桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    11/21のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    1週前の放送では、

    「抽象能力」つまり、まとめていく力が大切です、

    という話をしました。

    特に、国語や数学ではとても重要だと思います。


    一方で。

    この能力がそれほど通用しない教科もあります。

    社会や理科の一部など、暗記がより重要になる教科です。

    要点はつかめたとしても、

    結局一つ一つの事柄をしっかり覚えないと点数にはなりませんから。

    国語や数学は抽象能力をもって、根底の部分を理解してしまえば

    それほど多くの勉強は必要でもないのですが、

    暗記に関しては確実に取り組んだ時間に成績は比例します。

    もちろん、覚える能力にも個人差はあり、

    同時に要点をしっかり押さえる力も無視できるわけではありません。

    が、「覚えるだけの教科」という思い込みであったり、

    「いつでもやればいいから」と侮ったりしていると、

    想像以上に苦戦することになると思います。

    桜花ゼミでも泉丘、二水、桜丘などを目指している

    生徒で一番苦手が社会、という子が少なくありません。

    しかも、1・2年生の頃からその傾向が続いています。


    理由はこれかなあ、というのはあります。

    ある程度の学力がある生徒にとっては

    英語・数学などは要点を理解してしまえば

    あとはけっこう楽になってきます。

    一方、そこで楽を覚えてしまうと

    根気強く暗記しなくてはならない教科がめんどくさくなってしまう。




    放っておくと重症化します。

    1・2年生の頃から、理科・社会で自分の獲りたい点数が

    確実に獲れる程度の勉強はしておきましょう。


    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する