桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    抽象能力
    こんにちは~。

    最近のテーマになってます、抽象と具体について。

    今日は英語を例にとって話したいと思います。

    I am playing tennis.

    He is studying math.

    They were running in the park.


    取りあえず、3つの例文を出してみました。

    共通点は進行形の文である、ということです。

    で、多少なりとも抽象能力、つまりまとめる力、が
    備わっているなら、

    要は、進行形というのは be動詞 + ~ing なんだ。

    と理解する事が出来ますし、
    常にそのように文を作ろう、とすることができます。
    あとは進行形の文を何十個かけ、といわれても同じなわけです。


    ところが、備わっていない生徒はどうやっているか、
    といいますと
    上の3つの例文も一つ一つ丸暗記。
    何十個も出されたら、半泣きで丸暗記。

    で実際に書かせてみると、be動詞がない文もあったりします。

    要は抽象能力がないと、勉強をすること自体が出来ないんです。

    抽象能力のない生徒にとっては、進行形だろうがなんだろうが、
    単なるアルファベットの羅列でしかない訳で、

    言い換えれば、電話番号を数十個丸暗記するのと同じです。

    当然頭に入らないですし、入ってもすぐに忘れてしまいます。


    では、どうすれば抽象能力が身につくのでしょうか?

    よく分かりません(笑)。
    明快に分かれば、僕はとっくに左うちわで暮らしてます。

    ただ、数学と国語が特に抽象能力を必要とする分野ですから

    小学校の段階で国語と算数には徹底して取り組むことが
    一つの解決策にはなるかと思います。


    ただし、算数は計算が得意なだけでは足りません。

    分数・割合・図形あたりがしっかり出来るようになって、
    はじめて抽象的な概念を捉える力がつくように思います。
    スポンサーサイト
    学歴、という道具
    こんにちは~。

    僕の前の仕事の話をしたいと思います。

    桜花ゼミをスタートする前、家庭教師を数年していました。

    最初の面接で学歴はすごく評価して頂きました。
    合格して、即お仕事いただけました。

    その勤め先は家庭教師だけでなく、
    夏と冬には講習をやっていて、
    5名くらいの小クラスでの指導をおこなっていました。

    講習を担当する先生は事務所所属の数十名の家庭教師の中で
    3~5名程度です。
    勤め出した最初の講習から担当講師に選ばれました。

    講習の担当は辞めるまでやらせていただいてました。


    何だか、自慢話をたらたらしている感じになりましたが、
    言いたかったのは

    講習担当に選ばれたのは、
    僕の指導がある程度評価されたからだと思います。

    が、評価される機会を得るには、
    つまり仕事を実際に見てもらうには
    仕事をもらわなくてはなりません。

    ということです。

    それについては、僕の学歴が役にたったのだと思います。


    社会に出れば学歴なんて関係ない。とよく言います。

    それはある程度、その通りだと思います。

    ただ、学歴というものは
    いろんなチャンスを得るための良い道具である、のも事実です。



    ですが、中学生・高校生くらいで
    その事をしっかり理解している生徒は非常に少ないです。

    実は僕もそうでした。

    公務員(自衛官)の父への反発、国というものへの反感、
    といった青臭い考えから
    国立大は行きたくないなあ、と考えて

    じゃあ、私立で一番いいところに行きたい、と思ったわけです。

    で早稲田か慶応なら、おしゃれな慶応は僕に合わないな、と(笑)。

    今の僕が中学生くらいに戻ったとしたら、
    無条件で東大を目指します。(行けるかどうかはわかりませんが)


    だから高学歴を目指せ!というのは子供の反発をかうだけですが、

    坦々と高学歴であることのメリットを
    子供に教えてあげることは悪くない事だと思います。
    10/23のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    10/23のラジオ「アバウトスタディ」では

    抽象と具体、について具体的に説明してみました。


    例として中学生向けの全国学力テストの問題を取り上げました。

    「xmの長さでygの重さの針金の1mあたりの重さを

     xとyを使って表しなさい。」


    是非考えてみて下さい。

    皆さんはどうお考えになりましたか?


    で、僕は頭が悪いので(笑) 「具体的」な数字で考えます。
    (僕は実際に常にこのように考えます)

    5mの長さで10gの針金、としてみると

    1mあたり2gだ、ということが凄く簡単に理解できます。

    それを式に表すと 10 ÷ 5 = 2 ですね。

    これを先ほどの文字に当てはめますと

    y ÷ x = y/x ということになります。

    数字をxやyなどの文字で考える、というのは
    抽象性が高いので、具体的にするわけです。

    ここまでが抽象的なものを具体的にとらえる、という作業です。



    今度はさっきの 5m で 10g について考えましょう。

    1mあたり2gということが分かりました。

    3mなら6g、8mなら16g

    長さの値を2倍すれば、重さの値をえられるわけです。

    ということをまとめると

    y = 2x ということになります。

    今度は具体的なものを抽象的にまとめてみました。


    なんとなくでも

    抽象から具体、具体から抽象、と行き来できるようになる

    ということが大切だとお判り頂けるでしょうか。


    「分かりやすい!」とか「全然分からん(怒)」とか
    ご感想をいただけるとありがたいです。

    この事について改めて考える事が
    最近の僕のテーマの一つになっています。

    おそらくこのブログでも何度も書くことになると思います。
    名前の付け間違え?
    こんにちは~。


    ひさびさですが僕の愛犬、桜花ゼミのマスコット、
    マルコの話です。


    以前にも書きましたが、マルコの名前の由来は
    20世紀最高のセンターフォワードとも称される

    マルコ・ファン・バステン というサッカー選手です。
    (全ての画像はクリックで拡大します)
    4676747.jpg

    188センチの大柄な体格とそれに似合わぬ繊細なテクニック、
    彼が生み出した数々のゴールは多くのファンを魅了しました。
    もちろん僕も魅了されました。

    しかし。しかしです。

    うちのマルコ君はかなりの暴れん坊。

    気に入らない事があると僕の手をガブガブと噛みます。
    自分よりはるかに大きい犬にも隙あらばとびかかります。
    最近の趣味はごみ箱をひっくり返す事です。

    DSC_0038.jpg

    そしてごらんのとおり(ちょっと見にくいですが)
    ゴールドの毛色の中で、頭頂部だけが白いんです。
    見た人はみんな「モヒカンだ~」と言います。

    そう、うちのマルコは現在のサッカー界随一の悪童、
    と呼ばれているマリオ・バロテッリに
    見た目・おこないがそっくりなんです。

    015cbf2b.jpg
    ゴールを決めた瞬間、シャツを脱いだバロテッリ。
    (シャツを脱ぐとサッカーでは警告を受けます)

    はあああ、「マリオ」にするべきだったのか…

    でも、うちのマルコに

    「今日からお前はマリオだよ」と言ったら

    「勝手に名前を変えるな!」とまた噛まれそうです。
    第三回 石川県総合模試の結果
    こんにちは~。

    10/6に実施された石川県総合模試、結果が出ました。

    前回の結果とあわせてごらんください。


       模試平均点  桜花ゼミ生平均点  偏差値(概算)

    国語  53.9     61.9        55
    英語  51.7     68.2        58
    数学  50・8     63.7        58
    理科  56.6     73.2        58
    社会  60.9     75.8        59

    合計 274.0    343.0        59


    前回と比較して頂ければ分かりますが、ちょっとダウンです。

    去年にも書いたと思うんですが
    12月くらいまでは、僕は結果にそれほど執着しません。

    何故なら、9月から入試対策を開始して、
    3年分の勉強を見直す、という作業が年内いっぱいは続くからです。

    そこで蓄えたものを年明けから実際の点数につなげていく、
    という感覚を持っているので焦りはないんです。

    ただ、当然、生徒達は結果に対する不安や焦りはあります。

    だからこそこの時期、
    自分がやってる勉強を信じて頑張ってほしいとも思いますし、
    同時に自分の勉強を疑って見直すこともして欲しいと思います。

    矛盾しているかのようですが
    この辺は数回前の記事に書いた事なので
    詳しくはそちらを読んでみて下さい。

    僕としては12月、1月くらいにある程度の成果が出せると言いナ
    と思っております。
    妥協を知らない男
    こんにちは~。

    先ほど模試の復習会を終了しました。
    塾生でなくても希望者は参加できます。
    模試の問題に関する質問などありそうならお問い合わせください。

    今回の模試の結果は出来るだけ早く発表いたしますが…

    先日の中間テストで男子3名と勝負というか賭け?をしました。

    各自が目標とする点数をとれなければ女装ないし仮装をする。

    というものです。男子3名、玉砕しました。

    で、一人の今日の仮装がこれです。



    (横向きで見づらいですが、クリックで拡大)


    聞いてみたところ、制作時間に3時間近く…

    いや、大作というか気合は感じるし素晴らしいですが…

    受験生なんで仮装にそこまで力を入れて欲しいわけじゃ…

    そこまでがんばられてしまうと、
    「桜花ゼミは何をさせる塾なんだ…」と思われてしまいそうで…

    ただ、なにをやるにしても妥協しないということは
    勉強においても大切な素養だとは思いますし、
    その点において彼のそういう一面を再認識できたことは良かったです。


    こんな格好してますが、この子、総合模試の社会は一位です。
    10/16のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    10/16のラジオ「アバウトスタディ」では
    国語で大切な考え方の一つを紹介しました。


    抽象的な話から具体例を考える。
    具体例から抽象的な話を考える。

    というものです。

    抽象的、というのはひっくるめた話・一般的な話です。

    それに関する一つ一つの事例が具体例、です。

    前回のラジオの話を例にしていいますと

    自分の勉強を見直して工夫しよう!  というのが抽象です。

    それに対して具体例として以下のものが出てくるわけです。

    ・マル付けするときは解答の答えの部分を指差ししながら
    ・必ず時間をはかって問題に取り組む
    ・英語の問題に取り組むなら、声に出して読みながらやる


    抽象だけでは話がぼんやりすることもありますから
    自分で具体例を考え出す。

    キーワードは「たとえば」です。
    自分の頭に「たとえば」という言葉をおいて考える事で
    具体例を導きだしてみて下さい。

    いくつかの具体例だけでは、あらゆる事柄をカバーできないので
    自分で抽象にまとめ上げる。

    キーワードは「要するに」です。
    まとめたら要は〇〇ということなんだ、と結論づける事です。



    思考法としては演繹法とか帰納法とか言いますが
    そんな用語は別に知らなくても困りません。

    試してみて下さい。
    こんにちは~。

    前々回の記事でかきました、
    僕が自衛官になり損ねた?話を書きます。


    以前にも書いた事ですが
    僕は高校受験の際、私立高校を受験しませんでした。


    父「どこの高校行きたいんや」
    僕「泉丘」
    父「じゃあ泉丘受けろ。他は受けなくていい。」

    よく考えれば、自分の成績基準でなんとなく泉丘と思っただけで
    絶対行きたいわけでもなかったですし
    受験勉強らしきものも中3の冬までしてなかったんですが
    そういうことになってしまいました。

    で、自分なりに何か保険をかけたいと思ったわけです。

    どこで知ったのか忘れましたが
    自衛隊生徒という制度を見つけたんです。
    (現在は廃止されています)

    陸・海・空それぞれ中卒の生徒を募集しております。
    倍率は20~30倍ですが、
    とにかく受験も無料、学費も無料、
    無料どころかお給料付きです。

    父親には内緒で勝手に受けることにしました。
    記述試験・身体検査・面接をクリアして何とか合格。

    でしたが、泉丘にも合格したので辞退しました。

    もし、泉丘合格しなかったら行ってたはずです。

    そうしたら、そのまま自衛官になっていたかもしれません。


    ちなみに、家庭教師で教えた生徒で実際に行った子がいます。

    中3のころは150センチ台で40キロあるかないかの
    ヒョロヒョロの子だったんですが
    20歳の頃に会った時はムキムキのマッチョに。

    更に在学中はお金の使い道もないので
    〇百万円ほど貯金も出来たそうです。

    僕もいけばよかった…とちょっとその時は思って見たり(笑)。


    自衛隊生徒は廃止されましたが、
    現在でも高等工科学校生徒という制度はあり、
    衣食住は全部タダでお給料もいただけることになっています。

    興味があれば調べてみて下さい。
    秋は短し
    こんにちは~。

    肌寒く、秋って感じになってきました。
    暑からず寒からず、誠に良い季節です。

    残念なのは北陸では「秋」と言える時期が短いことです。


    さて。

    先日、とある方から言われました。
    「塾の入り口の張り紙はまだ夏期講習募集ですねえ」

    しまった…

    というかそういうことに関してはかなりちゃらんぽらんです。

    う~ん、どうしよう… えいっ!とやってみました。


    DSC_0034.jpg
    (画像クリックで拡大できます)

    「夏」だけを「冬」に替えてみました。

    「冬」だけ色が違う!季節的に早すぎ!

    いいんです。もうすぐ冬は来るはずです。
    ということで桜花ゼミには秋が来ませんでした。

    桜花ゼミの授業は「飽き」が来ないのが評判です。

    すべってます?これってすべってます?

    舞鶴と自衛隊
    こんにちは~。

    先週、僕が生まれた舞鶴に行ってもう一週間。
    はやいものです。

    昔住んでいた官舎も見に行き、
    卒業した小学校も覗いてきました。
    およそ30年ぶりです。

    舞鶴、特に僕が住んでいた東舞鶴というのは
    自衛隊の街、といってもいい所で

    小学校の頃は父親が自衛官、という子が
    クラスに2,3人はいました。
    僕もその一人でした。

    自衛隊、誤解を恐れずに言えば軍隊、
    の存在を受け入れるかどうかは別として

    隊員の方の制服姿、護衛艦などはカッコいいもの
    として記憶していました。

    今回、海沿いを走っていても、
    護衛艦・潜水艦など停泊していましたが
    やっぱりカッコ良かったです。

    僕も一歩違う道を歩んでいたら自衛官になるところでした。
    それについては次回にでも書こうと思います。

    電話にイラつく
    こんにちは~。

    塾をしているといろんな電話がかかってきます。

    お問い合わせの電話(ありがとうございます)
    生徒から出欠の連絡(風邪ひくなよ…)

    あとけっこうあるのがセールスの電話。

    これがかなりイライラします。

    電話そのものは構わないんです。
    中には有益そうなお話もありますし、
    不要ならお断りすればいいだけの話ですから。

    ただ営業でかけて来るなら、
    もう少しきちんとした言葉づかいをしてくださいよ、
    と思うことが非常に多いです。

    もちろん、そういうところとお付き合いはしたくないので
    お断りです。

    一度だけ、あまりの言葉遣いのひどさに
    「失礼ですが、貴方はおいくつですか?」と言ったことがあります。
    普通に「26歳ですけど?」とかえされました(笑)。


    あと、他の塾のお話をいちいちされる方。
    「〇〇塾さんではすでに導入頂いていて…」
    同業他社の事をペラペラしゃべる会社を信用できますか、
    って話です。

    今何をお使いですか?とか生徒数とかを詮索してくる方。
    僕は秘密主義ではなく、オープンな方だと自分では思ってますが
    いきなり電話をしてきた人になんでも話すほど
    アホでもありません。

    ということで、
    生徒に対しては限りなく敷居の低い塾でありたいと思ってますが
    営業してくる方には、多分すごくめんどくさいのが桜花ゼミです。
    10/9のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    10/9のアバウトスタディでは

    「自分の勉強と向き合ってみよう」
    という話をしました。

    テレビとか遊びの時間を省きに省いたうえで、
    フルに勉強に取り組んでいる、としてですね。

    より効率的な勉強を模索してほしい、ということです。


    基本姿勢は

    ・常に自分が取り組んでいる事に疑問を持ってみる。

    ということです。

    大きいところでは
    この教科に力を入れているのは正しいのか?

    苦手教科から逃げて、好きな教科ばかりやっていないか?

    というようなことです。

    また、小さいところでは

    ・間違えた問題の反復・確認が徹底できているか? 
    ・時間を意識して取り組んでいるか?

    数えればきりがないくらいです。


    そして、「この方が良いぞ!」というものを見つけたら

    徹底的にそのやり方でがんばってみて下さい。


    そうすると、またそのやり方での問題点・改善点も見えてきます。


    今の自分を疑ってみる
        ↓
    こうだ!となったらとことん信じてやってみる
        ↓
    また自分を疑ってみる

    そういうことを繰り返そう、とするだけでも
    基本的な思考力にもいい影響があると思います。

    細かいアドバイスについても書いていく予定です。

    岸壁の母
    こんにちは~。

    前回に続いて舞鶴の話です。

    舞鶴は港町で、西側は商港、東側は軍港(自衛隊基地)
    となってます。

    戦後は大陸から引き揚げてくる船を受け入れる
    引き揚げ港でした。

    ということで舞鶴の人ならだれでも知ってるのが

    岸壁の母 です(クリックで動画を見れます)

    シベリアに抑留された息子を迎えに引揚船が舞鶴に
    入港する度に息子が帰ってこないかと
    港に足を運ぶ母親をうたった歌です。

    ちなみに引揚船に乗った人の名簿、というのが
    事前に発表されていたらしいんですが
    名簿に載っていなくても、「もしかしたら…」の一念で
    舞鶴港に帰ってこない息子を迎えに行っていたそうです。

    こういう話で涙腺が緩んでしまう年齢になってきました。
    天橋立
    こんにちは~。

    土日、所用で京都の舞鶴へ行っておりました。
    舞鶴は僕が生まれたところで今も母が住んでおります。

    で、母方の親戚がひさびさに集まったので
    近くの天橋立にもいってきました。

    DSC_0032.jpg
    画像クリックで拡大

    天橋立は日本三景の一つ(後二つ分かりますか?)
    湾の入り口部分に出来た3キロちょっとの砂州です。

    「股のぞき」と言いまして、山の上から
    天橋立に背を向けた状態でかがんで脚の間から見ると…

    DSC_0032 2

    こんな感じで上下が逆転して
    空に橋が架かっているように見えます。
    初体験!
    こんにちは~。

    ときどき(しょっちゅう?)このブログにも登場いたします、
    愛犬のマルコ。

    なにかと世話が焼けるんですが
    一つ、助かっていることがありました。

    なぜか、マルコは散歩中には排泄をしないんです。

    したくない訳でもないらしく、たまに散歩から戻ると
    ワンコ用のトイレで気持ちよさそうにシャーっとしたりします。

    が。

    今日の塾が終わった後の散歩の時にしてしまいました。
    しかも大きい方。それも2か所で。

    外ではしないものだと安心しきって、
    袋も何も持っていませんでした。

    仕方なく、一度帰って紙をもっていって回収。

    面倒ではありますが、僕自身が他の犬の放置ウ〇コを見ると
    その飼い主に対して腹が立つのでやらない訳にはいきません。
    10/2のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    今日は理科・社会に注意!という話をしました。

    僕の個人的な感覚ですが、ゆとり教育が終わって
    特に学習内容が増えた教科が理科と社会です。

    まず学校の授業をしっかり受けないといけません。

    ただ、おそらくですが、
    先生方も10年近く教えていなかったことを教えるわけですから
    不十分な場合もあり得ます。

    また、入試の過去問や、問題集でも
    増加した単元の学習が出来ない、ということもあるでしょう。

    その辺りに対する対策、というか意識は必要になると思います。

    ただ、だからといって臆する必要はありません。
    県立高校なら中3生はみんな同じ問題を受けるわけですから。


    ちなみに僕は問題の分析とか傾向とかには、
    あまり興味がありません。

    どんな問題が出ても良いように
    実力をしっかりつける・成績を上げる・受験で勝つ。

    興味があるのはこれだけです。

    (こんな偉そうな言い方が出来るのも
     今まで結果を残してくれた生徒のおかげです)


    10/2のラジオの曲は

    perfume で
    「コンピューターシティ」
    「チョコレイトディスコ」
    「シークレットシークレット」 でした。