桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    4/17のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    予習復習が大切とはよく言います。

    僕はどちらかというと復習を重視します。

    学習において大切なのは
    「分かった!」「出来た!」となる事なので
    そうなるまでは復習が必要だからです。

    (ですから僕は
     生徒が復習はしてきたと言いながら出来ていないのは
     復習が出来たとは認めません)

    今まで復習の話は何度もしましたが
    予習の事はあまり話したことがありませんでした。

    という事で4/17は予習について話しました。

    高校生の予習

    これは絶対に必要です。
    高校の授業は完全に生徒が予習して来ていることを
    前提として進むわけですから(進学校の場合)
    予習をしていないと授業がほとんど理解できません。

    特に英語・数学・古文あたりはそうです。


    中学生の予習

    特に予習をしなくても90点前後は取れる生徒なら
    しなくても良いかもしれません。

    80点にいくかいかないか、レベルからは
    予習をした方がいいです。

    あれこれたくさん必要ではありません。

    次の授業で進むと思われる範囲を読んでおく。

    これだけで構いません。

    「こんなん見たことないなあ」とか
    「なんやこれ~」とかでいいんです。

    そう感じたところが授業で大事なところです。

    漫然と授業にのぞむよりは、

    「ここはしっかり聞かねば!」
    という意識をもって授業にのぞめると、
    理解の速さ・深さが違ってくるのは当然のことです。

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する