桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    吹っ飛びました
    こんにちは~。

    今年もあとわずか。
    先ほど中一中二の年内最後の講習も終わりました。
    あとは明日、中三の講習をしたら年内は終了です。

    生徒の一人が盲腸で入院したりその他もろもろ
    年内最後までいろいろとドタバタもしました。

    また、教室にあるパソコンの一台をためしに
    ウィンドウズ10にアップデートしてみたところ
    録画ソフトと録画したデータが飛んでしまいました。

    半泣きで復旧してみたら何とかデータも回復しました。

    これで新年のニューイヤーコンサートの録画もOKです。

    年末年始は溜まった洗濯ものを片付け、のんびり風呂に入り
    塾長とちょっとだけお出かけもしたいと思います。
    (講習中は塾長のストレスがかなりたまっているようです)

    年内にはおそらくブログを更新しないかと思います。
    皆さま、良いお年を。
    スポンサーサイト
    冬期講習やってます
    こんにちは~。

    連日昼の1時から夜10時まで冬期講習やっております。

    初日から3日目まで、やけに疲れると思っていましたら
    いつも講習の時に買って飲む栄養ドリンクのことを忘れてました。

    桜花ゼミを始める前、家庭教師をしていた30代半ばくらいのころは
    冬休みになれば、朝の9時半から夜の11時半まで
    ひたすら仕事をしていました。

    当時は仕事が終わると、そのまま徹夜で釣りに行くということも
    よくしていました。

    今、同じペースでやるのはちょっと厳しい気がします。
    それだけ体力が落ちたということでしょう。

    まだ老け込むには早いと思っていますので
    来年は体力をつけることもしていこうかと思います。



    明日から冬期講習です
    こんにちは~。

    明日から冬期講習が始まります。
    もしかすると、年内最後のブログになるやもしれません。

    先日、男子生徒がピスタチオ入りのアイスをおごってくれました。
    (なぜおごってくれたのかは良く分かりません)
    有難く、白目をむきながらいただきました。
    (今年はピスタチオという芸人さんがブレイクしましたね)

    そして、ある生徒のお母さん(高校の同窓生)から
    トクホのお茶をたくさんいただきました。
    これは「体脂肪を減らせ!」という思し召しだと思って
    ガブガブ飲んでおります。

    今日は講習前の休日ということで動物病院にもいき、
    ドッグカフェにも行きました。
    香港出身のEさん(かわいいゴールデンレトリーバーの飼い主)
    に英会話のレッスンを受けました。
    (ただの会話ですが、僕にとってはレッスンです(笑))
    大学で哲学を学んだEさんは今度、西田幾多郎哲学館に行きたい
    ということで年明けにご一緒することになりました。

    ちょうど、来年度の中学一年生からは英語教育の方針が変わり
    より会話に重点を置いた内容になります。

    ということで僕にとっては非常にありがたいご縁が出来ました。

    うちの塾長もEさんのワンコが大好きで
    隙があれば後ろから襲いかかります。
    相手は塾長よりも20キロほど大きいのですが。

    明日からは朝から晩まで奴隷のように働きたいと思います。

    奴隷のように働いた後は王様のように遊びたいのですが
    なかなか思うようにはいきません。
    第五回 石川県総合模試 の結果
    こんにちは~。

    第五回 石川県総合模試の結果が出ました。
    木曜日には返却されていたんですが、
    昨日、土曜日にワンコ関連のクリスマス会がありまして
    うかれたせいですっかり忘れておりました。

    前回までとの比較は、カテゴリーの「テスト」でごらんください。

    模試平均点  桜花ゼミ生平均点  偏差値(概算)

    国語  46.7     56.7        56
    英語  51.9     71.1        59
    数学  54.1     70.6        58
    理科  40.8     59.6        59
    社会  56.2     71.0        57

    合計  249.5    329.2       59


    前回より全体の平均点が8点ほど下がった中で
    桜花ゼミの平均点は2点上がっているので、健闘と言えそうです。

    ゼミ内上位の女子3人が偏差値64~65でいい競争をしていますが
    泉丘を受ける気がある子が誰もいないのが個人的には寂しいです。

    ま、どこを受験するかは本人の問題だとは思いますから
    過度の干渉はしないので仕方ありませんが。

    冬期講習の受け付けは終了しましたが、
    年明け・新年度にむけての生徒は募集しております。

    お気軽にご連絡ください。
    自分次第…ということです
    こんにちは~。

    最近ブログが滞っておりました。

    冬期講習にむけて、なにかと忙しいということもありますが
    もう一つ、最近仕事を心から楽しめていない、というのもあります。

    もちろん、毎日のように自習に来て頑張っている生徒もいますが
    見ていて疑問に思うような生徒もいます。

    純粋に経営という観点だけで考えれば、
    そういう生徒もお客様!と思ってスルーすればいいのでしょうが
    どうもそれが出来ません。

    もちろん、もっと経営がうまくいけばいいとは思います。
    出来れば年収3千万くらいにはなりたいとも思います(笑)

    僕がもっと生徒のやる気を引き出す仕事をすればいいのか、
    とも思いますが、同時に

    親御さんにお金を出してもらって塾に通わせてもらって、
    自分でやる気になれないなんて、阿呆じゃなかろうか
    とも思う訳です。


    何だかグチグチした話になってしまいました。

    「おもしろき ことも無き世を おもしろく…」と詠んだのは
    高杉晋作ですが

    たしかに面白くできるかどうかは自分次第。
    自分が面白い!と思える仕事をやっていこうと思います。

    しかし、高杉先生。
    攘夷を叫んでイギリスの公館を焼き討ち。
    奇兵隊を作って大暴れ。

    やりたい放題やっておいて
    「世の中面白くない」はあんまりかと思います。

    12/2のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    12/2のラジオでは
    時間管理をしっかりしよう、という話をしました。

    生活面でも大事なことですが
    勉強面でも非常に大切なことです。

    まず習慣にして欲しいのは、
    とにかく問題に取り組むときにそのページを〇〇分で解く!
    ときちんと決めることです。

    当然、問題の量と質を見極めなくてはいけませんが
    これに慣れてくると、テストの時にも
    「時間が足りなくて…」ということが減らせると思います。

    テストにおいて時間がきつくなってくる、というのは
    高校に入るとよりはっきりとわかる様になると思います。

    ということで、時間に負けないように
    時間を管理するということと、スピードを上げるということの
    二つを意識してとりくんでみて下さい。

    自分の勉強机に時計がない人は大至急用意しましょう。
    その際、デジタルでなくてアナログ時計にしてください。
    僕は楽しみました
    こんにちは~。

    時間がある時はよく塾長とドッグカフェに行ってます。
    いろんな飼い主さんともお話が出来ますし、勉強にもなります。

    以前からよくお会いするようになっていたある飼い主さん。
    外国の方で、語学の先生もされている方。

    日本語は難しいし(十分お上手です)たまには英語で話したい!
    ということで今日は僕と英語でお話をしました。

    毎日教えていますが、実際の英会話はかなり久しぶりです。

    会社員時代は北米(アメリカ・カナダ)担当だったので
    英語を使うのは業務の一環だったんですが、
    使わない道具は錆びついてしまいます。
    (今日は実感させられました)

    未熟ながらも、いろいろ英語で話すのはやはり楽しかったですし
    僕の英語能力の為にもまた機会があれば
    是非こちらからお願いしたいと思ってます。

    英語全然通じないじゃん!と思われていなければいいのですが(笑)
    儲かりません
    こんにちは~。

    今日、授業中に一人の生徒を教室からたたき出しました。

    するように言っていたことをやっていませんでした。

    また、「今度からちゃんとやります」という言葉を期待したんですが
    それもありませんでした。

    今日の授業後にその生徒はやって来て
    今度からちゃんとやります、と言いに来てくれました。


    これはあくまで僕の姿勢・スタンスにすぎず
    そういう生徒を看過する塾を否定するつもりは毛頭ありません。

    授業は全員に平等に行っているわけですから、
    それを十二分にいかして成績を伸ばす生徒もいれば
    復習も何もせず、全く自分の為にならないという生徒がいても
    本来それは生徒の問題です。

    ただ、僕自身は
    親御さんが働いて得たお金を使って塾に来ている子供たちが
    それに感謝もせず、見合う努力をしようともしないのは
    どうしても許したくないのです。
    (出来る・出来ないはその次の話です)

    ということで、そういう生徒を見るたびに
    そういうことがおこりますし、
    実際に辞めていく生徒も少なくありません。

    先日、その事が少し気になって確認してみると
    入塾した生徒のおよそ三分の一が、そういう事情で辞めている
    (勉強をしていないことを叱られた結果として辞めている)
    ことが分かりました。

    言い換えると、僕がきちんと取り組まない生徒に甘く接していれば
    生徒数は1.5倍、当然売り上げも1.5倍。
    固定経費がありますから収入にすると1.5倍以上。

    ちょっと甘くなろうかと思いました(笑)なれていないですが。

    今回、ありがたかったのはその生徒がしょんぼりと帰宅して
    親御さんに事情を話したところ
    「していなくて叱られるのは当然だろう」
    と子供を叱り飛ばして、教室に来させていただいた事です。

    もうちょっと先になってからで構わないので
    その生徒自身が感謝できるようになればいいと願います。