桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    11/28のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    11/28のアバウトスタディ、

    高まる英語の必要性について話しました。


    あるニュース記事に出ていましたが、

    国内大手の某製薬会社が大学卒新人の応募条件として

    TOEIC730点をクリアしていること。

    来年度の募集から実施するそうです。

    また、採用時にTOEICのスコア(点数)を

    判断基準にしている会社が増えて来ているそうです。



    TOEIC730というのは

    大まかですが英検準1級に相当します。

    ハッキリ言ってかなりハイレベルです。


    僕が社会人当時、勤めていた会社(商社)の基準で

    海外出張 640点以上

    海外駐在 720点以上

    となっていましたので、その数字を参考にすると

    大卒の新人に 海外駐在員レベルの英語力を求めている、

    という事になります。

    (ちなみに当時受験した時は 
     出張は行けるけど駐在には勉強しないと…でした)


    企業側が 

    純粋に英語力のある人材を求めている、という事も有りますし

    採用の一つの目安にしたい、という事も有るでしょう。

    (実際、海外との業務が全くない企業でも
     社員に受験をさせる会社はけっこうあります)


    おそらく、一部上場クラスの企業への就職を考えた時に、

    「英語できません」は全く通用しません。


    「海外とか興味ないし」とか「英語使う仕事なんてしないし」とか

    言ってしまうと、選択できる仕事がものすごーーーーく減ってしまう、

    そういう時代です。


    という事で、「英語やりなさいよ」という話でした。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する