桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    明日から合宿です!
    こんにちは~。


    明日から強化合宿です。

    勉強漬けの3日間になるんですが。


    1日12時間くらいの勉強が当たり前、
    といえるようになってほしいな、と。

    勉強体力をつけるのが第一の目的ですが。

    みんなで3日間勉強して過ごすことで
    一緒に受験を戦う仲間、というか同志としても
    結束してほしい、というのも目的ですし、

    僕自身が3年になってから入って来た生徒達を
    もっと良く知りたい、というのも大きな目的です。

    参加する生徒はがんばろう!という事で。

    部活で北信越大会に進んだ生徒が5名います。

    どうフォローするかいろいろ考えているんですが…

    全中まで行ったら…

    その時はその時で、ハハハ。

    スポンサーサイト
    7/25のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    先日のピーチ行方不明騒動については

    ラジオで話した通りです。

    ホントにお騒がせしました。


    さて。夏休みです。

    バカンスとか、出会いとか、夏祭りとか、アバンチュールとか

    ではなく、夏休みといえば受験生の勝負どころです。

    そして、毎年それに付き合う僕、40歳、独身。

    はおいといて、


    どの教科にもしっかり取り組むのはもちろんなんですが、

    その中でも理科・社会に力を入れる事をおススメします。

    社会なら、地理・歴史・公民

    理科なら、化学・動物・植物・運動・電気…

    と範囲が細かく分かれています。

    範囲を絞って集中することで苦手を克服しやすい。

    夏の間に頑張って勉強すれば、結果も早く出ます。
    結果が出れば自信にもなるでしょう。


    国・英・数に関しては、それぞれの範囲の関連が
    理社に比べると強いですし、粘り強い勉強が必要です。

    という事で、英数国も頑張りながら、理社に力を入れてみる、

    がんばってみて下さい。
    お騒がせしました
    こんにちは~。

    ひとつ前の記事で、

    太田先生の飼い犬が行方不明、助けてください。


    と書きましたが、

    無事に発見・保護されました。

    記事をご覧になっていただいて、

    気にしていただいた方、ご心配頂いた方、

    ありがとうございます。

    お騒がせしたことを重ねてお詫び申し上げます。
    助けてください
    ピーチとマロン

    上の写真は桜花ゼミに英会話の指導に来てもらっている

    太田先生の飼い犬です。

    左側の「ピーチ」という犬が

    7/23 16:20ころ イオンかほくで
    行方が分からなくなりました。

    車において、5分離れた間にいなくなったようです。

    連れていかれた可能性もあります。

    もし、ピーチらしき犬を見かけられた方はご連絡をお願いします。

    連絡先:桜花ゼミ 076-283-2633

    ピーチの特徴

    ・ミニチュアダックス シルバーダップル
     
     黒っぽい体に白い毛がけっこう混ざっています

    ・ちょっと太めの体型

    ・首輪・ベルト等はつけていません(行方不明時)


    もし、見かけられた方がいれば、連絡お願いします。

    また、連れて行ってしまった、という方、(もしいれば)

    犬も一緒に暮らす人間にとっては大切な家族です。

    戻してあげてください。お願いします。
    7/18のアバウトスタディ
    こんにちは~

    ヨーロッパの数字の話をしました。

    ヨーロッパ語の基礎となっているラテン語は

    1,2,3を

    unus,duo,tres (ウヌス、ドゥオ、トレス)と表します。

    ラテン系の諸言語、イタリア語・フランス語・スペイン語なども
    ほぼ似たような言い方をするのはラジオでも話した通りです。

    また、序数では primus,secundus,tertius とあらわされ、

    un が united,union,
    duo が duet など
    tres が triple,triangle など

    primus も 英語では prime = 最高の、1番目の
    と影響をうけてます。

    バレエのトップ女性ダンサーを プリマドンナ と言いますが、
    (僕は昔、プリ マドンナ と勘違いしてました)
    イタリア語で prima donna = 一番の女性 という意味です。

    (prima donna は本来オペラの主役女性歌手を言います)

    また、100は centum と表しますが

    米ドルのセント、割合のパーセント、長さのセンチメートル

    などにも残っています。

    ミリが1000、センチが100という事を
    おぼえておけば、長さの単位を理解するのも簡単ですね。


    いわゆる雑学かもしれませんが、
    知識それ自体は無駄なものはないと思います。



    大学入試の戦略
    こんにちは~。

    昨日の記事で

    「大学入試には戦略が必要だ」

    等と偉そうに言いましたので、

    僕自身はどうだったかについても書こうと思います。


    志望大学を決めた時期

    中学2年か3年の頃には早稲田に行きたい、
    と思っていました。

    だからといって、特に何もしてませんでしたが…

    ただ、入試の科目が

    国語・英語・社会(または数学)である事を知って

    「高校に入ったら、それ以外は勉強しないぞ!」

    と決めていました。 バカですね…


    高1

    国語・英語・社会で行こう!と決めましたので

    数学・理科はほぼ全く勉強せず。

    国語は良かったのですが、
    英語は学年平均より下でしたので
    これはやらなくてはいけないな、と。

    社会は2年生から履修する
    世界史または日本史を受験科目にしよう、
    というところまでは決めていました。

    高2

    英語に関してはとにかく英単語をしっかりやるように。

    社会は世界史受験に決めて、日本史とはおさらばしました。
    それ以後、世界史は85点以上を大体とっていたと記憶していますが、
    日本史で40点以上を取った記憶もありません。
    (担任の先生は日本史だったのに…ゴメンナサイ)

    高3

    夏休みに早稲田の赤本(過去問)を一通りやってみて、
    問題の感覚、傾向、難しさを実感しました。

    そこで残り半年の勉強も赤本メインでやりました。

    一番苦手の英語を克服するために、長文問題の英語を
    全て和訳する練習をひたすらしていました。


    根が真面目ではないので、
    目標なしではコツコツやる事は出来なかったと思います。

    受験教科以外は全然やる気も起きませんでしたし、
    赤点もかなりとったりしました。

    良かったのは、学校まで電車とバスでしたから
    その時間を英単語や世界史の暗記に利用することが出来た事です。

    また、父親からは

    「浪人はさせないし、
     僕自身が行きたい、と言った早稲田以外にも行かせない」

    と言われていたのも、結果としては良いプレッシャーでした。



    若干極端だとは自分でも思ったりしますし、
    全教科まじめに取り組むべきだ、というのが正論でもありますが、
    (まあ、間違いなく高校の先生には嫌われるやり方です)

    僕なりに自分が行きたい大学に行くために
    力はつくしましたし、結果としていくことが出来たので
    一つの正解ではあったと思っています。

    もっと良い方法もあるとは思いますが、
    僕が一番伝えたいのは

    目標をハッキリと、強く持った時に、人間は持っている力を
    より大きく発揮できるのではないか、

    という事です。
    7/18のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    7/18のアバウトスタディ、
    久々に? 大学入試の話をしました。


    今までにも話したことですが、
    大学入試は高校入試よりもはるかに戦略が必要です。


    国公立の大学を例に出してみます。

    東京大学では

    センター試験の合計を110点満点、として
    2次試験の合計を440点満点、としています。

    2次試験の出来こそが勝負、という事ですね。

    一方、身近な所で金沢大学、人間社会学域の多くの学類では

    センター試験 900点満点
    2次試験   600点満点

    センター試験の方が比重が大きいです。

    一般的には難易度の高い所ほど

    2次試験、すなわち大学独自の試験を
    重視する傾向があります。

    金大でも医学部では

    センター試験 450点満点
    2次試験   700点満点

    と2次試験重視になっています。


    こうなってくると、

    高校の授業を真面目に受ける、
    というきれいごとでは通りません。

    自分が志望する大学に行くために、

    ・センター重視なのか、2次重視なのか
    ・その大学の問題の傾向は

    などといった事を考慮に入れた勉強を
    いつ始めるのか、で勝負は大きく分かれてきます。

    自分の実力相応の大学に行ければ良い、
    ならば別にかまわないのですが

    自分の可能性の極限の大学を目指したい、
    という事になると

    高3の夏ではもう遅いです。

    遅くとも高2の夏で志望大学が決まっているくらいにはしてください。

    決まったら、早速その大学に行く方法を頭を絞って考えましょう。

    7/11のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    先日チラシを見ていただいた方に
    ブログも見ていただいたのか、
    7/10のアクセス数が75件になっていました。

    で、チラシをごらんになった方からの
    お問い合わせも頂き…ありがたい事です。

    3年生はもう定員か、というくらいになっているんですが

    残念なことに1・2年生はけっこう余裕です。


    かほく地区はまだ、

    「塾通いは部活が終わってから」
    「3年生になってから」

    とお考えの方も少なくないようです。

    ちなみに、過去のデータ・傾向から言いますと、

    3年生の夏以降に入塾した生徒は
    殆どが入塾当初に考えていた第一志望校を
    受験しています。

    (入塾時に1ランク上を目標に設定してもらうんですが)

    一方、1・2年の時点で入塾した生徒では

    昨年の受験生では
    1年の終わりに入塾した生徒が

    入塾前に20番台が最高 → 学年2位
    泉丘に合格

    今年の3年生

    1年秋に入塾

    入塾前 20番台 → 学年5位
    入塾前 30番台 → 学年7位
    入塾前 30番台 → 学年12位

    入塾前の成績ではおそらく考えられなかった
    泉丘、二水が十分視野に入って来ています。

    生徒にしっかりとやる気があり、
    時間をこちらに与えていただければ、
    より可能性は広がる、という事です。

    実は僕には秘密の目標?がありまして、
    それは

    10番以内に入ったことのない生徒
    (もっと欲を言えば、20番以内に入ったことのない生徒)
    を1番に!

    なんです。

    で、そのためには出来たら2年くらいは
    任せていただけないか…

    と思う訳です。


    学年10~20番台の1・2年生!

    学年ひとケタ、さらに5位以内、出来たら1位!

    目指してがんばってみませんか?
    7/4のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    7/10に夏期講習ご案内のチラシが各新聞に入ります。

    ご検討中の方、ご興味ある方はご連絡お待ちしています。


    出身大学別 年収ランキング

    大ざっぱに見ると、
    やはり東大・京大は別格、で
    早慶上智が続き、
    (早稲田より慶応がかなりいいんですなあ orz)
    旧帝国大、国立一期校、私立の上位校、

    という感じです。

    基本的には大学の偏差値なり、難易度なりが
    将来の収入と大きく関係しています。

    もちろん、年収がすべてではないですが
    どうせなら自分がしたい仕事に就く可能性を
    大きくしたうえで、より高い収入が得られるなら
    それに越したことは無いはずです。


    北陸では40位に金沢大がランクインしてますが、
    ちょっとびっくり(失礼ですが)なのは
    83位にランクインの金沢工大です。

    金沢工大、偏差値でいうとおそらく50以下です。

    工大の面倒見の良さ、就職率の良さなどは有名ですね。
    (学費の高さも有名ですが…)

    あくまで一つのデータ、としてご参考にして頂ければ…。

    テストが終わって…
    こんにちは~。

    どの中学校もテストが終わりました。

    早速かえって来てますが。

    河北台は5教科かえって来てます。

    H君。今年の春期講習から入塾。

    英語が30~40点で苦手にしてましたが、
    今回の期末は79点。80点まであと一歩。

    この調子でがんばって。

    最古参のT君。入塾当時は300点ちょっと。

    前回の中間は396点だったのに、期末は379点。
    400点の壁は厚いのかな?乗り越えろ。

    入塾したての人達。これから頑張りましょう!

    宇ノ気中は一部教科がかえって来てます。

    6月入塾したての生徒をのぞくと、
    全員が数学は90点以上。いいねえ。

    理科が…半数以上がしくじってます。

    がんばれよ…


    桜花ゼミでは英語・数学メインなので

    英数は90点以上なのに
    理社のどちらかが80点以下の生徒が
    けっこういます。

    普段の学校の授業・自宅での学習、への取り組みが
    この辺に出て来てるようです。

    夏期講習からは受験まで5教科全部フルにやります。
    お腹いっぱい勉強にひたってください。


    以前にも書きましたが、中3の入塾が相次いでます。

    クラス編成、授業時間を決めなくてはなりませんので

    7月20日くらいで申し込みは締め切る予定です。

    ご興味をお持ちの方は、
    取りあえず早めにご連絡いただけると助かります。

    7/4のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    夏休みのテーマとして、

    「自分の勉強をとことん見直す!」

    簡単に言いますと、

    ・やり方の改善
    ・無駄を省く

    という事ですが、意外にできてなかったりします。

    たとえば。

    英語の文をテキストからノートに写す、

    というだけの作業でも

    ・アルファベットを一つずつ見ながら写す
    ・単語で区切って写す
    ・フレーズのかたまりで区切って写す
    ・文を見たら、あとは見ないで写す

    いろんなやり方があります。

    上にあげた4つでは後の方が高等なやり方です。

    写し間違っても良いんです。

    今、分かっていない事を知る事ができるんですから。


    とにかく夏休み、時間はあります。

    9月以降の勉強に弾みをつけるためにも、

    基礎、既習範囲の確認の徹底とあわせて

    自分の勉強そのものの見直しをしてください。