桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    情報化社会ですが
    こんにちは~。

    前々回のブログで、IT企業の株価は異常だ
    という話をしました。

    けっしてIT企業自体がおかしいとかいう意味ではありません。

    たった1タイトルのゲームでそこまで1企業が影響される
    状態が異常ではないか、と言っただけです。


    今やネットがない生活など考えられないですが
    高校生のころはこんな世の中、想像もできませんでした。

    それでも、無知だった僕の蒙を少しだけ啓いてくれたのが

    アルビン・トフラーの「第三の波」でした。

    トフラー氏いわく

    人間が農業で食物を得るようになったのが第一の革命。

    機械でいろいろな産業をおこしたのが第二の革命。

    そして第三の革命として

    情報が世の中で最大の価値を持つようになる時代が
    くるだろう、と。

    高校生のころはなんとなく「なんか、スゲーな」

    程度の気持ちで読んでいましたが、
    そんな時代がやって来ています。

    高校生の頃に受けた感銘のままにそういう方向に
    進んでいれば大金持ちになっていたのですが(笑)

    今になっても

    ネット長者のヒルズ族に対する憧れはあまりなくて、

    職業として一番偉いのはお百姓さんだなあ、と。
    (ホントは職業に貴賤なし、ですが)

    ネットがなくなろうが、塾がなくなろうが
    困る人はいても死ぬ人はいないと思いますが

    世の中からお百姓さんがいなくなれば
    確実に飢餓が訪れます。

    それだけ大切なお仕事なのに、その成果を
    お金に替えるチャンスは年に一回しかありません。
    (お米を収穫して売る、って意味です)

    しかも、収穫直前に台風の直撃でもくらえば
    全てが水の泡、というリスクもあります。

    お百姓さん、お疲れ様です!



    スポンサーサイト
    塾を替えることについて
    こんにちは~。

    ちょっと前にブログで書いていた
    何とかしてやりたいと思っていた生徒、

    結局逃げてしまいました。

    他の塾をやめて桜花ゼミに来た生徒だったんですが。

    これからどうするんでしょうかね。


    塾を替える、というのはよくある事ですが
    (実際桜花ゼミにもそういう生徒はけっこういますが)

    僕は多少の疑問符付きで見ています。

    「〇〇塾で成績上がらんかったし~」

    という生徒に限って

    自分が勉強してないからじゃん!

    ということが結構多いからです。

    (そういう話は他塾から来る生徒に実際に話します)

    で、うちはそういう生徒は
    泣かせてでもやらせるので

    頑張る生徒は上がりますし
    やらない生徒は結局またやめて別の塾に…

    という感じです。

    じゃあ、やらない生徒を放っておく塾は?

    と言いますと

    こういうことをすると成績が上がるよ!という情報や
    勉強する場を提供するのが塾なので

    それをスルーして勉強しないのは生徒の責任であって

    やらない生徒を放置する塾には何の責任もありません。
    (少なくとも僕はそう思います)

    ただ、僕はそういう生徒が

    ・親御さんにお金を使わせてなんとも思っていないのが
     気にいらない

    ・他の生徒にも良くない影響を与えかねない

    ので、そういう生徒を放置することをしません。


    ですが、僕も一経営者ですから、ときどき

    そういう生徒だけを別室に集めて

    ・一切対話なしの講義形式で授業を進める
    ・彼らが勉強をやるかやらないかは一切関与しない

    としてしまえば収入を増やせるなあ、と
    妄想したりもします。


    せっかく塾に通うなら
    真剣に勉強に取り組もう!という気持ちくらいは
    もった方が良いですよ、というお話でした。
    こんにちは~。

    夏期講習、保護者の方との面談も終了しました。

    9月からが受験生にとっては、本番です。
    (受験まで本番だ!正念場だ!と言い続けるのですが)

    さすがにちょっと一息、というところでどうでもいい話を。


    僕が中学生のころはバブル経済まっただ中で
    僕も大人になったら証券会社で働きたいと思っていました。

    結局証券会社には行かず商社に行ったのですが
    今でも株式市場には興味があります。

    で、何だこりゃ、と思ったのがIT関連企業の株価です。


    例えば国内SNS大手のミクシイ。

    SNSとしての人気も下火になり株価も低迷していましたが
    「モンスターストライク」というゲームが大当たりしたとたん
    株価は急上昇。実質10倍になりました。

    例えばガンホー。

    「パズル&ドラゴン」(パズドラ)というゲームが
    大当たりすると株価は急上昇して
    時価総額が任天堂を上回る事に。

    たかが(失礼な言い方ですが)ゲーム一つで
    会社の業績・株価がそこまで一変するなんて
    世の中狂っているんじゃないか、

    と思ったりします。

    全くの余談でした。
    伝えるということ
    こんにちは~。

    明日で夏期講習は終了です。
    すでに保護者の方との面談に入っています。

    9月以降の無料体験、入塾、受け付けてます。
    お早目にどうぞ。

    先日のラジオ、「アバウトスタディ」では
    フランスの教育について話しました。

    お話するためにいろいろ調べたりもするんですが

    フランスの小学校の最重要教育目標、

    「卒業するまでにすべての子供が
     自分が頭で考えていることを
     相手に正確に分かりやすく説明することができる
     基礎的コミュニケーション能力を身につける」

    というのにいたく感じ入りました。

    と言いますのも

    生徒に意見、考え、を求めた時に

    (勉強の「解答」ではなく、「意見、考え」です)

    すぐに「分かりません」
    「・・・」返事がない
    時間がかかって「・・・・分かりません」

    というリアクションが多いと感じているからです。

    特に昨年の3年生に比べると今年の3年生は
    そうだなあ、と感じています。


    「人間は考える葦である」という言葉が正しいならば

    「考え」を持たない人間は人間ではない、ということになります。

    また、自分の「考え」を人に伝えることの出来ない人間は
    人間としてみなされない、ということにもなるでしょう。


    そして一気に卑近な話になりますが
    しっかりした「考え」を持とうとしない生徒は

    ここ1,2年の石川県の公立高校入試で比重が高まった
    「思考力を問う問題」
    には太刀打ちできないだろうと考えてます。

    その辺を何とかこの半年で
    少しでも身に付けさせたいと思ってます。

    出来るかな~(笑)。
    夏期講習後半戦
    こんにちは~。

    さて、夏期講習再開いたしました。

    前回の記事で書いた実力テストの見直し、
    とりあえず生徒全員がやって来た、と言って一安心。

    実際に問題を持って来て質問する生徒も
    約半数ほどいてもう一安心。
    (持ってこない生徒にはちょっと不安)


    前々回に書いた、ちょっと気がかりな生徒はといいますと。

    全部見直して出来た。もう全部出来る自信もある、と。

    ほう。ということで数学の一問をさせてみました。

    残念ながら全く手が動かず何も出来ない状態でした…。


    かなり重症かもしれません。

    キチンと見直しが出来ていないのに
    自信があるフリをしていたのであれば、

    出来ない問題を質問するのは悔しいけれど
    質問してでも出来るようにしたい、という素直さ

    自分が出来ない事をきちんと受け止める、という率直さ

    が欠如していることになりますし、


    本人が真剣に出来た気分になっていたのであれば、

    本質的な学習能力に大きな問題がある、ということになります。


    僕は彼の問題は前者にあるかと思っていたのですが
    もしかすると前者と後者のミックス、という
    かなり大変な状態になっている可能性も出てきました。

    こりゃあ手間がかかるわ、と思っているのですが

    こういう生徒を何とかする、というのもやりがいのある仕事です。


    僕はトコトンやるつもりですが

    生徒が真剣に向き合ってくれるか
    シッポをまいて逃げ出すか

    は生徒の問題であって僕の問題ではないので知りません。

    僕(桜花ゼミ)の財務や
    キャッシュフローの問題にはなるんですが(笑)。
    明日から再開です
    こんにちは~。

    明日から夏期講習後半戦です。

    4日間、ワンコOKのお店にご飯を食べに行き、
    ドッグカフェに入りびたり、
    メロンパンアイスを食べに行き、

    ひたすら塾長の慰労に心を砕きました(笑)。

    これから塾長のシャンプーをする予定です。

    すでに9月以降の準備もだいたいできているのですが
    今のところ気になるのは

    前回の記事にも書いた実力テストの見直し、
    3年生がお盆休みにやったかやっていないか。

    やって来ていて、僕が質問攻めにあうようなら
    今年の3年生のこれからには期待できそうですし

    やっていないなら、
    とても苦労することになるでしょう。彼らが。

    やったこと、やらなかった事の報いは必ず、あります。

    明日、それを聞くのが楽しみであり、かつ恐ろしい(笑)。

    逃げちゃダメ
    こんにちは~。

    明日から夏期講習はお盆休みに入ります。
    全力で仕事を忘れるように努めたいと思ってます(笑)。


    7月下旬に中3は実力テストを受けています。
    とっくに返却はされています。

    どうしても自分で分からない問題を質問してくる
    生徒もいるのですがそうでない生徒もいます。

    で、生徒達に見直しはきちんとしたのか聞いてみました。

    やりました、と言い切った生徒が一人。

    まだやってません、と言った生徒がほとんど。
    (正直、先々が心配です)

    質問してきた生徒はこれから伸びるんじゃないかと
    期待しています。

    そして
    「まだ完璧じゃないです」と言った生徒が一人。

    その生徒にやったかやってないかを聞くと
    「やってないです」と。

    なぜ、やってもいないくせに

    「まだ完璧じゃない」なんて言葉で取り繕う?

    叱り倒しました。

    口先で取り繕う、ごまかす、というのが僕は大嫌いです。

    それは自分の現状、現実から逃げていることだからです。

    この生徒、他の場面でも
    実は分かっていないのに
    「まあだいたい分かります」とよく言います。

    この夏で彼を叩きなおそうと思ってます。

    その厳しさを嫌って、彼が辞めてしまったら
    それはそれで仕方ないと思ってます。

    このまま、自分の生徒が自分自身をごまかし続けて
    最後の最後に受験で泣くはめになる

    というのは僕にとって我慢ならないことです。

    そこで目をつぶって、妥協できれば
    退塾する生徒も減って、もう少し繁盛するんですが(笑)。

    そんなもんはくそくらえ、です。
    安全というもの
    こんにちは~。

    報道でも取り上げられているエボラ出血熱、
    感染の拡大がおさまらないようです。

    イギリスでは感染は確認されていないものの
    感染者が出た場合に備えて
    病院で隔離病室の準備をしている、と報道されていました。

    では日本では?

    そういう報道はまるで聞きません。

    リスクについても同様です。

    感染者の体液に接触すると感染する。
    空気感染はしない。

    とされていますが

    では感染者が自分の目の前でクシャミをしたら?

    という具体的な問題に触れられた報道を見かけません。


    エボラウィルスを取り扱うには

    バイオセフティレベル(BSL)4 と言われる

    細菌・ウィルスを完全に封鎖することが可能な
    最高レベルの実験室が必要となりますが

    なんと日本にはBSL4の施設がありません。

    (実際にはあるのですが近隣住民の反対で
     運用されていません)

    ということは

    仮に日本国内でエボラウィルス感染が疑われる人が
    発見されたとしても

    感染を確認するためには

    血液なり体液なりを採取して、
    海外のレベル4の施設に送って検査してもらうしかない、

    ということになるだろうと思われます。


    備えあれば憂いなし、と言いますが
    備えはあるのでしょうか?

    国民の生命と財産を守る、という
    政治の役割をしっかり果たす時だと思うのですが。



    夏期講習真っ最中です
    こんにちは~。

    タイトル通り夏期講習真っ最中です。

    今日、休憩中に教室の外でタバコを吸っていたところ、
    道の向こうから若い男女が歩いてきました。

    女の子が手に持ったお菓子か何かを
    「アーン」して男の子に食べさせてます。

    「ケッ」と思っていたら
    男子は桜花ゼミの元生徒でした(笑)。

    県立工業の3年で、しっかり就職も決まったとのこと。
    他の生徒の近況も聞かせてもらい、
    楽しいひと時でした。

    けど…けど…

    僕の目の前に彼女連れで現れるのはやめてもらいたい(笑)。
    8/6のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    昨日中2の生徒に聞いたら
    8/6が広島に原爆投下された日、ということを
    知らない生徒がやはり一名いました。

    第二次大戦を実際のものとして知る人は
    当然ながら年々減っていきます。

    お盆あたり、親戚で集まる機会があるかと思います。

    是非、おじいちゃんおばあちゃんに
    いろんな話を聞いてください。


    今の日本でも安全保障に関しては
    尖閣問題、集団的自衛権、改憲、等
    いろいろな問題があります。

    どのような意見を持つかは個人の自由ですが

    意見を全く持たない、というのは愚かしいと考えてます。

    しっかりした意見を持つために
    いろいろなことを知ろうとすることは大切です。


    夏期講習始まりました
    こんにちは~。

    昨日はお祭りやってましたね。

    中3は6時で終わるので
    みんないそいそとお祭りに行ったようです。

    夏の間に一度くらい楽しみはあってもいいでしょう。

    7~10時の中2はお祭り行けなくてちょっと可哀想でした。

    9時過ぎに3分ほど
    花火を見るための休憩時間をあげました(笑)。

    ちなみに高3の生徒も来ていましたが
    1時から8時まで勉強して
    「とっととかえって飯食います」と帰っていきました。

    さすが高3。一番受験生らしい。

    僕?1時から10時まで教室の中です。

    10時からは塾長のお散歩です。
    一日の一番大事な仕事です(笑)。