桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    6/26のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    6/26のラジオ「アバウトスタディ」では

    「夏休みへのイメージを持とう」という話をしました。


    もちろん、遊びの計画をたてたいならそれもアリです。

    ただ、最低限するべき勉強についてのビジョンも持とうということです。

    なんのイメージも持たないまま夏休みに入ると、
    特にやることも見つからずダラダラ…となる可能性もあります。

    何事にも言える事ですが、「入り方」というのが大事で
    スタートでつまづくと挽回するのは面倒になります。

    夏休み、毎日〇〇時間は勉強するぞ!と考えたら
    とにかく最初の1週間は何が何でも実行してみる事です。


    こんなことを偉そうに語る僕はというと、
    小中学生のころは
    8月の20日過ぎから
    漠然と不安を感じながらも遊び続け、
    29日くらいから半泣きで宿題をやる子供でした(笑)。

    今週のラジオの曲は

    「日本語の歌詞が入った洋楽」というテーマでした。

    Culture Club 「The War Song」
    Styx「Mr.Roboto」
    Queen「手をとりあって」
    スポンサーサイト
    この程度で?
    こんにちは~。

    昨夜のスーパームーン、皆さんはごらんになりましたか。

    雲に隠れがちでしたが、
    夜9時過ぎにサッカーをし終わってから空を見ると
    見ることができました。

    さて。

    ツイッターでこのような問題がでまわっているそうです。

    「これが解けたらIQ125

      9=72
      8=56
      7=42
      6=30
      5=20
      3=??」

    こんな程度でIQ125?

    読んでいる途中で答えが見えるレベルの問題だと思いますが…

    と思っていたら、桜花ゼミの中学3年生、
    2人が間違えた答えを出してしまいました。ショック…

    とは言え、解答は書かれていないんではっきりしませんが、
    分かる人は分かりますよね。




    スーパームーン
    こんにちは~。

    今日の夜、スーパームーンという現象がみられます。

    月が地球に接近するために大きく見える、という現象で
    通常より14%ほど大きく、30%ほど明るく見えます。

    現在(5時半頃)は空が曇ってます。
    今夜の予報も曇りです。

    何とか雲の隙間からでも見えたらいいんですが…

    見えたら、うちのワンコと一緒に
    「ワオーン」と吠えて狼男に変身してみようと思います。


    6/19のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    この時期、部活の各種大会がありますね。

    桜花ゼミに来ている生徒でも、
    優勝して県大だ!という子や
    残念ながら終わりました…という子がいます。

    勝っちゃった子はそのまま頑張ればいいと思いますが、
    部活が終了した子、はここが大切です。

    勝ち残って県大、北信越、全国大会(!)、
    まで行った子は

    部活で完全燃焼した!
    受験勉強のスタートが他の子より遅れてる!

    という意識があるだけに受験勉強への切り替えが
    意外にスムースです。

    むしろ、早い時期に部活が終了した子の方が
    上手に切り替えられないことがあるかもしれません。

    上手くいかせば、
    ライバルに差をつける、ライバルとの差をつめる、
    ことができるのがこの時期ともいえます。

    部活が終わった解放感、
    毎日部活をしていた時間を持て余す感覚、
    が分からない訳ではないですが

    だからといって、いつまでもだらだらしていても
    仕方がありません。

    気持を切り替えていきましょう。


    うちの子にかぎって…
    こんにちは~。

    先日うちのマルコ(ミニチュアダックス・オス)が
    生後3か月を迎えました。

    日に日に大きくなっているんですが、同時に
    日に日にやんちゃになってきているような気がします。

    昨日。

    生徒達がやって来て、僕も授業の準備をしていたところ。

    生徒「先生~。マルコがウ〇チしてま~す。」

    僕「わかったよ~。」

    数秒後。

    生徒「先生~!マルコが食べてます~!」

    僕「!!」

    僕の見る限りでは食べちゃう、というのは無かったので
    かなりショックです。

    犬を飼っている方の中には、
    この「食糞」問題で悩んでいる方がけっこういるようです。

    まさかうちのマルコもそうなるとは…

    習慣にならないように気をつけなくては。

    しかし、おいしいんでしょうか?

    こんにちは~。


    41年ちょっと付き合ってきていますが、
    どうも自分の顔があまり好きではありません。

    もう少し正確に言おうとすると、
    自分の顔の印象で人に誤解をされることが時々あって、
    損をしたような気分になることがあるんです。


    僕の顔は「お酒が強そう」に見えるそうです。

    どちらかというと、下戸です。
    40過ぎになって、週に1,2回、ワインを一杯だけ、
    ということはある様になりましたが、
    出来るだけお酒を避けて通りたいと思っています。

    酒席の雰囲気じたいは嫌いじゃないんですが、
    「飲めよ~」と言われるとけっこう困ります。

    また、お酒をいただいたりしても
    知り合いに譲ったりするだけなので
    せっかくいただいたのに、申し訳ない気もします。


    他にも受ける誤解、というのはあるんですが

    よく考えると、僕自身も人を見かけで判断していることが
    あるような気もします。気をつけないと。
    ばったり
    こんにちは~。

    今週のラジオで話したことは
    先日の記事と同じ話だったので、
    「今週のアバウトスタディ」はなしにします。

    先日、塾の前で高校の同窓生にばったり出くわしました。


    彼は泉丘の理数科で、文系の僕とは勉強の接点は
    なかったんですが、
    宇ノ気中出身(僕は河北台中)で七尾線仲間です。

    しばらく話をしたんですが、その中で印象に残ったことが2つ。


    1.最近、このあたり(宇ノ気)の泉丘受験生はどうなん?

    宇ノ気中出身で今も在住の同窓生ですから、
    地元情報はよく知ってるらしく、
    「泉丘受けてダメやった、ってよく聞くんやけど…」
    という話を聞きました。

    確かに、僕らの年代のころはそれぞれの中学校で
    せいぜい一人くらいが不合格、という感じだったんですが
    最近はもうちょっと多いようです。

    「桜花ゼミに来ないから」と言いたい所ですが、
    僕が言わずとも、ときどき塾の前を通ってみていてくれているらしく、

    「全員合格って大したもんやん」

    でも、うちの生徒でないとしても、
    不合格になる子がけっこういるんだとするとちょっと気になります。

    とはいえ、僕も毎年覚悟を決めながら生徒達を
    送り出しているので、なんともいえないですが…。


    2.勉強について

    彼はすでに2児の父親だそうですが、

    「家で勉強なんてするな。
     学校ですれば十分やし、したけりゃ学校でやれ」

    と子供に言っているそうです。

    それが正解かどうかは別として(僕も賛成ですが)
    僕ら世代では宇野気、七塚あたりには
    塾なんてものはありませんでした。
    (もしかしたらあったけど知らなかった?)

    泉丘に行った生徒でも、親に勉強しろと言われてしていた、
    というような生徒は殆どいなかったと思います。

    勉強させるにせよ、しなくていいというにせよ、
    親御さんがポリシーというか信念をもって
    子供に接することは大切だと感じました。



    損得抜きで話せる同窓生と話す、というのは
    楽しいことです。
    中間テストの結果
    こんにちは~。

    だいたいテストの結果が出そろいました。

    今回は桜花ゼミの中3生の平均点を公表してみます。

    英語 89.4
    数学 90.5
    国語 82.2
    理科 77.5
    社会 81.7

    合計 421.3 (小数第2位以下は切り捨て)

    英数は良いですね。英語ももう少しで90点でした。

    理科・社会、不満です。すごく不満です。

    英数で90点くらいとれる生徒達が
    理社で80点前後しか取れない。

    明らかに理科社会の準備不足・勉強不足です。

    理科・社会は勉強した量に比例して点が取れる教科です。
    また、テストごとの点数のばらつきも比較的少ないです。

    そういう意味では得点のムラが出やすい数学・国語より
    はるかに「頼りになる教科」です。

    理科・社会は「命綱」にもなれば「命取り」にもなります。

    まずは中間テストの確認を徹底して、
    期末テストにむけて、しっかりした目標設定をしましょう。


    あと、平均で421点になっていますが、
    比較的できる生徒が多いのと、テストが難しくなかったのが理由です。

    特にすごい点数でもないですし、
    たじろいだりしないでください。

    「400点を目指したい」くらいの意欲がある生徒であれば
    今300点なくても構いません。

    お問い合わせは076-283-2633 竹内まで。
    家なきオッサン
    こんにちは~。

    タイトル通りですが、僕の自宅がなくなりました(笑)。

    築50年以上で、
    父もなくなってしばらくたったので壊してしまおう、
    ということで。

    僕は当分、教室に住み込みです。
    建て替えの予定はありません、ハハハ。


    家がなくなって、改めて祖母はすごいな、と感じます。
    (仲は悪かったですが)

    満州で夫(僕の祖父)を兵隊にとられて、
    女手一つで子供3人を日本に連れて帰って来て
    戦争で財産も夫も失いながら、
    子供を育て上げ、男二人は大学に行かせ、家を建て…。
    (もちろん、いろんな方に助けてもらうこともあったでしょうが)


    なんというか、人間としての生きる力、を感じます。

    「不景気だから…」なんて言ったら鼻で笑われそうです。


    桜花ゼミは小さい塾ですが、
    毎年少しづつ生徒は増えていってくれてます。

    こうやって書いているうちに、がんばろう
    という気持ちが改めて湧きあがってきています。
    6/5のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    今週のラジオ「アバウトスタディ」では

    「志望校を変えるな!」という話をしました。

    もちろん、変更せざるをえない事もあります。

    が、それは年が明けるくらいまでは待ちましょう。

    テストの結果に一喜一憂してはいけません。

    周囲の言葉にあまり影響を受けすぎてもいけません。


    その前に、

    ・勉強方法を見直す。
    ・勉強時間を見直す。
    ・苦手克服に力をいれる。

    やることは色々あるはずです。

    そう、志望校を変更する前に、
    まず変えるべきなのは自分自身です。

    今週の曲は サイモン&ガーファンクルで

    「El Condol Pasa」
    「Sound Of Silence」
    「The Boxer」      でした。

    選曲がネタ切れ気味になっております。

    FMかほくにメールなどで送っていただいても結構ですし
    (毎月のプレゼントが当たるかも?)
    当ブログに書き込んで頂いても結構です。

    リクエストいただけると、本当にありがたいです。
    相談ならいつでもどうぞ!
    こんにちは~。

    今日は高校生が相談に来ました。
    以前桜花ゼミで勉強した生徒です。

    英語でかなり苦戦しているということで、
    事前に親御さんからご連絡をいただき、
    本人と話して、指導開始するならしてください。

    と、ほぼお話をあずけて頂いたうえでの話でした。


    で、今日は40分ほどいろいろ話したんですが
    あえて?指導開始とはしませんでした。

    多分、今やっている勉強の方法や内容に
    若干の問題があるだけで、そこを修正すれば
    ある程度は一人でもやっていけるんじゃないかと感じたからです。

    正直なところ、僕がついた方が伸びるのも早いですし
    桜花ゼミの経営的にもプラスです(笑)。

    また、泉丘高校で英語・国語で伸び悩んでいる生徒というのは
    僕好み、というか僕の大得意とするところでもあります。

    泉丘の生徒なら、学年でワースト10に入っていても
    平均以上には絶対あげる自信があります。
    (今までそうならなかった生徒がいません)

    が、本人が自分でやっていけるのならそれが一番ですし、
    今日は取り組み方の簡単なアドバイスをして終わりました。

    その上で、1・2か月取り組んでみて、厳しいようなら
    もう一度おいでなさい、と。


    ということで、勉強・受験に関するご相談は
    いつでも受け付けております。

    ご連絡は 076-283-2633 桜花ゼミ・竹内 まで。

    無理やり入塾させることもありません。

    というか、体験受講してもらっても
    こちらからは連絡もしません(笑)。

    やる気になったら来て下さい、という方針でやってます。

    お母さん、素晴らしいです!
    こんにちは~。


    先日、桜花ゼミにかよっている生徒が
    とあるテストで百点を取りました。

    素晴らしい。

    で、その生徒が言うには、

    「お母さんが桜花ゼミにかよったおかげやね!
     って言ってました」

    お母さんも素晴らしい。

    桜花ゼミを良く言って下さったことが
    ありがたい、ということではなく
    (僕個人はすごくうれしく、ありがたいのですが)

    今、塾に通っていることが
    すごくプラスで良いことなんだよ、

    と子供に教えてらっしゃることが素晴らしいと思うんです。

    今回は良い結果も出て、
    そういうお話になったのかと思います。


    ただ、例えば良い結果がすぐに出ない時もあります。

    親御さんが

    「やっぱり成績上がらんしダメかねえ…」
    とおっしゃれば、子供もそう思うでしょうし

    「すぐに結果が出なくても頑張ればきっと良くなるよ!」
    とおっしゃれば、子供はやはりそのように思うでしょう。

    これは学校でも言えることだと思います。

    ですから、親御さんとしては
    学校なり塾なりに対して否定的な言葉は子供に言わず、
    出来るだけ肯定的な言葉を伝えて上げた方が

    子供に対しては良い影響を与えることになります。



    では、もし、親御さんが学校や塾に対して不満がある時は?

    それは子供に伝えず、学校や塾に直接言った方が良いです。

    実際にはそうしないで、子供にだけ不満を伝えている親御さん、
    けっこういらっしゃいませんか?

    モッタイナイと思います。