桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    自分に期待しよう
    こんにちは~。

    桜花ゼミでは英語の授業は英作文をメインにやってます。

    範囲はテキスト4ページ程度から15問。

    テキストのテーマが「進行形」だとしたら

    12,3問は「be動詞 + ~ing」を使うような問題ばかりです。

    キチッとテキストを取り組んで基本例文やその他の文を

    おぼえる練習をしてくれば9割、悪くても8割は取れるような

    問題を作ってるつもり、です。


    英語が苦手なある生徒、最初は5割程度の出来でしたが

    最近は6割ちょっと出来るようになってきてます。

    点数が上がったことは悪くない事ですが、

    僕としては満足できません。

    その生徒に

    「何点目指して練習して来てる?」と聞いたら

    「65点くらいです」と。

    たしかに66,7点は取れています。

    ただ引っかかるのは

    その程度が目標だからその程度の得点で

    収まってしまうんじゃないか、ということです。

    もし、この生徒が

    「絶対80点は取りたい!70点台でもいやだ!」

    と思っていたらおそらく80点くらいにはなるでしょう。


    当然、65点くらいでいいや、というときより

    80点目指す方が勉強は大変になるでしょう。


    自分の現状に対する不満をどれだけ持てるか、が

    将来の自分に対する期待になって行き、

    現在の自分を否定すること、つまり

    現在と違う自分になるための努力につながると思います。


    もっと自分に対して欲を出してほしいですし、

    自分に対してもっと期待をして欲しいとも思います。
    スポンサーサイト
    ぜいたくなカレー
    こんにちは~。

    お休みということで、インドカレーを食べに行きました。

    外食するときの決め手は犬がOKかどうか、です(笑)。

    今日行ったお店はテラス席なら大丈夫、でした。

    たまーにインドカレーを食べに行くんですが、

    その度に思い出すのはインドで食べたカレーです。



    お店、駅の食堂、電車の中、招かれた家、など

    インドのいろんなところでカレーを食べました。

    カレーとそれにまつわる出来事の想い出はいろいろありますが。


    とある小さい町(村と言った方が近いかも)の道端の

    掘っ立て小屋のようなボロボロの食堂。

    一人前のお値段が約100円程度。

    お店の人に誘われて注文すると、

    「1時間くらい後に来てくれ」と。

    なぜ1時間後なのかを尋ねると

    客(僕)が来たからカレーと飯の準備を今から始める、と。

    1時間後にもう一度行くと、僕だけのために準備された

    カレーが出てきました。

    たまにはおすすめの本を
    こんにちは~。

    前々回の記事で
    グローバリゼーションと民族自立について触れました。


    日本で、分離独立運動がおこる可能性があるなら
    第一候補は沖縄だろうと思われます。

    そういう問題にもし興味があれば

    井上ひさし「吉里吉里人」を是非読んでみて下さい。

    新潮文庫で全3巻と結構なボリュームですが
    ユーモアたっぷりで飽きずに読める本です。
    模試のススメ
    こんにちは~。

    先週のラジオでもお話しましたが
    中三生、学校外の模試を是非活用してみて下さい。

    ちなみに先日実施されました石川県総合模試、
    5教科の平均点が233.4点でした。

    学校のテストの平均は250~300程度ですから

    難易度も高く、上位校を狙う生徒にとっても
    中学校に入って以来最低の点数になった、と

    ショックを受けた生徒も結構いるようです。

    ですが、今年度の石川県の公立高校入試の
    平均点が239点だった事を考えると

    泉丘高校を目指す生徒で350点あれば
    けっして悲観することはない内容でした。

    中学校のテストは基本的に
    「生徒がしっかり勉強していれば点が取れる」
    ように作られるテストですから
    平均点はどうしても高めになりますし

    その様にテストを作ることは正しいことです。

    それだけに、学校の外でより入試に近い実践的なテストを
    受けてみることも大切だろうと思います。

    総合模試の他にも大手の塾が開催している
    無料の模試もあります。

    ネットでいろいろ調べれば出てきますから
    是非チャレンジしてみてください。

    桜花ゼミでは、有料ですが
    受験者数が最も多く、合否可能性の判定の信頼度も
    ある程度しっかりしている総合模試を
    生徒にはおススメしています。
    9/10のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    9/10のアバウトスタディでは

    スペイン、特にバスク地方に注目してお話しました。

    バスク地方も独立の機運盛んなところですが。

    9/11にはカタルーニャ地方(バルセロナのある地域)で

    スペインからの独立を求めて
    100万人規模のデモがありました。

    僕の趣味のサッカーでいいますと、

    バスク地方にあるアスレチック・ビルバオというチームは

    メンバーをバスク人、またはバスク人を先祖に持つもの

    に限定していたり

    カタルーニャ地方には カタルーニャ選抜 という

    実質、カタルーニャ地方の代表チームが存在しています。

    そして来週にはスコットランドでイギリスからの独立を問う
    住民投票が行われます。

    イギリスのサッカーに関しては

    イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド
    4つの代表チームがあります。

    ちなみに僕が中学校の時、
    イギリス人 = English  と習いましたが

    大学1年の時の英語の先生がウェールズの人で

    「イギリス人はBritishであってEnglishではない。
     わたしをEnglishと呼んだらぶっ飛ばすからよろしく!」

    と言われたことをとても印象深く覚えています。
    (ウェールズ人はWelshです)

    イングランドが各地域を征服した結果生まれたのが
    大英帝国 = United Kingdom of Great Britain
    略して UK、または GB なので

    他地域の人にとってはアイデンティティに関わることなんでしょう。


    近代国家、というものが生まれて2,3世紀たちますが

    21世紀はもしかすると民族ごとに分裂する時代
    になるのかもしれません。

    もちろん一方でEUが誕生したり
    地域ごとの経済連合が生まれたり
    統合への動きも同じように存在していますが。
    高校生現代文 途中経過
    こんにちは~。

    7月に高校では全国模試(進研模試)があり

    その結果が返ってきてます。

    高校生現代文講座を受けてる生徒達(泉丘3人)
    こんな感じになってます。

    数字は全て泉丘高校内の校内偏差値です。


    Y君(高3)

    2月の模試 国語 45.9 現代文 28.6でした
    今回は   国語61.4  現代文 57.5

    上がりました(笑) というか前が悪すぎました(笑)

    S君(高1)

    4月の入学テストの国語が51.9
    今回は            52.1

    ほぼ横ばいです


    F君(高1)

    4月の入学テストの国語 28.8
    今回は            41.2

    最底辺から抜け出しつつある、といったところ(笑)


    やはり3年生の方が必死なんでしょうか(笑)



    ちなみに二水の生徒もひとり桜花ゼミには来ていて
    その生徒はこの模試で校内偏差値が60でした。

    ですが彼の点数は実は泉丘の平均点とほぼ同じくらいです。


    自分の実力の推移をみるのには校内偏差値を利用し、

    全国偏差値や他校の人の成績などで
    自分の視野を広く持つようにする、

    というのが模試の偏差値の良い利用法だと思います。

    第二回 石川県総合模試 の 結果!
    こんにちは~。

    毎年、模試の結果を公表していくこのシリーズ、
    実は僕が一番楽しんでます。

    毎回のテスト結果へのドキドキワクワク感。

    結果に対するプレッシャー
    (プレッシャーゼロの仕事なんてつまらないですから)

    石川県の他の塾で模試の結果をwebで公表してる所を
    僕は知らないんです。
    (あったらゴメンナサイ。あれば教えてください)

    で、

    「こんな事やるの桜花ゼミだけでしょ?」

    と自己満足に浸りたいんです(笑)

    「たとえ、よろしくない結果でも公表しますよ!」

    と自分の仕事に胸を張っていたいんです。

    たわごとはこれくらいにして、結果発表、いきます!



       模試平均点  桜花ゼミ生平均点  偏差値(概算)

    国語  48.1     53.5        52
    英語  51.6     60.6        54
    数学  36.8     41.8        52
    理科  46.4     56.8        55
    社会  50.9     55.5        52

    合計 233.4    268.3        54


    昨年度の生徒達は偏差値がおよそ60でしたから
    昨年ほどのレベルではありません。
    また、今年はトップの生徒と一番下の生徒で
    偏差値で30も差があります。

    ですが、そんなことはどうでもいい。

    一人一人が自分の目標をしっかり持って伸ばしていく
    ということがとにかく大切です。


    僕としてはこの平均を40点くらい、偏差値で5くらい
    伸ばしていきたいと思ってます。

    塾で生徒の集団を教えていれば
    少なくとも一人や二人、爆発的に伸びる子もいるでしょう。
    その生徒の成績だけ公表すれば
    宣伝としてはわかりやすいかもしれません。

    でも僕にとってそれはあまり魅力的な事ではありません。

    僕が受け持っている生徒全員の結果が
    僕の仕事の結果です。

    そう思って毎回全員の平均を公表してます。

    って前回の記事は一人の生徒を取り上げましたが(笑)


    ちなみに中三生、まだ募集しています。

    毎年、統一テストの結果が出て、
    焦ってやって来る生徒が必ずいるんですが
    もう少し早く来てくれるとありがたいです(笑)







    まだまだ!
    こんにちは~。

    第二回総合模試の結果が返ってきてます。
    集計しだい公表します。

    さて。

    その中三の中でただ一人、中一の初めから
    桜花ゼミに通ってくれている生徒。

    2400名近くが受験した今回の模試で

    かほく市でトップ。全体で18位。

    全教科が百位以内。
    国語はベスト10入り。


    中一の春、桜花ゼミに来た時は
    アルファベットを書けず、
    最初の中間テストが学年60番台。

    さすがに

    「とうとうここまで来たか…」

    と少し感慨にひたってしまいました。


    と同時に

    僕の厳しい指導によく付き合ってくれた…

    とも思います。



    ですが。

    彼はまだ中学校では学年一位になったことがありません。

    そして、まだ志望校に合格したわけでもありません。

    そう、まだ何かを勝ち得たわけではないんです。



    そんな気持ちを込めて、彼に一言言いました。

    「調子にのるなよ」

    「はい!」

    いい返事が返ってきました。