきました。

    新中三の生徒は模試のあと、自習に来て、授業が始まるまで
    出来なかった問題の確認をしたり、質問をしたり。

    レベルの高い模試ということで、おそらく生徒は過去にとったことが
    ないような低い得点になることと思います。

    かなりショックを受けていたようで、そのことが
    生徒の殻を破ってくれるといいな、と思います。

    一方で、新中二の生徒達は、授業の日に
    模試の問題を持って来たのが一人だけ。
    質問するべきことがたくさんあるでしょうに。

    先が思いやられます。
    スポンサーサイト
    受験体験記 最後に
    こんにちは~。

    2017年度の受験体験記、全部書きました。

    生徒達は桜花ゼミのことをかなり良く書いてくれています。
    合格した高揚感でそうなっていることもあるかと思います。
    3割引きくらいで読むとちょうどいいかもしれません(笑)

    今年度の中三生には、かなり危機感を感じていました。
    ここ数年、授業開始の1~2時間前には自習に来る生徒がいて
    いい雰囲気だったのですが、
    今年は15分前くらいから来だして、授業5分前にやっとそろう、
    という感じでした。(その分、残って頑張る子はいましたが)

    受験直後に生徒に聞いたら、全員が
    「もっと早く勉強を始めればよかった」と言いました。
    この気持ちは合格すると消えてしまいがちなのですが、
    とても大切にして欲しいと願います。

    過去の体験記も読み返してみたんですが、
    どうも僕の生徒への対し方は若干暑苦しいようです。

    もう少し、坦々と出来ればと思っているのですが、なかなか。

    心に火をつける対象は
    生徒達ではなく、妙齢のご婦人にしたいと願っております(笑)
    2017 受験体験記 その7
    こんにちは~。

    受験体験記、早くもラストです。


    星山 優衣 さん

    金沢泉丘高校 普通科 合格

    ・受験が終わって一言!

    受験票を忘れたり、受験番号を書きまちがえたり、
    そういうヘマをすることなく、とりあえず試験を終えることができて
    安心しました。でも解放感がまったくなく、
    本番よりも緊張して不安でした。
    (発表前日の緊張感とか最高ですよね)

    ・合格発表後の一言!

    「受かったーーー!」と思いました。すごく嬉しかったです。
    友達と抱き合いました(笑)

    ・中学校でがんばったこと

    勉強と学校生活。

    ・これからの夢や、がんばりたいことは?

    勉強と部活の両方をがんばりたいです。
    特に数学と理科をがんばりたいです。

    ・後輩にアドバイスをどうぞ!

    部活など大変だとおもうけれど早いうちから勉強しておいたほうが
    自分の選択肢が増えると思うのでがんばってください!!

    ・桜花ゼミに一言!

    勉強の大切さや深さを教えてもらうことができました。
    違う中学校の友達の点数を聞いたり、先生の話を聞いたりして
    たくさん刺激をもらえました。受験を甘くみていた私の意識を
    変えてくれました。
    短い間でしたが桜花ゼミに通っていなかったら受かっていなかった
    と思います。本当にありがとうございました。

    ・保護者の方からも一言!

    優衣、合格おめでとう!初めての受験勉強、親子ともども
    いい経験になったね。でもこれからがスタートです。
    全力でがんばりましょう。全力で応援します。
    冬期講習からの遅いスタートでしたが、娘の心に火をつけて
    的確に指導してくださった竹内先生と刺激的な塾友達に
    感謝します。ありがとうございました。


    ・竹内から一言

    12月入塾の生徒です。英・国はほぼ文句なしの成績でしたが
    理数が弱くそこを何とかしなければなりませんでした。
    理科は偏差値50台前半から64にアップ!しましたが
    数学はまだまだこれからですね(笑)

    高校生になったら、数学と犬嫌いを克服してください。
    塾長の頭をなでられるようになると、成績は上がります(笑)
    2017 受験体験記 その6
    こんにちは~。

    続けて書いていきます。受験体験記その6。


    宮下 遼佑 さん

    金沢泉丘高校 普通科 合格


    ・受験が終わって一言!

    理・社が特にまずいです。
    数学はいつものごとくできませんでした。
    不安しかないです。
    (それで85点未満が一つもないのだから大したもの!)

    ・合格発表後の一言!

    うおおおおおおおおお!!!!!!
    めっちゃうれしい♡

    ・中学校でがんばったこと

    1,2年のときは部活と遊び
    3年の時は勉強をがんばりました。

    ・これからの夢や、頑張りたいことは?

    夢を探すことです!!

    ・後輩にアドバイスをどうぞ!

    この教科だけは誰にも負けない、というような良い意味での
    プライドをもつこと。
    この人だけには負けない、というライバルをもつこと。
    →自分は双子の兄と、石川県中の中学生を勝手にライバルに
     してました。
    あとはすぐあきらめないこと(僕がいえません 笑)

    ・桜花ゼミに一言!

    桜花ゼミに入って、たくさんのすばらしい経験が出来て
    結果合格することができました。本当にありがとうございました!!
    竹内先生とマルコ先生!?には感謝しかないです。
    桜花に入って、自分で考えることを学びました。
    これからも大切にしていきます。本当にありがとうございました。

    (保護者の方の一言は一つ前の体験記を参照ください)

    ・竹内から一言

    何度もこの双子の二人を足して二つに割りたいと思いました(笑)
    二卵性双生児で、見た目も性格も全然違うのに
    学力だけは二人そろって、県内トップレベル(笑)。

    今回の遼佑君は、分からない問題はさっさと確認して
    やり方を理解してしまいたい生徒。
    もう一人の大佑君は、そういう問題をとことん考える生徒。

    お互い正反対なのですが、
    それぞれに対して性格と逆の課題を出し続けました。

    遼佑君にはもっと粘り強く問題にとりくむように。
    大佑君には一つの問題に固執し過ぎないように。

    これだけ出来る生徒を預かった、というプレッシャーもありましたが
    それ以上に楽しかった!です。
    こちらこそ感謝感謝、です。
    2017 受験体験記 その5
    こんにちは~。

    受験体験記 その5 です。


    宮下 大佑 さん

    金沢泉丘高校 理数科 合格

    ・受験が終わって一言!

    とりあえず終わって良かった!!!!!いろいろミスって悲しかった・・・・
    不安やーー!

    ・合格発表後の一言!

    良かった。友達(中学の)みんな受かったのがうれしい。

    ・中学校でがんばったこと

    生徒会の活動。早寝早起き。

    ・これからの夢やがんばりたいことは?

    自転車でどっか行きたい。勉強。

    ・後輩にアドバイスをどうぞ!

    受験直前になって問題がとけんくなってメッチャあせった。
    でも、本当に変なことがない限り、模試の結果がそのまま
    入試に反映されます。あせったらあかんで・・・

    ・桜花ゼミに一言!

    よく分からない質問をしても、副塾長(竹内先生)は
    「ふざけんなや」とか言いながらも
    ちゃっかり丁寧に答えてくれました。
    おかげで、勉強の興味がふくらんでいって、楽しかったです。
    また、みんなで考える、という先生の教え方は理解しやすく、
    桜花に入って良かったと思いました。ありがとうございました。

    ・保護者の方から一言!(双子分まとめて書いていただきました)

    双子でもまったくタイプの違う2人のことを良く理解していただき、
    勉強だけでなくいろいろなことを教えていただき、
    知識を深めることができたようです。
    2人とも塾に行くのが本当に楽しかったようです。
    竹内先生には姉にも大学受験のアドバイスをいただき
    大変感謝しております。
    短い間でしたが、2人にとって、桜花ゼミでの授業で
    大きな自信がついたんだと思います。
    合格の連絡を聞き、ほっとしています。
    本当にありがとうございました。


    ・竹内から一言!

    三歳上のお姉さんが桜花ゼミに来ていた時から、
    この双子が桜花に来たらどうしようか、と2年ちょっと考えてました。

    お姉ちゃんは二水に合格した、なかなかできる子だったんですが
    そのお姉ちゃんが、家ではこの双子の弟に勉強を教えてもらっている
    という話を聞いていたからです。

    国立・私立の難関校の問題に取り組ませるという選択肢も
    ありましたが、
    「基本」というものをできるかぎり深く考えさせる、というのが
    僕の基本方針なので、そこは変えずにやりました。
    (それで彼らが「合わない」と感じればしかたありません)

    今回の大佑君は、こちらが音を上げそうになるような質問も
    たくさんしてきました。
    (フェルマーの最終定理について聞かれた時は音をあげました)

    いままで桜花ゼミに来た生徒の中では
    おそらく一番の知的好奇心を持っていたのではないかと思います。

    それに僕がどこまで応えることができたのか分かりませんが、
    とにかく僕としても楽しかった!です。