桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    合宿終了。夏期講習へ
    こんにちは~。

    昨日までの三日間、勉強合宿をしてました。
    朝の8時半から夜10時まで。

    ご飯の時間以外はとにかく勉強、です。

    頑張る生徒達のために、ご飯は結構贅沢してます。
    ある時はスシ。ある時はウナギ。三時のおやつは欠かさず。

    今日、明日は8/1から始まる夏期講習に備えてお休み。

    昼は塾長のマルコとドッグカフェ。その後動物病院に行き、
    日暮れ頃に公園を散歩した後、ワンコOKのカフェで晩御飯。

    講習が始まると、昼から夜まで僕は仕事し通しになるので
    お盆までは塾長は暇を持て余します。
    上司の機嫌を損ねないように、ということで
    塾長と一緒に今日はアチコチ行きました。
    スポンサーサイト
    休日
    こんにちは~。

    一学期の授業をすべて終了して、合宿、夏期講習前に
    年に数回だけの連休ということで二日連続で釣りに行ってきました。

    昨日は千里浜でキス釣りをして撃沈(二匹)。

    今日は羽咋の滝港に行ってサビキ釣り。
    豆アジばかり79匹釣りました。

    ちょっとだけサイズが良かった二匹は塩焼きに。
    残りは南蛮漬け、といきたいところですが
    留守番をしていた塾長のために焼き干しを作ります。

    焼いてカラカラにしてから数日しっかり干せば
    塾長にカルシウムたっぷりのおやつが出来る予定です。
    日程問題
    こんにちは~。

    中学校も高校もスポーツで盛り上がる時期ですね。

    宇ノ気中の野球部は県大優勝したそうで(おめでとう)
    多分全国大会に行くのかな?

    うちの生徒もいるんですが、夏期講習どうなることか。

    高校野球も母校泉丘、強豪の北陸学院にコールド勝ち。

    僕が高3の時も泉丘はたしか準決勝まで勝ち進んで
    試合と補修がかぶっていました。


    当たり前ですが勝ち進むほど夏休みの時間が潰れます。

    学校だろうが塾だろうが、受験に向けて夏が勝負!
    と言っている訳ですから、この日程、もう少し考慮されてもいいかと。

    中には勝ち進んでいなくてもひたすら練習、という
    吹奏楽部のような部活もあったりします。

    なんとなく勉強と部活の両立、というきれいごとの中で
    実際には部活の方が何故か優先されている場面が多い気がします。

    もちろん、せっかく勝った以上、とことんがんばれ!と思いますが
    中には、夏休みは勉強がんばるんで全国大会辞退します、
    なんて子もいていいかと思ったり。
    夏休み直前
    こんにちは~。

    通常、祝日を無視して授業を進めているせいか
    休みの日の感覚があまりありません。

    ということで今週月曜日、ラジオの生放送はお休みなのに
    スタジオまで行ってしまいました。

    その日の夜の授業は多くの生徒が県大会だったということで
    お休み多数。

    火曜日にまとめてフォローしました。

    今週、久しぶりに美容院に行ったら1年ぶりと言われました。
    5ミリほど切ってもらいました。やっぱり誰も気づきません。

    明日は塾長もトリミングです。

    夏休みへの準備はほぼ整いました。
    あともう少し生徒がいればいうことありません。


    数年ぶりに水槽を立ち上げてエビを飼っているのですが
    数日前に孵化した稚エビを発見しました。
    エビは水温が30℃を超えると死んでしまうので
    この夏は教室の温度管理もしっかりやりたいと思います。
    涙はチャンス
    こんにちは~。

    今日は少しだけ過ごしやすい日でした。
    久々にスーツに袖を通しました。
    会社員のころは8月でも当たり前にスーツだったんですが
    今は自分で好きなように、ということで好きなようにしてます。

    ちなみにクールビズと言って、ただのノータイというのは
    あまりしたくありません。(別に人がノータイなのは構いません)
    スーツの時はネクタイを締めた方が良いに決まってます。

    さて。


    桜花ゼミでは毎回、僕が作った英語のプリントをやります。
    週に二回同じプリントをやって定着をはかります。
    当然、二回目は満点を目指してほしい。

    そんなプリント、なかなか9割にもいかない生徒がいまして。
    その生徒が今日、答え合わせの最中に泣きだしました。

    聞いてみると。
    今日は150点満点の140点は絶対取ろう、と思っていたのに
    もういくつかミスをしたので…

    結果は136点でした(一応9割には到達)

    今日の涙を無駄にしてほしくないな、と思います。


    悔しさで泣く生徒は時々見るのですが、
    その悔しさをその場限りのものにしてしまう残念な生徒は
    少なくありません。

    ですから、そういう生徒をみると
    ここからがこの生徒にとっての正念場なんだ、
    とこちらも一層気合が入ってきます。

    そこで本当に変わっていけるかどうかは
    あくまで生徒次第ではありますが。
    そろそろ夏期講習の季節です
    こんにちは~。

    いやあ、暑い。
    普段はコーヒー屋さんでエスプレッソを頼むのですが
    これだけ暑いとフラペチーノがおいしくなります。

    先日もいい歳こいてチューチューとストローをくわえていたら
    元生徒とおかあさんにバッタリお会いしました。こっ恥ずかしい。

    そんなこんなしている間にも、夏休みがやって来ます。

    ということで夏期講習。
    一応、あと一週間くらいで締め切ろうかと思ってます。

    実際には毎年、講習のホントに直前、とか講習中(!)にも
    お申込みはあります。

    空きがある限り受け入れるのですが、テキストの発注が終わった
    あとですと、すぐにテキストを渡せないこともあります。

    ちなみに、部活その他の都合でフル参加が難しそうな場合でも
    ご相談いただければ、できるかぎりのことはします。

    076-283-2633 までお気軽にお電話を。

    やっとサッカーネタから離れられました(笑)
    やるなら出来るまで
    こんにちは~。

    各中学校、期末テストが返ってきています。

    一年生、ガタンと点数が下がった子がいました。

    「勉強はしたのかい」と聞くと、「やりました」と。

    ただし。
    この生徒、英語のプリント、問題と答えあわせをしたうえで
    もう一回チャレンジして80点くらいです。

    そして、英語プリントも「やって来た」と言います。

    ノートを確認すると、確かに各問題3~4回ずつ、英文を書いて
    練習はしてあります。

    ただし間違いを直さないまま。

    「やる」というのは「出来ない事をできるようにする」
    でなくては意味があまりありません。

    本人も満足できない結果だったはずなのですが
    それでも「やった」と言い続けるなら
    別に70点、80点程度でもほめてあげても構いません。

    当然本人は嫌でしょうが。

    そう。その程度の点数で褒められたらプライドが傷つくはずです。

    ならば、結果が出なかったのにやったと言い張るのも
    実は自分の自尊心を傷つける行為でしかありません。

    やれていなかったし、もっと出来るはず。
    そう考えて次への改善点を見出してほしいと思います。


    百害あって一利あり
    こんにちは~。

    生徒の一人がマイコプラズマ肺炎になりました。

    お大事に…というしかありません。

    時々聞くマイコプラズマ肺炎。

    せっかくなのでちょっと調べてみました。

    以前は夏季オリンピックの年に流行するということで
    「オリンピック熱」とも言われていたそうですが
    ここ10年ほどはそういう傾向が崩れているようです。

    そして不思議な事に喫煙者は感染しにくいことが報告されています。

    普段無視をしてるんですが、タバコのパッケージには
    「心筋梗塞の危険があるよ」とか
    「脳梗塞になりやすいよ」とかいろいろメッセージが書かれてます。

    ぜひ、
    「喫煙によってマイコプラズマ肺炎のリスクは低下します」
    とも記載して頂きたい(笑)

    生徒からは
    「とっととタバコやめろ、バーカ」と言われそうですが。
    好奇心
    こんにちは~。

    桜花ゼミの中一生、成績もそこそこ優秀ですが
    好奇心も旺盛で喜ばしいことです。

    ある日の生徒達との雑談。

    生「犬飼うと婚期が遅れるってほんとですか?」

    僕「僕の場合はもともと遅れてるからねえ」

    生「こないだ別れた彼女とは何語で話してたんですか?」

    僕「英語と日本語、半々かな…」

    生「何国人でしたっけ」

    僕「〇〇人…」

    生「どこで出会ったんですか?」

    僕「もう勘弁して…」


    その遠慮のない好奇心を勉強にもっと向けると素晴らしい(笑)

    ドイツ対イタリア
    こんにちは~。

    先日、新聞にチラシを入れてからお問い合わせをもらったり
    実際に体験に来て入塾してくれたり、ありがたいことです。

    チラシなどをご覧になって興味をもたれて
    初めてブログをご覧になる方も結構いるのではと思うのですが
    サッカーのことばかり書いています(笑)

    夏期講習はもちろん募集しています。

    さて。

    土曜の深夜3:45からドイツ対イタリア、観ました。

    やはり高いレベルで拮抗した試合は面白いです。

    しっかりボールキープして攻めるドイツ。
    とにかく守りは固めつつ、カウンターを繰り出すイタリア。

    ドイツが先制した時点でほぼ試合は決まったかと思いましたが
    イタリアが執念でPKを獲得して同点。

    イタリアがすごいのは勝つ可能性が低くても
    (相手の力が上であっても)
    相手に得点を与えず、守り切って
    PK戦まで持ち込んでやろう、という戦い方に徹しきれるところです。

    それは94年ワールドカップの決勝、ブラジル戦でもそうでした。

    イタリアとしてはおそらく狙い通りにPK戦に持ち込んだと思います。
    普段PK戦に滅法強いはずのドイツも外しまくりました。
    それでも残念ながらイタリア敗退。

    ドイツとしては主要大会(欧州選手権、ワールドカップ)で
    初めてイタリアに勝利しました。

    イタリアびいきでいえば90分の戦いではまだ負けていません。

    イタリアが負けて悔しがっていると
    塾長が「もうちょっとドイツも応援してあげてよ」と言っていました。

    そういえば塾長のマルコはダックスフント。原産国はドイツでした。
    ダッカ
    こんにちは~。

    バングラデシュの首都ダッカでテロ事件があり
    日本人も7名犠牲者が出ました。

    ダッカにはインドへの飛行機の乗り継ぎで
    数回、寄り道したことがあります。

    市街を流れる川沿いには洪水に備えて
    竹で高さ5~6メートルはありそうな櫓が組まれていて
    その上に家があり、それが見渡す限り続いていました。
    (当然、貧しい人達の地域)

    おそらく外国人が珍しかったのか100人は軽く超える子供に
    囲まれて握手を求められました。

    また、声をかけて来た気の良さそうなお兄さんについていって
    彼の家でおやつとお茶をご馳走になったこともありました。
    (ホントは知らない人についていったらダメですよ)

    インドに比べるとずっと貧しいというのは街を見ていても
    よく分かりました。
    とにかく、「お店」というものをほとんど見かけない。

    そんなバングラデシュの発展のために働かれていた方が
    このような事件で亡くなられたということでとても残念です。

    この事でバングラデシュと日本の絆が弱まることがなければ
    いいな、と願います。

    マラドーナとメッシ
    こんにちは~。

    最近、サッカーブログの様相を呈してきました(笑)

    先日、アルゼンチンのメッシ選手が代表引退を宣言しました。

    間違いなくチームのエースであるからこそ、
    勝てなければ批判を一身に浴びることも多く、
    今回の代表引退発言になったのかと思いますが。

    メッシと言えば、同国のレジェンド、マラドーナを超えているのか
    どうかが常に話題となります。

    得点記録を見るかぎりメッシが越えているとはいえるのですが。

    メッシはまだワールドカップを勝ち取っていません。

    たいしてマラドーナは86年メキシコ大会で優勝。

    しかも、チーム的には戦力不足と言われた中で優勝し
    「マラドーナによるマラドーナの為の大会」
    とまで言われました。

    大会中のイングランド戦においては
    マラドーナは二つの伝説的ゴール
    「神の手ゴール」と「5人抜き」を決めたことによって
    戦争の敗戦国が戦勝国にサッカーでリベンジを果たします。
    アルゼンチンにとってはまさに英雄になったわけです。

    (4年前の82年、アルゼンチンはフォークランド紛争において
    イギリスに敗戦していました)

    これはあくまで時代の環境が生み出した要因ではあるのですが
    この点においてはメッシがマラドーナを超えるのは難しそうです。

    一応、現代史を含めた話にしてみました(笑)