桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    まだ大丈夫…?
    こんにちは~

    桜花ゼミでは中三の生徒には
    「石川県総合模試」を極力受けさせています。

    受験者数、データ、問題の内容等
    現在石川県の高校入試ではもっとも信頼できる模試だと思います。

    ただ、残念ながら1,2年生向けの模試はやっていません。
    (昔やってましたが、なくなりました)

    そんな1,2年生でも受けられる、しかも無料の模試が
    2種類ほどあります。

    で、先日中二の生徒達にそういう模試があるよ、
    受けてみるといいよ、という話をしたのですが

    誰も受けない、とのことでした。

    聞いてみると
    「まだいいかな…って」いう返事。

    まあ、そうですね。まだいいかもしれないですね。
    まだ二年生だし、焦らなくてもいいかもしれません。

    ですが。

    「受けてみよう、今の自分の力を知ってみよう」
    と思って受験してみる生徒達とは
    確実に差がついていくのも確かなことだと思います。

    だからといって、強制的に受けさせることもしませんが。
    スポンサーサイト
    ラグビー日本代表
    こんにちは~。

    ラグビー日本代表、南アに勝ちましたね。
    正直驚きました。

    試合前は50点差くらいはつけられるんじゃないか、
    下手をすると100点取られてしまうんじゃないか、と思ってました。

    ラグビーは南半球のチーム(南ア、オーストラリア、ニュージーランド)が
    圧倒的に強くて、まさか日本が勝つとは夢にも思いませんでした。

    ただ、僕を含め、世界中が驚いたわけですが
    成し遂げた代表メンバーにはそこまでの驚きはないのかな、と。
    (喜びはあるでしょうが)

    とあるインタビューで、ある選手が
    自分たちは世界一キツイ練習をやってきた、と言ってました。

    何を言いたいかといいますと、
    自分の生徒達にも僕をアッと驚かせるような成績を
    とって見せて欲しいな、ということです(笑)

    とにかく。
    ラグビーでここまで感動したのは「スクールウォーズ」以来でした(笑)


    先週、ラジオのアバウトスタディで「また来週」と言いましたが
    明日の生放送はお休みでした。失礼しました。
    シルバーウィーク
    こんにちは~。

    世間ではシルバーウィークですね。
    僕は今日も明日も明後日もお仕事です。

    仕事を選んだのは自分なので文句は一切ありません。

    毎年、もうちょっと生徒が来てくれてもいいんじゃないか、
    と自分勝手なことを思っておりますが(今年も思ってます)が

    今年はいつもと少しだけ様子が違います。

    一つは高校生が増えたこと。

    高校生向けにBBY(ブロードバンド予備校)の講座を提供してます。
    毎年、無料体験の書類だけは渡しますが、勧誘はしてません。

    それでも今年度は高一の生徒だけで5名、受講してます。
    高一の段階から目的をもって勉強するのは大切です。

    もう一つは遠くからの生徒が増えたこと。

    それほどの人数ではないのですが
    津幡町から通う生徒が初めて入塾してきました。

    今までなぜか金沢から通ってくれた生徒はいたのですが
    なぜか津幡はいませんでした。
    そして今年なぜか津幡から生徒が来ました(笑)

    いまだになぜ来てくれたのかよく把握していないのですが(笑)


    とにかく、生徒が増えまして、毎月の帳簿をつけるページが
    足らなくなりました。
    それでもあと20人くらいは生徒が来てもいいかと思います(笑)


    9/16のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    とうとう44歳になりました。といっても何の感慨もないですが。

    9/16のラジオでは受験勉強と授業の両立、について話しました。

    この時期、高校受験に真剣に取り組むようになると
    (実際には中三の1,2割程度しかいないと思いますが)

    どうしてもいわゆる「受験勉強」に偏りがちになるかと思います。
    1~3年生の総復習となる問題集や参考書などですね。

    もちろん、受験勉強に真剣に取り組むこと自体は大いに結構です。

    ただ、2学期の学校の授業というのはとても重要なので
    こちらもけっして疎かにはできません。

    理由は大きく二つです。

    1.2学期の内容が入試に必出であること。
    2.2学期の定期テストの成績は内申書に影響すること。


    ですから毎日の授業の予習復習をしっかりしたうえで
    受験勉強の対策のための時間も確保して行かなくてはなりません。

    真剣に取り組めば、時間が足りるはずもありませんね。

    9/9のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    9/9のラジオでは
    スマホの利用時間とテストの成績の関係について話しました。

    スマホ利用1時間以内のグループが平均点が一番よく、
    あとは利用時間が長くなるのにつれて平均点が下がっていく。

    利用時間が長い程、成績が悪くなるのは想像がつきます。

    ところが、ちょっと意外なのは
    利用時間がゼロ(スマホを所持していない)グループの平均点は
    1~2時間のグループよりも低かった、という点です。

    1時間以内というグループは自制が働いて
    時間を制限できているグループとも考えられますが

    ゼロというグループは単にスマホがない、というだけで
    持ってしまうとどうなるか分からない、といえそうです。

    現実には高校生でスマホを持っていないのは少数派でしょうから
    子供にスマホを与える時のルール設定と
    子供がルールを破った時にどうするか、を
    キチンと決めておくことが大切かと考えます。

    親御さんの立場としてより重要なのは、その決め事
    (成績が下がったら没収、とか制限時間を破ったら使用禁止とか)
    を絶対に実行する、ということです。

    その辺は前回のアバウトスタディの記事にも書きました。
    第二回 石川県総合模試 の 結果!
    こんにちは~。

    第二回石川県総合模試の結果が出ました。

    これを書くようになると、毎年受験シーズン本番!
    という気になってきます。

    ということで、今回の結果は以下の通り。

    模試平均点  桜花ゼミ生平均点  偏差値(概算)

    国語  57.8     67.8        55
    英語  46.9     56.7        54
    数学  50.3     59.1        55
    理科  42.5     59.5        55
    社会  46.4     54.7        53

    合計  250.4    298.0       56


    以前は成績上位者の地域が出ていたのですが
    (総合で〇〇位の子が金沢市、とかかほく市とか)
    今年から個人情報保護の名目で出なくなったのは寂しいことです。

    うちの生徒がかほく市で一位!とか言えなくなりました(笑)

    とにかく、今年も毎回の模試の結果は公表していきます。
    9/2のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    9/2のラジオではマシュマロ実験について話しました。

    内容はリンク先の記事を読んでみて下さい。

    で、結果としてマシュマロを我慢できる子と出来ない子がいる。

    問題は、「じゃあどうすれば子供に忍耐力をつけさせられるか」です。

    もとから忍耐力のある子供とない子供はいるのでしょうが、
    周りの環境によってもそれは変わってくると思います。

    一番重要なのは「親が子どもとの約束を守る」ということかと。

    マシュマロ実験でいえば、15分ガマンしたことで
    もう一個マシュマロをもらえた。

    こういう経験をした子供は
    大人が約束を守る、ということ
    自分も約束を守るといいことがある、ということ
    両方を経験的に学んでいきます。

    ところがマシュマロをもらえなかった子供は
    大人は嘘をつく
    約束を守っても(我慢をしても)いいことなんてない、
    と思うようになっていくでしょう。

    そして、さらに重要だと思われるのは
    ご褒美だけでなく、罰についての約束も守らなくてはならない、
    ということです。


    例えば、宿題をきちんとしなかったらお小遣いはあげません!
    と親が子どもに宣言したとします。

    もし、子供が宿題をしなかった場合

    宣言通りお小遣いを上げなければ、子供は
    うちの親は有言実行だ。親のいうことは聞いた方がいい。
    と思うでしょうし

    子供が泣いたり、ごねたりするのに折れてお小遣いを上げれば
    子供は
    うちの親は、約束を守らなくてもごねれば何とかなる。
    うちの親はチョロイ。
    と思うようになっていくのではないでしょうか。

    つまり、宣言通り罰を与えるべき場面で、罰を与えないというのは

    子供を甘やかしているのと同時に
    子供との約束を親が自ら破っている、ということです。


    ちなみに僕はと言いますと
    マルコ塾長を完全に甘やかしてしまいました…
    親バカ 兼 バカ親ということになっています。