桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    どうなんだ
    こんにちは~。

    ニュースはほとんどネットで確認しています。
    しかし、毎日のようによく見るのが
    教師が買春したとか、盗撮したとか、ストーカー行為したとか…

    まあ、これだけ毎日見ていると驚かなくなりました。

    個人的に最悪と感じるのは、生徒に対するセクハラ・わいせつです。

    せめて自分の職業を考えた時に
    生徒に手を出さない、という最低限の倫理くらいは守れよ、と。

    当人が変態であろうが、ロリコンであろうが僕は構いませんが
    生徒にそれをぶつけるな、と。

    僕も、
    どこぞの先生が、生徒を指導室か何かに呼んで、
    自分の膝の上に座らせて・・・
    というような話を聞いた事があります。

    教師と生徒、という絶対に有利な立場を利用したり
    保護者の信頼を裏切ったり
    まあ、ろくなものじゃありません。

    ついでに言うと
    こういう輩が先生づらをして、偉そうな言葉を吐くのも
    うんざりです。


    と思っていたら、桜花ゼミでも以前こんなことがありました。

    教室から自習中の女子生徒が「先生~!」と呼ぶ声がするので
    行ってみると
    女子生徒のスカートの中に入り込んではしゃぐ塾長の姿が。

    犬という立場を悪用してセクハラ行為をはたらくのはやめましょう(笑)
    スポンサーサイト
    長距離歩行のアドバイス
    こんにちは~。

    今回は勉強と関係ない話です。
    (だいたいいつも関係ない話だろ、と言われそうですが)

    テレビで七尾から小松まで100キロ歩く大会をやる
    って放送されてました。

    僕は参加したいと思いましたが、塾長は嫌だと言いました(笑)


    母校の早稲田大学では毎年100キロハイクがおこなわれていて、
    サークル主催ですが公式行事扱いになっていました。
    一度だけ参加しましたが、なかなかのキツさです。

    100キロ経験者としていいますと、
    長い距離を歩き続けると、かかとをはじめ、脚・足の骨に
    ひびいてくるような痛みが出てきます。

    防ぐためにはテーピング用のアンダーラップ(スポンジみたいなもの)
    をかかとに何重にも巻いておくといいかと思います。

    僕は普通に歩くのに適した格好をしていましたが

    地下足袋で歩いていた先輩は疲労捻挫になりました。
    下駄で完歩した人はゴール後に号泣していました。
    股ずれをおこして一歩ごとにヒイヒイ言う人もいました。
    着ぐるみを着てふらふらになっている人もいました。

    ネタのために変なことをしようという人はそれなりの覚悟で(笑)

    昨日の続き
    こんにちは~。

    先日、うちの生徒が模試で一位になった、と書きましたが
    うかれてその成績表をフェイスブックにアップしたら
    過去最高のアクセスでした。

    調子にのってその二日後に
    新聞にいれるチラシの画像もアップしたら
    全然アクセスがありませんでした(笑)

    さて。

    昨日の続きですが、大学入試は年々難しくなっていると思います。

    まずは昔の方がきつかった、という話から。

    僕が1990年に大学に入ったので当時と比較してみると

    1971年生まれの子供はおよそ200万人
    2000年生まれの子供はおよそ120万人

    200万人と上位1万人、と120万人の上位1万人、では
    明らかに200万人で上位に入るのが難しい。

    更に浪人も沢山いるのが当時、という感じでしょうか。

    1990年に早稲田に入った時で
    現役と浪人の比率は 3:7 位でしょうか。
    語学のクラス40人で現役は10人いませんでした。

    最近は 8:2 で現役が多いそうです。

    だいたい、このあたりが昔の方がキツイ!という根拠でしょうか。
    ここまでは数字に基づく話なので確かではあります。

    それに対して、今の方が難しいというのは
    僕の感覚的なものなので上手く説明できないかもしれませんが。

    都会と地方との格差、というのが確実に縮まっているのでは
    と感じるわけです。

    僕が中学生のころ、かほく市地域に塾なんぞはありませんでしたし
    (金沢市内の子は中学生の時は塾に通っていたようですが)
    高校でも塾に通っている同級生などおそらくいませんでした。

    学校も授業以外に特に何かがあるわけでもありませんでした。

    ですが、現在は
    かほく市にも塾がいくらでもありますし(減って欲しい(笑))
    石川県でも進学校であれば、英単語の小テストやらなにやら
    とにかくいろんな課題が目白押しです。
    高校自体が予備校化していると感じます。

    その分、自分で自分のやりたい勉強を思う存分する、
    というのは困難かもしれません。
    僕なんかセンター試験も受けませんでしたが。
    (今は必ず受けさせられるそうです)

    また、大学受験のための予備校・塾も溢れるほどあります。
    桜花ゼミでも導入していますが
    ネットで有名予備校の先生の講義を受けられるので
    基本的には都会の生徒と、情報の差は少なくなっています。

    また、大学入試そのものも
    センター利用、AO入試、自己推薦などいろんな方式が増えて
    制度がかなり複雑になっています。


    より情報が得られる時代にはなりましたが、
    それは誰もが情報をえられるということですから、
    より気をつけて多すぎる情報を取捨選択する必要があります。

    環境が整った分、それに流されれば何とかなりそうだ、という
    勘違いが生まれる危険もありそうです。

    ということで
    生徒が自主性を十分に持って、自分のやりたい勉強をして、
    自分の行きたい大学を目指す、というのは
    なかなか大変な時代なのではないかと思います。

    また、当時は上位の大学には都会の有名高校出身者に
    地方の生徒が食い込む、という感じでしたが

    都会と地方の差が縮まった分、
    全国の高校生が皆ライバルということもでき、
    競争は厳しくなっているとも考えられるかと思います。

    やっぱりうまく説明できていません(笑)が

    流されるな。自分を持て。とは言っておきたいと思います。




    もうすぐ入試ですが
    こんにちは~。

    高校入試まであと2週間をきりましたが。

    その後のビジョンはあるでしょうか。

    なんとなく勉強が人よりは出来て
    なんとなく進学校に入った人、には
    受験後の方が大切になるかと思います。

    高校入試、人によっては中三の夏から頑張った、とか
    統一テストくらいから真剣にやった、とかで
    上手いこといってしまう人もいるかと思います。

    同じ事が大学入試ではまるで通用しないだろうと思います。

    そのままだと、高校に入って初めて
    「落ちこぼれる」とか「授業についていけない」という経験をして
    そのまま三年間過ごすハメになるかもしれません。

    もし仮に、高校入試で残念な結果が出た場合。

    「その悔しさを糧に高校三年間頑張りました。」となれば
    立派だとは思いますが、そんなの当たり前です。

    高校入試で志望校に合格した時に
    「大学受験はこんなに甘くないんだ。もっと厳しいんだ」
    と思えるかどうか。
    そうなれないのであれば、その生徒のためには
    早い時期に失敗を経験した方が良いのでは、と時々思います。
    無料の塾かあ…
    こんにちは~。

    先日、ニュースでボランティアの講師だけで教える塾
    というのが取り上げられていました。

    僕にはできない事です。

    僕は自分の生活、要はお金のためにやっていますから(笑)
    どうやって経営が成り立つのかちょっと知りたいところです。

    先日、石川県の入試の過去問をやっていて
    国語で面白い文章があったのですが、
    それによると働く事にも2種類あって

    自分の人格も含めて評価される「仕事」と
    単なる金銭的な目的にすぎない「稼ぎ」とに
    分けられる、とありました。

    本来、仕事というのは
    自己実現を達成する事と自分の経済を成り立たせることとを
    両立させるべきで、
    キッチリ分けて考える事は出来ないものだと思います。

    ただ、昔は他人がその人の働きぶりを見て
    そういう判断や評価をしていたのだろうと思うのですが
    (あの人の仕事はいい仕事だ、とか
     あいつの仕事はいい加減だ、とか)

    最近はネット社会になってきて
    自分で発信することが可能になってきています。

    で、自分がいかに高い理想をもっているか、
    もしくは自分の仕事がいかに素晴らしいのか、
    自分の能力がいかに高いか、を
    懸命に発信する人が多い時代になっているように感じます。

    セルフプロデュースがうまい人が成功する時代なのでしょうが
    その結果として
    実際の自分よりも、かなり自分を大きく、よく見せたい人が
    増えているのだろうと感じます。

    つまり
    「稼ぎ」が目的であることを隠すために
    いい部分だけを出来るだけ大きく見せかけたい人が
    多くなっている時代なのではないかと思うわけです。

    僕はそういう情報というのをかなり懐疑的に見るタイプですし
    自分の中にもある、自分という人間をより良く見せたい願望を
    コントロールしていきたいとも考えているので

    あえて「お金のためにやっている」と申し上げておきます。

    その割には宿題もやらないような生徒は
    バンバン辞めさせますが(笑)





    失敗ではなく成功から学びたい
    こんにちは~。

    昨日ブログに書いた通り、
    初めて桜花ゼミの生徒が石川県総合模試の1位になりました。

    ちょっと浮かれているように見えるかもしれませんが
    そうでもありません。(多少は浮かれてます(笑))

    もっと早い時期に一番になれたはずではないか。
    ほぼ同レベルの成績の生徒もいるんですが
    どうしてその生徒も一番にすることができなかったのか。

    もしかすると彼らが他の塾に行っていれば
    もっと簡単にそれを達成することができていた、
    ということもあるのではないか。

    という己に対する疑いで頭の中がいっぱいです。

    僕は未熟であるはずですし、もっと良くできることがあるはずです。


    ちなみに一位をとった生徒にテストを返却した後の会話。


    「一位になってよかったね~ヨチヨチってほめられるコースと
    こんなしょうもないところでミスを!ってののしられるコースと
    二つのコースがあるけどどちらがいい?」

    生徒
    「ののしられるコースでお願いします」

    分かってるなあ(笑)さすがです。
    第七回 石川県総合模試 の結果
    こんにちは~。

    第七回石川県総合模試の結果が返ってきました。
    左下のカテゴリー「テスト」をクリックして頂くと
    過去の結果も出てくるので比較してご覧いただけるかと思います。

    模試平均点  桜花ゼミ生平均点  偏差値(概算)

    国語  62.8     78.8        61
    英語  58.5     78.8        61
    数学  58.0     81.0        61
    理科  58.4     76.0        60
    社会  56.2     76.4        60

    合計  293.8    391.1       62


    比較的やさしめのテストだったせいか
    偏差値はそれ程伸びませんでした。

    ただ、生徒達は各々が目指す高校を受験するのに
    自信をつけていいだけの成績はとってくれたと思います。

    あと3週間をきりました。
    出来るだけのことをして後悔のないように臨みたいと思います。

    今回、やっと、とうとう、桜花ゼミの生徒が
    総合模試の1位になりました。

    もともと出来る生徒だったので僕が胸を張ることは出来ませんが
    一度は1位にならせたいと思っていたので
    ちょっぴりうれしいです。

    惜しくも1位になれなかった生徒は入試でリベンジを目指しています。
    甘いもの好き
    こんにちは~。

    本日は桜花ゼミはお休み。
    でしたが、教材の展示会があるということで
    そちらにはお邪魔してきました。

    で、その後一度食べてみたかった
    武蔵が辻近くの某フルーツパーラーへ。

    男一人の客なんていませんよ。女性同士かカップルばっかり。

    そんな事はあまり気にせず、お目当てのイチゴパフェを。

    900円とちょっといいお値段ですが、
    あれだけたくさんイチゴが乗っかっていれば納得のお値段。

    期間限定のあまおうパフェにも惹かれました。


    そういえば、先日献血に行った時の結果が送られてきて、
    検査数値はすべて基準値の範囲内。

    ただし、グリコアルブミン(基準値は16.5%以内、
    基準値オーバーすると糖尿病の疑いが)
    の数値は15.1%と基準値の上限まであと1.4%。

    自分の数値がもとからこれくらいなのか上昇中なのかは
    分からないのですが、また献血に行く動機ができました(笑)
    ヴァレンタイン
    こんにちは~。

    生徒、または生徒のお母さん方からチョコレートいただきました。
    ありがとうございます。

    昨日もある女子が持って来てくれたのですが、
    僕にだけでなく、同じクラスの塾生全員分のチョコを
    持って来てくれました。

    そのチョコを僕に預けられそうになったのですが、
    それを僕が各生徒に配るのではあまりに愛想がないだろう、

    ということでその子には空き時間に各自に渡してあげてね、
    と言ってその様にしてもらいました。

    男子の喜び様というのは可愛らしいものです。
    男ってやっぱり単純ですね、もちろん僕も含めて(笑)
    私立入試
    こんにちは~。

    私立高校入試、桜花ゼミの生徒は
    全員星稜高校を受験して全員合格でした。

    さて。

    合格発表当日は塾はお休みだったんですが
    夕方からずっと教室でいろいろ作業はしていました。

    で、電話で連絡をくれた生徒。
    電話連絡のあと、お母さんと教室に来て公立の相談をした生徒。
    もいましたが

    その翌日、授業前に結果を報告してくれた生徒が一名だけ。
    残りの生徒は挨拶だけで教室に入って行きました。

    毎年のことなんですが授業前の説教タイム(笑)

    僕は事前に生徒に結果報告しなさい、と言ってませんが
    (言うつもりもないですが)
    そういうことはきちんとできる大人になっていった方が
    良いのではないかと思っています。

    今回叱られたことも大人への通過儀式の一つと思って下さい。
    私立入試
    こんにちは~。

    本日は石川県の私立高校の入試が行われました。
    うちの生徒達も人生最初の入試を楽しんでほしいと思います。

    僕は塾長とドッグカフェに行ってご飯を食べた後で
    献血に行ってきました。

    いいことをした分、
    全員公立高校合格!くらいのご利益があればいいと思います(笑)

    あと僕に彼女が出来たら言うことなしです(笑)