桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    インテリ
    こんにちは~。

    今日は私立受験です。
    生徒達、今頃闘っているはずです。

    ニュースで石坂浩二氏がとある番組を降板する、と出てました。

    芸能界きっての博識、インテリ、絵を描けば二科展入選、と
    ちょっとしたスーパーマンですが

    僕にとって石坂氏が何より印象的だったのは
    随分昔のテレビ番組で

    オーストラリアの先住民・アボリジニが常食にしているという
    ウィチェッティ・グラブ(蛾の幼虫)を
    全くためらいなく食べて、おいしいと言っていた事です。

    一般よりはるかに高い知識・教養を身に付けながら
    未知のものに対して偏見や先入観を持たずに
    新鮮な気持ちでいられる人なのだなあ、と感心しました。

    逆に言うと、先入観を持たないその姿勢こそが
    積極的に知識を取り入れようとする素地になったのかもしれません。


    僕はといえば、どうしても昆虫は食べられません。
    カエルとかなら全然大丈夫なんですが。

    今年はその殻を打ち破りたいと思います(笑)
    スポンサーサイト
    1/27のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    私立高校入試まであとちょっとです。
    先週の話とあわせてポイントを二つほど。


    プレッシャーは感じて当たり前

    おそらくほとんどの中学生にとって生まれて初めての「受験」です。
    緊張しない方がおかしいくらいです。

    緊張してるなあ、自分。くらいの気持ちでのぞんでください。

    実力を100%出しきれる人はそれ程いません。


    何も変えてはいけません

    ほとんどの中学生にとって私立はすべり止めかと思います。

    すべり止めに合格したくらいでホッとしてどうします?
    そんな事で最後まで必死に頑張るライバルに勝てそうですか?

    私立が終わって、ホッと一息。とか
    この土日だけゆっくりしよう。とか
    そんな事は一切考えない方が宜しいかと。

    むしろこれからが本当のラストスパートだと思って頑張ってください。

    そして、これは生徒本人だけでなく親御さんの問題でもあります。

    子供がすべり止めに取りあえず受かって一安心。
    気持はすごく分かります。

    ですが、そこで安心に浸ってしまった親御さんの雰囲気は
    必ず子供に伝染します。

    「これで心配なく、公立高校に精一杯集中できるね」と
    背中を押してあげてください。

    非常事態
    こんにちは~

    すんごい雪と風ですね。

    今日の昼間、教室の電気をつけようとしたらつきませんでした。

    あれ?停電?アセアセしつつ大家さんに連絡。
    御気の毒な事にお身内に不幸があったとのことで
    こちらで何とかするしかない事に。

    電力会社に電話。
    今日はいつ行けるかはっきりしないとのこと。

    本来、今日は模試の復習会を昼過ぎから行う予定でしたが
    日時変更にしました。

    電力会社の方が調査してくれたところ、
    屋外コンセントが雪のせいで漏電したのが原因らしいのですが
    おそらく電気工事の業者にお願いするしかないだろうとのことで
    電気工事屋さんは日曜でお休み。

    ネットも接続できませんでした…

    とりあえず、一部の電源が使用できないことがハッキリしたので
    先ほどとりあえず教室の電源とネット環境は回復しました。

    やっと夜の授業は行える、とホッとして外を見ると
    何やら板のようなものが落ちています。

    確認したら塾の建物の外壁が剥がれ落ちていました…
    おそらくこの強風のせいかと思うのですが
    前述の理由で今日は大家さんに連絡できません。

    あまりに急に冬らしくなって困り果てた日曜日になってます。
    英語特訓中
    こんにちは~。

    タイトル、生徒のことではなく僕のことです。

    以前にもちらと書きましたが、香港出身のお友達が出来まして
    話す機会が増えました。

    英語はほぼネイティブ、ということ僕の英語はよく訂正されます(笑)

    先日も、今度〇〇に行きましょう、というつもりで

    ”Shall we~?”と話したところ

    今どきShall we なんて表現は使わない、と言われました。

    My name is ~という表現が古すぎて、今では使われないのは
    知っていましたが shall we もそうだとは初めて知りました。

    いい英語の先生を持てて有難いのですが
    なにより楽しいのは相手の考えに対する反対意見を
    遠慮なく言いあえる相手だということです。

    相手の考えの反対意見を言うと
    非常に否定的だととらえられることが多いのですが
    先生いわく、日本人はディベートやディスカッションで
    意見を闘わせる訓練が足りないからそうなるのでは、とのこと。

    全く同意です。

    生徒が意見をガンガン出せるような環境づくりも出来ると良いな
    と思います。




    総合模試
    こんにちは~。

    第六回石川県総合模試の結果が出ました。
    過去のテスト結果はカテゴリー「テスト」からご覧になれます。


    模試平均点  桜花ゼミ生平均点  偏差値(概算)

    国語  56.1     75.1        63
    英語  64.5     79.6        59
    数学  58.8     73.1        59
    理科  48.0     67.7        59
    社会  55.4     69.4        56

    合計  275.9    365.1       60


    やっと…生徒の平均点が偏差値60を超えました。
    4900人の受験者の上位100位以内に二人入りました。
    あくまで平均なので、下位の生徒がもうひと踏ん張りしてくれれば
    さらに上がるはずです。

    見た目の数字にはまずは満足をしています。

    ですが。

    今回、良かったのは特に国語が良かったおかげです。
    そして、国語と数学の二教科は点数が安定しない、
    言い換えると当たり外れの出やすい教科だと僕は考えています。

    だからこそ、今回の結果で大喜びは出来ません。

    これだけ英数国で点が取れる生徒達が社会が低いのはなぜか。

    学習量、僕の教え方、いろいろ改善するべきところもあるはずです。

    厳しいことばかりいうようですが、これからが本当のラストスパート。
    そのいい弾みにはなったテストだとは思います。
    センター試験
    こんにちは~。

    昨日、今日とセンター試験がありましたが、
    例年になく天候には恵まれた気がします。

    僕自身は世代的にはセンター初年度にあたるんですが
    センター試験を受験はしていないので
    毎年、特に実感というのがありません。

    また、今年は桜花ゼミでセンター試験を受ける生徒が
    一人いたのですが、すでに推薦で大学が決まっているので
    特に緊張感もありません(笑)

    来年は5・6人は受験することになりそうなので
    今年よりはドキドキすることになるかと思います。

    ということでいまのところは3月の公立高校入試にむけて
    気分がたかまっているところです。
    役立たず
    こんにちは~。

    うちの生徒の小学生が金大附属中に合格したということで
    先日、生徒のお母さんからコーヒー豆をいただきました。

    全くお役にたっていないのに恐縮でした。

    というのも、その生徒から附属中受験を考えている、
    と聞いた時点で附属受験に良さそうな塾を
    (と言っても、HPなどで分かる範囲ですが)
    二つほどおススメしただけで、
    週一回の授業では他の小学生と全く同じ事しかしていないからです。
    (桜花ゼミでは生徒が5人くらい集まらない限り
     附属中対策をする予定はありません)

    中学校に入ると附属中は教科書も違う、ということで
    その生徒は3月いっぱいまではうちに来てくれて
    春からはもう一つの塾でがんばっていくことになります。

    ついでに、その塾で満足できなかった場合の
    附属中の生徒におすすめの塾も教えておきました。

    ということで、桜花ゼミとあまりかみ合わない場合であっても
    僕が出来る範囲のご相談にはいつでも応対いたしております。

    「とりあえず」というご相談でも結構です。
    いつでもお気軽にご連絡を。
    犬を飼うなら
    こんにちは~。

    先日、ある生徒が言っていました。
    「マルコ(塾長)を見てたら、自分も犬がほしくなりました」

    よく分かります。こんな可愛い犬は他にいませんから。

    もし当ブログをご覧の方で犬がほしいなあ、とお思いの方。

    ペットショップやブリーダーから購入されるのも良いですが
    里親探しで見つけるのもいいかと思います。

    石川県では「石川ドッグレスキュー」さんという団体が
    保健所などから殺処分されそうな犬たちを引き取って
    新しい里親を探す、という活動をされています。

    自分たちが引き取らなければこの子は処分されていたかもしれない
    という思いは犬との結びつきをより強くしてくれるはずです。

    (書いていて、処分、という言葉が悲しくなります)

    ちなみに僕もそれを考えていたのですが
    独身には引き渡し不可、ということで泣く泣くあきらめた結果
    マルコ塾長と出会いました。(一方的に購入したのですが)

    (独身がダメなのは、仮に病気などになった時
     面倒をみれる人がいなくなるからです)

    今の僕は塾長がいない生活を想像さえできません。
    いつかいなくなることを考えるとたまらなく悲しくなります。

    そういうことも犬との生活から学べることかもしれません。

    1/6のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    新年最初のラジオ「アバウトスタディ」僕的にやらかしてみました。

    トークはほとんど無しで、
    ウィーンフィルのニューイヤーコンサートから五曲を紹介。

    「皇帝円舞曲」
    「トリッチトラッチポルカ」
    「観光列車」
    「ラデツキーマーチ」
    「美しき青きドナウ」

    トークをほとんど考えずにすみました(笑)
    来週からは通常運転に戻る予定です。

    今年こそは皆さんからのリクエストやメッセージを
    たくさんいただければ、と願っております。
    おめでとうございます
    こんにちは~。

    あけましておめでとうございます。
    本年も塾長マルコ、竹内、桜花ゼミをよろしくお願いいたします。

    さて、冬期講習もあとわずか。
    フラフラになりながら頑張っております。

    年末年始には3日間お休みをいただきましたが
    その間、外国人のお友達と遊んだりしておりました。

    9時間マンツーマンで英語で話し続けると
    一人に戻っても独り言も英語で出てきたりします。

    その間に三回くらい単語の使い方を直されました(笑)

    だいたい、誰かと9時間も話す事自体久しぶりなんですが
    ここまで価値観を共有できる人と会ったのも久しぶりです。

    ということでなかなかテンション高めの新年を
    送る事が出来ています。

    皆さんにとっても良い一年となりますように。