桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    終わったからこそのお話
    こんにちは~。

    今日、東京での大学受験を終えた生徒が
    親御さんと一緒に挨拶に来てくれました。


    本人も
    「自分の力は出せたと思います」
    と言ってくれたので後はいい結果を待つばかりです。


    僕からはあえて、
    もし残念だった場合のことを考えておくように
    という話をしました。


    受験に向かうときは勝つことだけを
    考えて立ち向かう方が良いとは思っています。

    だからこそ、自分に出来るすべてのことをやり終わった時、
    あらゆる結果に対しての心の準備をすることが
    次に向けて動き出すために大事だとも思うのです。

    もちろん、今回の僕の話が杞憂に終わることを
    心から願っています。


    スポンサーサイト
    春期講習受付開始
    こんにちは~。

    来週、3/2の月曜日の新聞(北國、北陸中日)に
    生徒募集のチラシを出します。

    うちは朝日(読売、毎日、日経、産経)だから見れない!とか
    楽しみで月曜まで待てない(笑)!とかおっしゃる方は
    桜花ゼミのフェイスブックページでごらんになれます。
    (是非、いいね!してやってください)

    とはいえ、新年度中三生のお問い合わせや、
    以前講習に参加してくれた中一生が春期講習だけでなく
    通常授業にも参加したい!

    など例年になく早い段階でご連絡をいただいてます。

    これはもしかするとチラシを出した途端、
    連絡殺到なんてことも…

    とらぬ狸の・・・というやつです。

    でもまだ学校の春休み日程をきちんと把握していないので
    講習日程は未定なんですが・・・

    とにかく中学生の春期講習は国英数3教科×10日間
    やることだけは確実です。(理社は宿題を課します)


    皆さんのご参加をお待ちしてますが、それ以上に
    塾選びの選択肢の一つに桜花ゼミを入れていただけたら
    非常にうれしく思います。

    素直に桜花に来てほしいと言えないひねくれものです(笑)。
    いざ
    こんにちは~。

    公立高校の入試もあと2週間を切りました。

    そして、明日からうちの高校生が国公立入試です。

    多分、東京のホテルで眠れない夜を過ごす事でしょう(笑)。

    とりあえず自分の力の8割を出せれば上出来です。

    死ぬほど緊張して(笑)精一杯受験を楽しんでほしいと思います。
    おめでとう第一弾
    こんにちは~。

    まずは生徒一名。
    金沢商業、推薦で合格しました。


    また、冬期講習に参加した生徒が
    石川高専に合格しました、と報告に来てくれました。
    (講習のみ参加なので
     桜花ゼミの合格実績には入れられません)


    来月の公立本番に向けて幸先のいいスタートです。
    嫌われてナンボ
    こんにちは~。

    先日、面白いスポーツ記事を読みました。

    テニスの錦織選手、最近の大活躍の陰に
    コーチがマイケル・チャン氏になったことがあげられます。

    チャン氏によって錦織選手のメンタル面の改善があったのは
    良く言われることですが、

    それ以上に僕が興味を持ったのは

    チャン氏がコーチ就任早々、錦織選手に対して
    「君はきっと僕を嫌いになるだろう」
    と告げたことです。

    チャン氏はメンタル面はもちろんですが
    技術的にも基本的な部分を徹底して練習させたそうです。

    当然、プロにまでなった選手が
    基礎練習を一からやらされるのは面白くないでしょう。

    それを見越したチャン氏の発言だった訳ですが
    基本に対して一切妥協を許さないトレーニングが
    現在の錦織選手の活躍につながっている…。と。


    チャン氏と僕を同列に語るのはおこがましいのですが
    僕もあまり妥協をしないタイプです。

    生徒にとっては嫌な先生でしょうし、
    実際、辞めてしまう生徒も少なくありません。

    が、がんばってついてきた生徒には
    それなり、またはそれ以上の見返りがあるはずです。

    現在の中三生で中一の初めからずっと在籍している
    生徒は一人だけなんですが、
    中一の一学期の中間テストで67位だったその生徒は
    中三になって学年一位をとりました(一回だけですが)

    そして中三生の中で
    僕から一番厳しい声をかけられているのは
    その生徒です(笑)。
    合格塾の感想
    こんにちは~。

    先日金沢で開催されたTHE合格塾というイベント。

    桜花ゼミと主催団体にはまったく関係はないのですが
    生徒には紹介して、ほぼ全員が参加しました。

    で、僕としても聞くべき点があるかと思い
    生徒には簡単に感想をまとめて提出するように頼みました。

    過半数の生徒が書いていたのは
    「全部桜花ゼミで習った事だった」

    だから参加した意味がない、ということではなく
    今まで習ってきたことが
    よその塾の先生方も大事だ!とおっしゃることなんだ。

    と改めて認識してくれればいいと思います。
    (残念ながら参加しなければよかったという生徒もいました)

    生徒達も僕に気を遣って書いていることもあり得るので
    多少割り引いて受け止めた方が良いかとも思いますが。

    予想問題ももらえたそうなので、
    苦手そうなところはしっかりやっておけばいいと思います。


    あと何人かの生徒が
    「雑談的な話が少し多かった」と書いていたので
    せっかくのこういうイベントですから
    そういう話や精神面の話は抜きにして
    より実践的な内容にされてもいいのかな、とは感じました。

    もしかすると参加された塾の先生がここをご覧になることも
    あるやもしれないのでご参考までに。


    僕自身は生徒にすすめて無駄ではなかったと思っていますし
    来年度も生徒にすすめる予定です。
    人を伸ばすために自分を伸ばしたい
    こんにちは~。

    毎年悩みます。

    なぜ伸びない生徒がいるのか、と。

    もちろんあまり頑張っていない生徒であることが
    多いわけですが
    中には頑張ってるのになあ、という生徒もいます。
    (努力が空回りしている生徒です)

    「僕の言う事をきちんとやってくれれば伸びるはずなのに…」
    と思ってしまうこともあります。

    ですが、それは思ってはならないことだとも思っています。

    何故なら、そのセリフは
    「やるべきことをきちんとやれば塾なんかいらない!」と
    生徒に言う学校の先生方と同じセリフだからです。

    生徒のやる気を引き出す事や
    生徒の学習能力の向上、といったことを

    「心」だとか「精神」だとかではなく
    「技術」としてもっと身に付けたい、と思います。

    こういう言い方をすると語弊があるかもしれませんが
    (単にひねくれている、とも言いますが)

    僕は自分の仕事に対して
    心・精神・人柄・人格などといった抽象的な言葉で
    逃げ道を作るのが好きではないのです。

    「桜花ゼミに通ったおかげで成績が上がりました」

    この一言だけのためにがんばります。
    第七回 石川県総合模試 結果!
    こんにちは~。

    第七回石川県総合模試の結果が出ました。

    過去との比較は画面左の「テスト」のカテゴリーで

    ご覧になってください。


    模試平均点  桜花ゼミ生平均点  偏差値(概算)

    国語  59.4     69.4        56
    英語  58.5     71.0        56
    数学  53.1     58.3        52
    理科  54.7     62.8        54
    社会  57.6     59.5        51

    合計  282.9    321.1       54


    まあ、微妙な数字です。
    第二回から見ていくと桜花ゼミの生徒の偏差値は
    ほとんど変わっていない、ということになります。

    僕としては非常に都合のよくない事ですが
    生徒自身がより深刻に受け止めているかのほうが問題です。


    今回は桜花ゼミの2トップと呼ぶべき生徒二人が
    数学でやらかしてしまいました。
    まあ、本番でやらかすよりましです。
    今すぐ修正してほしいと思います。

    また、中には結果を見て「うは―!」と声を出すくらい
    頑張った生徒も数名いました。


    また、桜花ゼミは教科選択制なので
    選択している教科がしっかり上がったにも関わらず
    選択していない教科が下がってトータルで下がった、

    という生徒もいますが
    (塾の平均は選択に関係なく全員の平均です)

    選択していない教科についても
    僕として出来るだけの助言はしています。

    いろいろ思うことはありますがとりあえず今回はここまで!

    世界一服にお金をかける男たち
    こんにちは~。

    以前、このブログでも書いた事がある

    世界一服にお金をかける男たち、
    コンゴのサプールと言われる人々に着目した
    TV番組が今晩10時からあります(某国営放送)。

    「食い倒れ」と同様な言葉で
    「着倒れ」という言葉もあります。
    (俗に大阪の食い倒れ、京都の着倒れと言います)

    ファッションだけでなく生き方もなかなかカッコいい
    サプール達。
    よかったらご覧になってみて下さい。

    僕も原色のロングホース(長い靴下)欲しいです!
    宣伝しなきゃ
    こんにちは~。

    先日、教室にお問い合わせに来られた
    保護者の方がいらっしゃいました。

    お子さんが4月から中学生ということで
    お話に来られたのですが、
    お時間がないというところを引き留めて
    少しお話させてもらいました。

    改めて考えさせられるのは、今回のお母さんが
    「桜花ゼミの存在をつい最近まで知りませんでした」
    とおっしゃったことです。

    以前も他の塾から移ってこられた生徒のお母さんが
    「知ってたらもっと早くに来させてたのに(笑)」
    とおっしゃったことがあります。

    まず生徒との授業に力を入れるのが第一ですが、
    知っていただかない事には来てもらえないですし、
    来ていただかない事には何も始まりません。

    今までのところ、生徒は増えて来てくれているんですが
    今年はそれを加速させていきたいなと思い始めています。


    そう考えるきっかけの一つが今回の出来事でした。

    他にも

    桜花ゼミをそろそろ次の段階へ移行させていきたい とか
    最近欲しいものが沢山あってお金が欲しい とか

    いろいろ理由はあります(笑)。
    レザーマント
    こんにちは~。

    ちょっと前、フェイスブックに最近買った
    レザーマントの画像をアップしました。
    (右のリンクからご覧になれます)

    休みの日にはけっこう着用しております。

    今日はちょっといいベルトを買おうと思い、
    某靴屋さんに行ってコードバン(馬の臀部の皮革)の
    ベルトを購入しました。

    その時もお店の方に
    「そのマント、いい革ですねえ」
    と言われていい気になっておりましたが。


    先日、某ドラッグストアで生徒のお母さんと会いました。
    その時もレザーマントを羽織ってました。
    昨日、当の生徒と話していると、生徒が
    「ウチの母が、先生がおもしろい格好してた、と言ってました」

    それが人の本音、ってやつですね…
    THE・合格塾
    こんにちは~。

    2/15(日)、「THE・合格塾」というイベント?があります。

    学習塾協議会いしかわ さんという
    石川県の学習塾の団体が主催されていて

    各塾の先生方が、それぞれの教科について
    「ここがポイント!」というところを
    教えて下さるそうです。


    桜花ゼミの生徒達には行くようにすすめてます。
    (昨年もすすめました)

    僕が教えきれていなかったこともあるかもしれませんし、
    やるだけのことをやったうえで、
    こういうのに参加すると思わぬご褒美があるかもしれません。
    (ここで出たことが入試で出た!とか)


    ということで興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。
    定員に達し次第締め切りらしいのでお早めに。

    桜花ゼミは主催団体とはご縁がないので
    内容に責任は持てません(笑)

    あと、桜花ゼミにお問い合わせされてもお答えできません(笑)

    私立高校結果
    こんにちは~。

    前回の記事はプンプンしながら書いたので
    キチンと結果を書くのを忘れてました(笑)

    桜花ゼミの生徒、私立全員合格でしたが以下の結果でした。

    星稜     9名  
    金沢     1名
    北陸学院  2名
    遊学館    1名
    金沢東    1名

    受験校がこれだけバラエティに富んだのはひさびさです。

    うち、2名は私立専願ということで
    12名が本命の公立受験に向けてラストスパート!です。


    私立高校合格発表
    こんにちは~。

    昨日、今日と私立高校の合格発表がありました。
    もちろん、僕はドキドキしながら結果報告を待っていました。

    夕方、早くに教室に来た生徒が
    挨拶だけをして教室に入ろうとしたので呼び止めました。

    その後に来た生徒には、様子を見ようと思って
    挨拶だけして黙ってました。

    結果。合否結果を自分から伝えた生徒は中三生の3分の1。
    伝えずに教室に入った生徒が3分の2。

    授業開始前、久々にキレました。


    僕自身が他人に対して義理とか道徳とか
    偉そうに語る資格のある人間とは思っていません。

    腹が立ったから怒鳴っただけ
    と受け止めてもらって結構です。

    でもやっぱり、なんというか、さびしいです。

    結果は全員合格でした。
    2/4のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    2/4のアバウトスタディでは

    私立が終わったら、よけいなことを考えずに
    公立にむけて集中しましょう

    という話をしました。

    毎年話す事ですが、志願倍率を気にしてはいけません。

    実力が足りなかった、実力を出せなかった
    もっと早くから勉強がんばればよかった…
    ということはあっても

    倍率が高くてだめだった…
    という人はいないんです。

    受かるために自分が何をするべきか。
    考えなくても答えは一つです。

    ラジオでは以上の話をしましたが
    集中を切らさない、ということも非常に重要です。

    私立に合格した、ということで気が緩んだり
    私立専願や推薦で早く受験が終わった人たちの
    雰囲気に引きずられたりしてはいけません。

    ここからが最後の勝負。
    ラストスパートと思って気を引き締めなおしてください。


    とここまで書いていた、つい先ほど
    私立専願で合格した生徒がお母さんともども
    報告に来てくれました。 

    おめでとうございます。