桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    正しく間違える
    こんにちは~。

    中3の数学はもう少しで平方根にいきます。

    で、毎年、ある問題を生徒達に出します。
    答えが分かるとごくシンプルで当たり前な問題
    なのですが。

    1.自力でさらりと解ける
    2.紆余曲折の末、何とか解ける
    3.「正しく」間違えることができる
    4.とんでもない間違いをやらかす

    過去の桜花ゼミの生徒全員が4.に該当します。
    適当かつ間違った計算で無理やり答えを出してしまう、
    という感じですね。

    3.が出来るだけでも数学の力は十分あるといえます。
    1,2なら偏差値70はあるかも。

    「解法」とか「知識」を持ってしまったら
    つまらない問題なんですが、
    そうでない段階で、どこまできちんと考えられるか。

    今までに学んだ計算ルールをどこまで正しく使えるか。

    多分、この1問の為に1時間使います。

    「正しく」間違える大切さを知ってもらうために。
    スポンサーサイト
    富岡製糸場
    こんにちは~。

    中学校の歴史の教科書にも必ず出てくる富岡製糸場、
    世界遺産になりそうですね。

    もしかすると最近のニュースで群馬県にあることを
    初めて知った方も多いかと思います。

    歴史、というのは何処かで起こった出来事の記録ですから
    どこで起きたか、を知る事は大切です。

    問題でも地図を使った問題はよく出ます。

    また、群馬県は今でも絹の生産は日本一ですし、
    当然、絹を生産するための蚕を養殖するための桑畑も
    たくさんあります。

    ここまで理解すると地理にも当然役立ちます。

    ちなみに蚕は1頭、2頭と数えます。これは雑学。


    また、歴史の問題で出来事を時代順に並べる、
    といった問題で
    富岡製糸場と八幡製鉄所、どちらが先か、を
    間違えてしまう生徒もいます。

    それぞれが作られた年代まで暗記している生徒は
    少ないでしょうし、そこまで覚えるのも困難です。

    ですが、

    1.工業が一般的に軽工業から重工業へと発展すること
    2.江戸時代から絹・生糸が日本の主要な産物であること
    3.日清戦争後に八幡製鉄所が作られたこと

    少なくとも 1.を理解しているだけでも
    富岡製糸場の方が先だ、と考える事が出来ます。


    単に知識を持っている、というだけでなく
    自分の持っている知識を活用できること、
    それが学力です。
    男子に厳しく、女子に優しく
    こんにちは~。

    今回のタイトルの様な事を前回の記事の中で書きました。


    そこで突然ですが僕の子供の頃の話。


    ある日、父親に家を追い出されました。

    原因は僕のご飯を食べるペースが遅かったことです(笑)。

    「男たるもの、女(ここでは僕の妹)より
     飯を食うのが遅いとはけしからん!」

    当然、3,4杯おかわりをした時はほめられました。


    また、ある日のこと。

    母親と道を歩いていると、
    前方に小学校低学年くらいの男の子が転んで泣いていました。

    母親はその子に近づくと、手を差し出すでもなく

    「男の子なら自分で立ちなさい」と言って

    その子が立ち上がって初めて、
    「エライ」と頭をなでていました。


    という両親の子供なので、
    僕が男子に厳しいのはしょうがないんです(笑)。

    女子にも厳しい時は厳しいですが(笑)。
    面白いような面白くないような
    こんにちは~。

    前回までお話していた、
    桜花ゼミで中3、中2のトップの生徒。

    それぞれが450点以上で学年2位と8位でした。


    それに関しては素晴らしい。くどいようですが(笑)。

    で、それぞれの生徒に次の中間テスト、
    何点を目標としたいか聞いてみました。

    2人とも450点以上、と答えました。

    なんと面白くない…

    まだ13,4歳くらいの若さで
    目標が現状維持だとしたら夢がなさすぎです。


    現状維持だけが目標なら桜花ゼミに来なくてもいいんじゃない、
    と男子には厳しく、女子には優しめに(笑)話しました。

    ということで次の目標は470点です。がんばって。
    危ないところでした
    こんにちは~。

    ちょっと前にもお話した新年度のテスト、
    中3の結果が出てきました。

    桜花ゼミで中3トップの生徒は学年2位。
    その生徒は5位が最高だったので記録更新です。

    スタートが学年60位台だった事を考えると
    立派な成績かもしれません。

    以前、苦しんで乗り越えて欲しいと書いていたんですが
    あっさりと来てしまいました(笑)。

    それだけにあまりうれしくありません。

    厳しい見方ですが
    まだその生徒が学年トップ3に入ってくるのに
    ふさわしいと僕は感じていないですし、
    もっと伸びていってほしいと思っているからです。

    あと少しケアレスミスを減らせていれば
    学年1位になってしまうところでした。危ない危ない。

    この程度で1位になられて満足されては困るんです。

    ということで。

    学年1位の生徒さん!応援してますから
    うちの生徒を突き放してやってください。

    うちの生徒にとっての高い壁でいてやってください。

    そうでこそ、うちの生徒がもがく価値があるってもんです。
    4/16のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    そろそろ新年度に受けたテストが返ってきます。

    特に新中1、新高1の生徒にとっては
    これから3年間の自分の方向を知る目安になるだけに
    大切なテストです。

    中1にとっては、
    初めて学校の中で自分の順位を知る事になるテストですし

    高1にとっては、
    自分と同じ学校に合格した
    レベルが近い仲間とだけ競い合う初めてのテストです。


    で、大切だ、と言いたいのは今回の結果ではなく

    結果をうけて、どういう目標を立てるか、ということです。

    これは2年生、3年生にとっても同様です。

    仮に100番だとして、それを受け入れる生徒は
    それなりになるでしょうし、
    それを受け入れないで10番以内を目指す!
    と目標を立てる生徒は伸びていくでしょう。

    桜花ゼミの生徒が今年も伸びていくのを
    楽しみにしています。

    苦しんで乗り越えろ
    こんにちは~。

    相変わらず生徒が少ない(笑)桜花ゼミですが
    (笑い事じゃないんですけど…)
    来ている生徒はとても頑張っています。

    中2と中3で塾内トップの生徒。

    現在では学年10位以内にまでなっていますが
    塾に来た当初は学年60位台でした。

    このくらいの成績アップは
    生徒達の努力と桜花ゼミの指導があれば簡単です(笑)。


    問題はここから。

    成績をあげていくには努力は絶対に必要です。

    しかし、学年3位以内を目指したい、となると
    単なる努力、では足りません。

    どうすればもっと良くなれるのか、を
    頭が擦り切れるくらい考えてみて下さい。

    そのためには「自己否定」が必要です。

    今までの自分は頑張ってきた。
    でもそれだけでは何かが足りない。

    自己を否定するのは辛くて大変です。

    現状でも立派な成績です。が僕は生徒には
    際限なく伸びていって欲しいと思ってます。

    応援・後押しはします。
    でも今までの自分を乗り越えるのは自分自身です。

    苦しんで、苦しんで、そして乗り越えてください。
    溺れる前に藁でもつかめ
    こんにちは~。


    今年の高校受験直前、
    凄く気になっていたことが一つありました。

    以前の記事でも書きましたが、
    2月の末頃に塾の団体の様なところが
    「合格塾(だったかな)」という
    まあ、入試直前セミナーの様なものを
    開催していて、
    僕も桜花ゼミの生徒にはいくことをすすめました。

    どこまで役にたつかは全く分からないですが
    (桜花ゼミは関わっていないので)
    ちょっとでも可能性があるなら利用しろ、ということです。

    ですが、一人だけ参加しなかった生徒がいました。

    なぜと聞いてもはっきりとは返事しません。

    僕としてはその時期に出来ることは何でもする
    という貪欲さを期待していたので
    逆にその生徒のことはすごく心配でした。

    ただ、入試直前にその事をクドクドと言って
    よけいな負担を生徒にかけても仕方ないので
    黙っていましたが。

    入試が終わって、その生徒はめでたく合格したところで
    その件について少しお説教をしました。

    すると、その生徒は

    あとになって申し込まなかったことを後悔して
    行った友達にテキストを見せてもらったそうです。

    少しタイミングは遅かったかもしれませんが
    やっぱり出来ることはやらないと、
    生徒が思えたこと自体が良かったことだと思いました。

    入試まであと11か月の中三生たち。

    やらない後悔よりもやった後悔。
    出来ることはどんなことでもやってみて下さい。

    卒業式
    こんにちは~。

    この時期になぜ「卒業式」?

    昨夜、仕事が終わって12時過ぎ。
    テレビをつけてポチポチしていると
    宇ノ気中の卒業式の模様が放送されてました。

    かほくチャンネルすごい。

    桜花ゼミの生徒たちの顔も映ってました。

    僕はというと、
    中高の卒業式は終わったらすぐに帰宅したり
    遊びに行ったり。

    大学の時は学位記をもらいにだけ行って
    卒業式には参加もせず、
    当時の彼女とデートに出掛けました(笑)。

    なのに、翌年はその彼女の卒業式に
    大阪からいってました(笑)。
    単に彼女の袴姿を見たかった、というだけなんですが。


    元気かなあ、彼女…(笑)。
    楽しみました
    こんにちは~。

    本日は中学生の指導がなくて
    小学生の体験授業に来た生徒が一人。

    九九ではなく19×19を出来るようになろう!
    という授業をしたんですが
    生徒の目がキラキラしていて「すげ~」
    という顔になっているのがすごく楽しかったです。

    素直に吸収しよう、という姿勢がある子は
    絶対に伸びます。これからが楽しみです。

    あとはもう少し生徒が集まってくれると
    競争が出来てもっと伸びるのが早くなるんですが。


    そのあとは以前にもチラリと書いた
    高校生向けの現代文でした。

    中学生の場合、どうしても勉強に対する意識づけや
    勉強に取り組む姿勢などに関する話、
    といったことも授業に入って来てしまうんですが

    高校生、しかも上位校の生徒のみ
    (今年は泉丘の生徒だけになってしまいました)
    となるとそんな必要もそれほどなく、
    現代文を伸ばす、の一点に集中できます。

    これから彼らをヒイヒイと悩ませるのが
    楽しみでしかたありません(笑)。

    新年度スタート!
    こんにちは~。

    今日は小中学校の入学式だったようですね。

    散歩の時に、ピカピカの1年生や
    着物姿のお母さん方をたくさん見かけました。

    桜花ゼミでも新年度スタートしました。

    新しい生徒も来てくれましたし、
    これから体験という生徒もいます。

    お問い合わせの電話も何件か頂いてます。

    また1年がんばるぞ!と気合を入れてますが…

    もっと来てくれたらうれしいなあ…ハハハ。
    石川ドッグレスキュー
    こんにちは~。

    塾とは何の関係もない話ですが。

    石川ドッグレスキューさんというのは

    捨てられた犬を保護して新しい飼い主を
    探し、譲渡する、という活動をされている団体です。

    4月20日(日)、
    石川ドッグレスキューさんのバザーが開かれます。

    バザー品を提供されても結構ですし
    バザー品を購入されても結構です。

    売上金は保護した犬たちの食費・医療費に利用されます。
    桜花ゼミの塾長と副塾長も当日は行く予定です。
    皆さんも良かったら是非行ってみて下さい。


    詳しくは桜花ゼミのフェイスブックページ
    (画面右のリンクをクリックでごらんになれます)
    にもシェアを貼ってありますのでご覧ください。
    おすすめテレビ
    こんにちは~。

    普段、テレビを見る話は好きではないのですが。

    これは是非生徒も見たらいいんじゃないか、
    という番組を昨日発見しました。

    NHK総合で金曜夜10時から。
    「総合診療医 ドクターG」

    体調の変調、不調で病院に来た患者の
    症状を特定していこう、という形で進むのですが

    問題を出すのはベテランの医師。

    病名を予測し答えていくのは若い研修医。

    研修医たちが苦戦しつつも
    病気を推定していく過程は非常に理系的ですし、

    ベテラン先生が
    若手がどう間違えるかも見事に予測しつつ、
    いろいろと考えさせながら最終的には
    研修医に正解を出させようとしているところも
    教育、という観点からは非常に興味深い。


    今年高1になる桜花ゼミのOBたちにも
    医療分野に関心を持っている生徒が多いのですが
    是非彼らに見て欲しいと感じました。


    どんな職業であれ、勉強を続けることは大切ですが
    医療に関しては特にそうです。

    いろいろなことを感じさせ、考えさせてくれる
    いい番組だと思います。よかったら是非。
    知恵が足りない
    こんにちは~。

    先日、とある頂き物をしました。

    僕がコーヒー好きということをご存じなのか、
    スタバのコーヒーとマグカップのセットでした。


    カップを取り出してみるとこんな感じ。
    (画像はクリックで拡大できます)
    DSC_0098.jpg

    このコーヒーのように見えるものを
    カップの中に入っている飾り
    と思った僕ははがそうとしましたがはがれません。

    ムキになって爪を立てて必死にはがそうとすること数分。

    はたと気づきました。












    DSC_0099.jpg

    それがカップの「底」だったということに。


    他の生徒に試しに見せると一瞬でひっくり返してます。
    凹みました。

    僕という人間は猿から進化して間もない存在のようです。

    大学生のころ、
    庭師のアルバイトに行った時に、親方さんから

    「早稲田つっても、知識はあっても知恵がねえよな」

    と言われたことを思い出しました。

    塾長の座をマルコに譲ったのは正解、でした。
    高校生現代文スタート!
    こんにちは~。

    今年度からの新しい試み。
    「高校生現代文講座」を来週からスタートします。

    高校生を対象に9か月(4月~12月)で
    現代文の力をガッツリとつけてもらおうと思います。

    学年・学校の進度に関係なくやれるのが
    現代文の良い所です。

    今年度は桜花ゼミのOB、
    またブロードバンド予備校(BBY)受講生のみに
    声掛けをしました。

    結果受講することになったのは3名のみ(笑)。
    3名とも泉丘高校の生徒です。

    今年度、今後の途中参加は受け付け予定ありません。
    来年もやるかも分かりません。
    (来年も募集して3名ならもうしません(笑))


    スタートするにあたって近いうちに
    3人の現在の現代文・国語の成績を公表します。

    これがどうなるか、9カ月後のお楽しみです。

    生徒達には
    「これで現代文の成績下がったら
     ワシの立場ないんやけど…」
    と軽く脅しをかけてます(笑)。

    もちろん、修了後の成績も公表しますよ。
    4/2のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    桜花ゼミでは春期講習が終了しました。
    疲れすぎで体が甘みを欲したのか、いつも行くカフェで
    ケーキを食べてさらにパフェも食べてしまいました。


    久しぶりに「アバウトスタディ」の記事を書きます。

    高校でのスタートダッシュを成功させよう、という話でした。


    上位校に進学するにあたって
    勉強にしっかり取り組むのは当たり前なのですが

    最初のポジションというのはやはり大切です。

    おそらく入学式の翌日くらいにはテストがありますが
    この結果がこれから3年間の基準に
    なってくる可能性は低くありません。

    もちろん明確な目標と戦略によって
    どうとでもなる可能性もあります。

    ちなみに僕も高校入学当時のテストでは
    クラス45人中44番。

    クラスメイトに
    「僕は早稲田を目指してるんだ」
    と言ったら笑われました。

    それでも現役で早稲田に行けたのは
    最初から目標を変えなかったからだと思ってます。
    あとは僕の努力と才能(笑)。

    また、上位校に行く生徒達は
    中学校当時は学年上位にいた生徒ばかりです。

    高校で最下層になる生徒は必ず出てくるわけですが

    その時立ち直れない程のショックを受けるかどうか。
    ショックを受けたとしてそこから盛り返せるか。

    それとも最下層に甘んじてしまうか。

    とにかく出だしが肝心、なのですが
    もっと肝心なのはその次にどうするか、です。

    今年のうちの生徒達には期待してます。