桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    5/27のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    5/27のラジオ「アバウトスタディ」では
    新聞を読みましょう!という話をしました。


    ちょっと前に塾で中二の生徒達とEUについて話す事があり
    いろんな国の通貨の話も出たついでに為替の話もしました。

    が、ほとんどの生徒の反応は
    「為替?円安?それ美味しいの?」くらいのものでした。


    為替相場については中三になると公民で習います。

    ですが、こういうことは社会の一般常識であり
    普段から新聞を読んでいることで十分身に付けられることです。

    そうすると、学校で習う知識だけでなく

    なぜ一円円安になるとトヨタは400億円も儲かるのか、とか

    なぜ自国の通貨が強くなる(日本なら円高)と困るのか、とか

    いろんなことを知ったり考えたりする機会を持てますし、
    そのレベルで知識を得た生徒にとっては
    公民で習う為替の話は楽勝!ということになります。

    これは株式会社の仕組みなど様々な経済分野や
    政治分野でも言えることです。

    また、当たり前の話ですが、いずれ社会に出るわけですから
    自分が暮らす日本という社会、地球という社会に
    興味をもたない、というのはあり得ない話だと思います。

    はじめは分からないことだらけかもしれません。
    自分で調べるなり、大人に聞くなりしてみて下さい。
    スポンサーサイト
    キャンプ
    こんにちは~。

    昨日、今日と塾長と一緒にキャンプに行ってきました。

    いつもの白山麓のキャンプ場はいつもの様にガラガラ。
    貸切でした。

    もっとふもとの方のキャンプ場はエラク混んでいましたが。

    塾長は野性を取り戻してテントの中で大暴れ。
    ついでに川に飛び込んで華麗な泳ぎ。

    僕はひさびさに読書を堪能。
    600ページ近い文庫本を一気読みできました。

    普段は2時過ぎに寝る僕が4時半に起床。
    朝は10度以下まで気温も下がって快適でした。

    お昼前に瀬女でソバを食べて帰ってきました。

    塾長と自分のシャンプーを済ませてこれから仕事の準備です。

    いやあ、一日が長い。
    「出来る」ことの効用
    こんにちは~。

    帽子の話を二つ続けてしまいましたし、
    明日はお休みなので一つ勉強に関する話も。

    今日、ある高1の生徒と話をしました。

    中間テストの数学がクラスで一番だったそうです。
    (もしかすると学年で一番かもしれない、と)

    テストの結果の話を彼女から聞いていて

    「一番っていうのはやっぱりいいよね~」と僕が言うと

    「はい!絶対一番になりたいです!」

    そう言った時の彼女の瞳は眩しいくらいにキラキラしてました。


    彼女は中三の時に、頑張っていたのですが
    最終的に第一志望ではなく、公立の第二志望の高校を受けました。

    僕はもともと、ギリギリであっても上の学校を目指した方が良い、
    という考えを持っているのですが
    今日の彼女を見ていて考えさせられました。

    上位の学校の中で下位であっても、そこから頑張ることは
    大切ですし、それが王道だとは今でもそう考えます。

    ですが、中には下位であることで自信を失ったり
    シンドイ思いをすることもあるでしょう。

    そして、一つランクが下の学校に行き、その中で上位になることで
    自信を持ち、さらにやる気を出して伸びていくこともある、
    ということを再認識させられました。


    無理をしてでも上位の学校を目指すか、
    ある程度余裕をもって進むか

    絶対の正解を見つけることはとても難しいことですが

    今日の生徒について言えば、
    彼女が進んだ道は間違っていなかったと
    彼女の表情を見ていて感じました。
    帽子の話の続き
    こんにちは~。

    昨日の帽子屋さんでの話の続きですが。

    その帽子屋さんにはボルサリーノのパナマ帽が
    かなりの数ならんでいました。

    (ボルサリーノ=紳士の帽子の最高峰。値段も最高峰(笑))

    季節柄でしょうが、フェルトの普通の帽子が無かったので
    「(ボルサリーノの)フェルトの帽子もあるのですか?」
    と聞いたところ

    「秋冬になれば出します、8種類くらいは揃えてます。」

    「もし最初のボルサリーノを買われる時は
    是非、スタンダードなモノをおススメします。」

    リボンに柄が入った物を見せて頂き、

    「こういうものは所詮その年その年の流行ですから
    是非ベーシックなものを一つ二つ揃えて長く愛用ください。」


    扱う商品の知識、扱う商品に対するプライド、お客への良心、
    いろいろ兼ね備えた素晴らしい接客だと感じました。


    「仕事頑張って、買いに来ます!」

    いいお店に伺うと勤労意欲がわいてきます(笑)
    勉強しました
    こんにちは~。

    先週、革製のウェスタンハットがほしくて
    金沢の帽子屋さんに行ってきました。

    まあこれなら、というハットを見つけて購入しつつ
    ご店主のお話を伺っていたのですが。


    近年、アメリカでは小麦等穀物の生産が落ちている。

    結果として穀物飼料を主なエサとする牛の生産も落ちている。

    牛の生産が減少したので革の生産も減少した。

    よって革の価格が上昇したため帽子も値上がりしている。


    小中学生が社会で学んでほしいのはこういうことだな
    と実感いたしました。

    短い時間でしたが良いお話を聞かせて頂きました。

    今度はパナマハットを買いに行きたいと思います。
    (塾長にばれないように)
    修学旅行
    こんにちは~。

    かほく市の各中学校は修学旅行ということで
    昨日は中三の授業がお休みでした。
    (週末に振り替えて行います)

    今どきらしく、班ごとの自由行動の際に
    各班がGPS付きの携帯をもって行動するそうです。

    で、先生方は各班がどこにいるのか一目瞭然、と。

    で、生徒にこんな提案をしてみました。

    1.携帯を金沢行のサンダーバードの中に放り込む
    2.携帯を東京行の新幹線の中に放り込む
    3.携帯をその日に帰国する外国人観光客にプレゼントする

    もし、実践した阿呆がいたとしても僕は一切関知しません。
    5/13のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    今日はGWをはさんで3週間ぶりのラジオでした。

    今日お話ししたのは

    「子供が何かをしたいと言った時にどうするのが良いか」でした。

    例として親子ともに釣り未経験の家庭で
    子供が釣りに行きたいと言い出しました。
    どこに何を釣りに行くのがいいでしょう、という
    ネット上にあった親御さんの質問を取り上げました。

    正解が一つとは限りませんが、僕が考えるのは

    どこに、なにを釣りに行くかを子供に考えさせるのが良い、です。

    釣りに関する本、釣具屋さん、ネット、
    釣りの情報を得る場はいくらでもあります。

    子供にそれをさせれば
    自分が行きたい釣りですから、
    一生懸命いろいろ調べるでしょう。

    大切なのは

    自分でいろいろやってみた、ということと
    興味を持ったことを自分で調べる=知識を得る
    という経験をする事だと思います。

    もしかすると釣りの本にハマって
    魚がらみのいろいろな知識を調べまくる様になるかもしれません。
    (僕はそうでした)

    その経験は、また別の何かに興味を持ったときにも
    活かされるでしょうし、
    その子供にとって間違いなくプラスの経験になると思います。

    一方で親御さんが一生懸命調べて上げてしまうと
    子供のいろいろな経験のチャンスを奪ってしまいますし、

    また、いろんな場面で取りあえず親御さんに頼るだけ、
    という受動的というか消極的な子になってしまうかもしれません。


    やはり親というのは木の上に立って見るのが良いようです。
    敷居が高い?低い?
    こんにちは~。

    GW中に小学生4人の体験があり、
    今日も中2の体験、と体験続きで生徒からも

    「また増えたんすか?」と言われました。ありがたいことです。


    桜花ゼミでは入塾テストを行いませんし、
    基本的に「来たい」と言った生徒は受け入れますので

    その点ではわれながら敷居の低い塾だと思っています。

    しかしながら

    ・体験に来てくれた生徒に対して、こちらから連絡はしない
    ・よその塾にも体験に行くことを勧めたりする

    ということで、是が非でもうちに来て下さい!ではありません。

    そういう面では心理的な敷居が高いのかも、と感じます。

    でも、塾に通う以上は勉強をがんばる!
    という決意はもっていただきたいので、
    その際の決定に僕がかかわることはあまりしたくないのです。

    自分で考えて塾に通うことに決めた!というのと
    塾に熱心に誘われたから、というのとでは随分違う気がします。

    ということで、成績を上げたい!勉強をがんばりたい!
    と思ったら是非体験に来てみて下さい。

    その上で来るか来ないかは自分で決めてください。
    ひさびさに塾長登場
    こんにちは!皆さんお久しぶりです!

    桜花ゼミの塾長のマルコです!久しぶりにブログ乗っ取りました!

    ゴールデンウィーク、皆さんは楽しんでますか?

    僕は仕事で大変です。
    副塾長の竹内がすぐに休みたがるんで、
    僕がしっかり見張ってないといけません。

    特に今年度は、今まで以上に生徒が増えて大変です。

    ところで。
    実は2年前の今日、僕は桜花ゼミにやって来ました。

    2年前の4月下旬、僕はまだ生まれて2か月くらいで
    ペットショップにいたんですが、毎日のように僕に会いに来る
    面白い顔をした人間がいたんです。それが副塾長です。

    副塾長は10日ほど毎日僕に会いに来ていましたが、
    5月5日、とうとう僕の魅力に負けて僕と暮らし始めました。

    その後は、このブログを読んでいる方はご存知の通りですが
    去年の3月に僕が桜花ゼミの塾長になり、
    副塾長の上司となって塾を運営しています。

    僕がしっかり副塾長を見張らないとどうなることやら。
    先日も。

    マルコ 「今年度はすごく生徒が増えてるねえ」
    竹内  「はい、順調です」
    マ    「誰のおかげかなあ?」
    竹    「塾長のおかげです!」
    マ    「なのに、最近お金を勝手に使ってない?」
    竹    「いや、そんなことは…」
    マ    「今年に入ってから、スーツ何着買った?」
    竹    「3着ほど…」

    ね。ちょっと油断するとすぐこれです。
    副塾長、今日は犬用のケーキを買ってきていましたが、
    ちょっとやそっとでは僕はだまされません。

    ということで、これからも桜花ゼミをよろしくお願いします!
    僕がいる限りは大丈夫です!
    中三生の体験授業
    こんにちは~。

    先日のブログにも書いた通り中三生の体験がありました。

    最初に面談をしている時は話し方に少し引っかかったのですが
    実は緊張していた、ということが分かって僕も勉強になりました。

    というのも、初対面で言葉遣いのなっていない生徒は
    親御さんの前でも厳しく言う事も有りますし、
    初回の体験中に叱り飛ばして泣かせてしまった事も有ります。

    (だって、初対面の大人に向かって
     「知らん」とか「分からん」なんて話し方はないでしょう)

    ということで、最初は緊張してうまく話せない生徒も
    いるのかもしれない、ということで
    これからは2回目か3回目までは大目に見よう、と思いました。

    その後も直らないならキッチリ叱ることにします(笑)

    で、この生徒は以前通っていた塾を辞めたということで
    なぜ辞めたかというのは僕はとても気になるんですが
    (今までにも書きましたが、塾を頻繁に変えることを
     いいことだとは思いません)

    話を聞いてみて、個人的には非常に気にいりました。

    その生徒いわく、
    以前の塾で先生に対して我慢ならないことがあったので、
    勉強をがんばって、その塾で学年一位になってから辞めた、と。

    単にいやになって辞めた、ではなく
    キチンと勉強で見返した、というところに気骨を感じます。
    もちろん、誰かを見返すためでなく、
    自分の為に頑張る方が良いとは思いますが。

    あと一回体験に来てもらうんですが、
    僕としては是非入塾してもらいたくなりました。

    GW
    こんにちは~。

    今日はゴールデンウィーク中、唯一の僕の休日、ということで
    久しぶりに美容院に行きました。
    (12月以来です、と言われました)

    髪も伸びたことだし、髪がなくなってしまう前に、ということで
    かなり久々にパーマをかけました。

    その後はマルコ塾長と森林公園の山道を散歩。

    からのドッグカフェ。

    帰宅後は塾長のシャンプーをこれも久々にしてあげて
    (当人は全く喜んでいませんが)

    その後は靴磨き。

    充実の休日を過ごせました。(まだ時間は残っていますが)

    今週は中三の体験、小学生4人同時の体験、と
    新しい生徒との出会いが待っています。

    やる気がある生徒だと良いな、という気持ちと
    犬好きな子であって欲しいな、という気持ちが4:6です(笑)