桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    ラッシュ
    こんにちは~。

    ネットは本当に便利ですね。
    曲名もアーティスト名も知らないあの曲を聞きたい、
    と思った時に聞き取れている部分の歌詞を入力するだけで
    どの曲か教えてくれます。

    ということで昨日からMELA の help me という曲を
    ずっと聞いてます(多分ディスコブームのころの曲)

    さて。

    夏期講習のお問い合わせラッシュ?が続いてます。
    申込みラッシュになっていないのが切ないところですが。

    昨日は夜の授業がなく、すでに申し込みをいただいた生徒との
    面談があっただけなのですが、その後9時過ぎくらいに
    通りがかりの方が飛び込みでお問い合わせくださいました。

    1時間くらい引き留めて長々と話をしたんですが
    お母さんからは「話を聞くだけでも来たかいがあった」と
    おっしゃっていただきました。

    お問い合わせいただくといろいろ話すんですが
    一番話したいのは、塾に通うことにしようがしまいが、
    生徒が今、なにをしたらいいのか、ということです。

    心の中で思っているのは
    桜花ゼミに来て下さい、ということです(笑)

    そのくせ、必ず言うのは
    「出来るだけ、いろんな塾の無料体験を受けて検討してください」

    素直になりたい(笑)
    スポンサーサイト
    あたたかい目で見て頂きたい
    こんにちは~。

    暑い日が続きますね。
    今日は教室がお休みでしたが、お問い合わせのお電話や
    保護者の方からのご連絡などをいただきました。
    (いつでもつながる様にしているのでいつでもご連絡を!)

    昼間は涼しいところで過ごして、
    夕方から塾長のマルコと高松のドッグランに行って
    そのまま浜辺を走り回り、塾長はずぶ濡れになったので
    帰ってからシャンプーをしてやりました。

    僕はそこで電池切れ(笑)。
    甘いもので補給しようと思い、
    ふだんはコーヒーしか飲まないスタバでドーナツを食べ、
    スーパーで桃とフルーツサラダも買って帰りました。

    桃と言えば。
    某フルーツパーラーの桃パフェを食べに行きたい。

    2月には一人でイチゴパフェを食べに行ったのですが
    女性だらけの店内にさすがにひるみました。

    また一人で行くとなると、かなりのハートの強さが必要です(笑)

    誰のエッセイだったかに(色川武大だったかな?)

    男が一人で甘味屋さんにいるというのは
    恥ずかしい気持ちがありながらも
    どうしてもあんみつとかぜんざいとかを食べたい、という
    抑えられない欲求があるからであって
    そういうときの男の表情には鬼気迫るものがある、

    というような感じのことが書いてあったかと思います。

    そういう男性を見かけた時は
    あたたかい目で見守ってやるか、出来ることなら
    見ないふりをしてやっていただきたいと思います。
    進撃の夏、反撃の夏
    こんにちは~。

    アニメの「進撃の巨人」の主題歌「紅蓮の弓矢」という曲の中に

    「囚われた屈辱は反撃の嚆矢だ」という歌詞があって
    最近気にいっているフレーズです。

    嚆矢、というのは鏑矢のことですが
    なにかの始まり、という意味もあります。

    屈辱を受けたことが反撃への始まり、ということですね。

    1学期のテストの結果に不満がある人。
    いまの自分に満足できない人。
    いまの自分をより高めたい人。

    夏は反撃の最大のタイミングです。

    ということで、夏期講習のお問い合わせ、受付、お待ちしてます(笑)
    決めました
    こんにちは~。

    2週間ほど前にブログでタバコのポイ捨てをする人をみて
    気分が台無しになったという話をしました。

    その後、更に一人見つけて注意(ほぼケンカ腰)し
    離れていて声をかけそびれたなあ、というのもありました。

    今日も夕方の散歩のときにどこの坊主か知りませんが
    坊主の格好をした男がポイ捨てをしていました。

    側溝とかドブとか溝とかはあんたらの灰皿じゃありません。

    ゴミそのものには罪はなく、
    平気で吸い殻をポイ捨てしていくゴミ人間に罪があります。

    僕自身タバコを吸うのですが
    嫌煙派の方の主張にポイ捨てをするゴミ人間に対する不満が
    あるのはよく分かります。
    僕自身も許せませんから。

    今度から声が届く範囲で見つけたら「このゴミ人間が」
    と呼んでやろうかと思います。

    比喩ではなく本当に頭に血がのぼってます
    うちの留守番
    こんにちは~。

    前回の記事にも書きましたが、
    元生徒が毎日昼過ぎから勉強しに来ています。

    現在浪人生(俗に言う宅浪)の彼が中三の時以来、
    久しぶりに桜花ゼミに顔を出したのは6月下旬。

    家や図書館だけでは集中しづらく、桜花ゼミの教室で
    勉強したい、とのこと。

    それ以来、教室のお休みの日を除いて毎日
    昼1時過ぎから夜10時ころまでずっと頑張っています。

    電気代くらいもらおうかとも一瞬思いましたが
    面倒くさい(笑)、というのと、教室を開くか休むかは
    あくまで僕の都合で決めたい、という理由で
    無償で場所を提供しています。

    何を言いたいかというと
    彼をほったらかしにして僕が外出していても
    非難されるいわれがない、ということです(笑)

    僕は何もしていませんが
    元生徒が桜花ゼミを頼ってくれたということと
    元生徒と関われるということを嬉しく思います。