桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    ブチ切れる
    こんにちは~。

    タイトル通り、今日はひさびさに
    教室の外でキレました(笑)。
    ということで勉強とは関係のない話です。

    仕事開始の2時間程前。

    うちの愛犬、マルコと散歩をしておりました。

    前方数十メートル、車道を挟んで反対側の歩道に
    2頭の犬を散歩させているおじさんが。

    一頭の犬のリード(引き綱)を離しています。
    犬が車道に飛び出したらどうするんでしょう。

    もう一頭の犬が歩道でウンチをしていましたが、
    そのおじさんは持っていたスコップで
    歩道のわきに押しのけているだけ。

    もう飼い主としては滅茶苦茶です。

    「嫌だなあ~」と思っていたら、
    リードを持たれていない方の犬が
    うちのマルコに気づきました。

    車道を渡って、マルコの方に突進してきます。

    明らかに自分より大きい犬の突進におびえるマルコ。

    マルコとその犬の間に入って、
    足で「こっちに来るな」と近づけないようにしてました。

    しつこいのでマルコを抱きかかえ、
    足で軽く蹴り払いもしました。
    もちろんその犬が怪我をする事のない程度に、です。

    その間、自分の犬を制止することもなく
    もう一頭の犬とのんびり歩いて来たおじさんの一言。

    「なにうちの犬を蹴っとるんや」

    ハイ。僕キレました。

    ・犬のリードをちゃんと持て
    ・自分の犬をきちんとと制止しろ
    ・うちのマルコが仮に怪我をしたらどうしてくれる

    ついでですから

    ・犬の糞をきちんと回収しろ

    これら全部をかなりの大声で言いつつ、
    けっこうな罵声をおじさんには浴びせてやりました。

    スゴスゴと退散するおじさんの背中に
    糞をどうするのか、ふざけるなとさらに追討ち(笑)。

    拾うつもりだった、とおじさんは言いますが
    回収の袋も持たない人の言う事など信じられません。

    言うだけのことはボロクソに言ったので
    多少溜飲を下げて歩くことおよそ100メートル。

    騒ぎ、というか僕の大声を聞いていたらしい方に
    「何があったん?」と聞かれました。

    お騒がせしてすみません。

    しかし。

    突進してくる犬から守ってもらえたということで
    うちのマルコは僕の事を尊敬のまなざしで見ていました。

    10分ほど(笑)。
    スポンサーサイト
    チャレンジ!
    こんにちは~。

    大学受験生はもうセンターを終えて
    私立、二次へと受験真っ最中ですが。

    高校生も今週、私立入試。

    まずは通過点として
    がんばってくれればと思います。

    そして公立が本命な訳ですから、
    私立が受かったところでやるべきことは
    何も変わらない筈です。

    2年の最初から来ている生徒。
    3年の最初から来ている生徒。
    3年の夏から…
    3年の12月から…(笑)

    とにかく。

    チャレンジの時の始まりです。

    チャレンジするのは面白い。

    そしてチャレンジは勝ってこそ面白い。
    入試はいいもんです
    こんにちは~。

    昨今、大学入試の改革というのが話題になってます。

    個人的にはあまり賛成できません。

    特に気にいらないのが
    「人物本位」の入試にしよう、というところです。

    面接や論文から受験生の「人物」の
    本質的な能力を総体的に評価していく、

    ということになっているのですが。

    論文に関してはある程度理解できるとしても
    面接で客観的かつ本質的な能力が本当に分かるのでしょうか。

    テストの点数が凄く高くて優秀であっても
    人前で話す事が凄く苦手な受験生が

    面接で失敗して不合格、となれば
    彼の努力や才能、さらには人格までが
    否定されることになってしまいます。


    どうせ社会に出る時には

    容姿、話し方、表情、その他、
    さらには親の職業や家柄(コネ、というやつです)

    さえ評価や採用の基準になったりします。


    「人間」というものを紙の上だけで
    判断することはもともと不可能なはずですが、

    その人物の「能力」や「努力」といったものは
    現状の受験制度でも十分にはかれるはずです。


    「能力」や「努力」の総体としての
    「学力」を点数だけで判断する現在の入試は

    非常に公正なものだと僕は考えます。
    僕はあきらめない男です。
    こんにちは~。

    先日、自習をしている中三生と話をしていました。

    その二人は中三になってすぐの時期に
    別の塾から移ってきた生徒です。


    前の塾では、2年生の段階から
    志望校を一つ下げる様に言われていたそうです。

    あくまで生徒からしか聞いていないので、
    どんな風にどんな状況で言われたかは
    分からない部分もありますが。

    今のその生徒達。
    本来の志望校目指してがんばってます。

    3月10日。
    必ずその子たちが望んでいる場所で
    勝負させてみせます。

    3月18日。
    その子たちからの喜びの報告を
    僕は絶対に受けてみせます。


    一年以上の時間がありながら
    生徒に「あきらめること」を押し付けた
    その塾の先生に対して
    おなじ塾業界の人間として憤りを感じつつ、

    そんな塾には絶対に負けない、負けるはずがない、
    と思ってちょっと燃えてます。

    生徒数では負けてるみたいですが(笑)。

    高校生向け無料体験のお知らせ
    こんにちは~。

    今日は高校生向け無料講習のご案内です。


    新高3生、新高2生を対象にした
    春期講習を無料で受講できます!(テキスト代別途)

    受講期間は2/1~3/10まで

    無料講座は全部で7コース。
    3講座まで無料で受講可能です。

    新学年に向けて一足早いスタートをしてみませんか?


    また新高1生向けの無料講座は3月にご案内します。


    詳しい内容やお問い合わせは

    桜花ゼミ 竹内 076-283-2633 までお気軽にどうぞ!
    第六回総合模試の結果!
    こんにちは~。

    第六回総合模試(1/12)の結果が出てまいりました。

    前回の結果とあわせてごらん下さい。


     模試平均点  桜花ゼミ生平均点  偏差値(概算)

    国語  60.1      71.1         58
    英語  50.8      76.1         61
    数学  46.8      62.0         59
    理科  55.1      73.7         59
    社会  51.6      64.7         58

    合計  264.3     347.8        60


    前回よりちょっと良くなりましたが、
    まあ、ほぼ維持という感じです。

    僕としてはこのグループを何とか
    偏差値63~64くらいにまで上げたいと思っているので
    まだまだ満足できていません。

    あと1か月半、公立入試まで全力!です。

    しかし。

    今年の中三生全体に言える事ですが
    成績の波が荒い(笑)。

    受験にはピークに持っていく予定です。


    また。

    ある生徒が桜花ゼミ11人中9位から2位にまで
    成り上がって(笑)来ました。
    一時期僕に一番叱られていた生徒です。


    他の生徒が「凄いなあ」という目で見ていますが
    そんなヒマがあったら

    負けずに頑張ったり、
    その生徒がどういう勉強をしているのか聞いて
    真似してみたり、

    自分の成績を良くすることに反映させてみて下さい。


    1/22のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    1/22のアバウトスタディでは

    「周りに惑わされるな!」
    という話をしました。

    押し迫った時期になると
    どうしてもいろんなことが気になったりします。

    1.出願倍率

    何倍だろうが、肝心なのは
    自分が「受かるか受からないか」です。

    考えるべきはボーダーラインの上に
    なにがなんでもいくこと、だけです。


    2.周囲の意見

    参考程度にとらえるのは構いません。

    学校の先生が「無理だ」といおうが
    塾の先生が「無謀だ」といおうが

    受験当日までがんばって何とかしてやる!
    くらいの気持ちでのぞめばいいんです。

    3.他人の成績

    同じ高校を受けるAさんの点が自分よりはるかに上だ、と。

    大事なのはあなたの点数が
    その高校に入れる点数であるか否か、であるし

    厳しいと感じるなら勉強するしかないんです。

    他人の成績が上がっても下がっても
    あなたに影響はありません。



    そうです。
    受験生に出来る事といったら
    自分の成績を少しでも伸ばすために
    勉強する事しかないんです。

    がんばってください。
    ニューイヤーコンサート
    こんにちは~。

    先週のラジオ「アバウトスタディ」でも放送しました
    ウィーンフィルのニューイヤーコンサート。

    僕自身は生放送を見るのが今年が2年目でした。

    興味を持ったきっかけは
    某動画サイトで見た、カルロスクライバー指揮の
    ニューイヤーコンサートでした。

    世界で最も取りにくいクラシックコンサートの
    チケットといわれているそうです。

    世界中から申込み殺到する中で抽選に当たるか、
    目ん玉が飛び出るような金額を取扱業者に支払うか、
    しか見る手段はないようです。

    日本でも生放送は1/1の夜七時からやりますし、
    動画サイトで見ることも可能です。

    是非来年のお正月はご家族で
    ヨーロッパの香り漂う雰囲気を堪能してみて下さい。

    1/15のアバウトスタディでお送りしたのは

    2013年 軽騎兵序曲    指揮 フランツ・ウェルザー・メスト
    2007年 ラデツキー行進曲 指揮 ズービン・メータ
    2009年 青く美しきドナウ 指揮 ダニエル・バレンボイム


    今年2014年の指揮者バレンボイムと
    来年2015年の指揮者ズービン・メータ(すでに決まっている!)
    の過去の演奏を一曲ずつ入れてみました。
    1/15のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    1/15のラジオ「アバウトスタディ」では

    質問上手になろう!という話をしました。



    大ざっぱな傾向ですが

    成績上位の生徒ほどよく質問をし、
    下位の生徒ほど質問をしないです。

    さらに言えば、

    よく質問しようとする生徒ほど伸びやすく
    質問しない生徒ほど伸びにくい、と感じます。


    さらにさらに。

    伸びる生徒の質問は具体的です。
    この問題のここが分からない、とか。

    あまり伸びない生徒の質問はいつも抽象的です。
    この問題よく分かりません。以上。


    質問上手は勉強上手。と言えそうです。
    1・2年生もがんばってます
    こんにちは~。

    センター試験の日はいつも雪ですね。

    私立高校の入試もあと少し、です。

    中三生も頑張ってますが、一・二年生も負けてません。

    1月の実力テスト、

    一年生の一人は学年11位で過去最高。

    二年生の一人は学年5位で過去最高。
    もう一人(英語のみ受講)も英語は80点と頑張りました。

    過去最高の成績の2人とも一年生の入塾当初のテストでは
    学年60位台でした。

    生徒はよく頑張ってますし、
    なかなかの結果だと思うんですが。

    なぜ一年生が一人だけで
    二年生が二人だけなんでしょうか(泣)。

    新学年にむけて、生徒大募集中です。
    かなりキツイです
    こんにちは~。

    月曜から歯痛に悩まされています。

    月曜の夜は鎮痛剤を飲んでも
    全く効かず一睡もできず。

    歯医者さんに通ってますが、
    ちょっと時間がかかりそうです。

    なんとか仕事には影響が出ないようにしてますが
    ご飯をおいしく食べられないというのは辛い!

    ちょうど私立の入試まで2週間。

    気を抜けない日々が続きます。

    僕としては私立まで気を抜けない、

    というよりも

    私立が終わる時こそ気が抜けない、です。

    少なくとも中学校の中には
    私立入試が終わった途端、
    緊張が緩んでしまう生徒はいるはずです。

    僕としてはそこでいかに緊張感を持続させるか、
    むしろそこから高めていけるか、

    が最後の追い込みをいいものに出来るか出来ないか
    に関わってくると思ってます。

    お薬飲んでがんばります。
    来年度に向けて
    こんにちは~。

    まずは今年度の受験に全力!
    というのは当然ですが。

    僕も生きていくために来年度の生徒も
    募集しなくてはなりません。

    中三生と
    「君たちがごそっと抜けたら、
     中学生二人だけになるかも…」

    と話していたら、生徒達が爆笑。

    なんて薄情な奴らなんだ…


    でもいろいろ話を聞いてみると

    ・桜花ゼミの存在を知らなかった
    (宇ノ気中からこんなに近いのに…)

    ・今年の「泉丘3人、桜丘6人合格」
     の張り紙を見たけど嘘だと思っていた
    (なんで嘘だと思う?)

    ちょっと参考になりました。

    塾は基本的に口コミで生徒が増えるものと
    思っていたんですが
    (それは間違いないと今でも思います)

    違う手段でも認知度を上げる必要もある、と。

    今年は宣伝活動に今まで以上に
    力を入れてみようと思います。

    そういえば、別の塾から移って来られた
    保護者の方にも

    「桜花ゼミの存在を知らなかった。
     知っていたら、もっと早くから行かせてたのに」

    といわれたこともありました。

    まずは、今来てくれている生徒達、保護者の方々に
    「桜花ゼミは良いよ~!」
    と言ってもらえるような塾でありたいと思います。
    さあ。さあ!
    こんにちは~。

    実は新年早々、風邪をひいておりました。
    年末年始、静岡まで行って風邪をひいてきたでは
    生徒に示しがつきません。

    大切な講習期間ですから、
    とにかく早めのお薬、早めの睡眠で
    無事にお休みすることもなく乗り切りました。

    ということで冬期講習も無事に終わり、
    これから中三生はひたすら入試の過去問に取り組みます。

    私立を3年分くらい。公立を12~3年分くらい。

    とにかく直前までやります。

    生徒にはきついだろうと思いますが、
    5教科を時間をはかってやることに慣れることと
    間違えた問題を徹底して見直すこと。

    この二つをキッチリできれば、
    入試なんて怖くない!

    今年も全員合格、目指します。
    おめでとうございます!
    あけましておめでとうございます!

    僕は年末年始、静岡県に研修?にいってました。

    元日の朝は5時に起床。
    寒さに震えつつ、たき火をしながら
    日の出を待ちました。

    太平洋から登る朝陽。
    朝陽に照らされる富士山。

    今年の受験生も全員合格を目指してがんばるぞ!

    と初日の出を見ながら自分を励まして
    胸の震えが止まりませんでした。(体の震えも)


    ちなみに生徒達へのお土産は
    静岡名物 夜のお菓子 うなぎパイ です。

    なぜ中学生に夜のお菓子(笑)。

    ともあれ、今年もよろしくお願いいたします。