桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    7/3のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    7/3のアバウトスタディでは
    「文系?理系?どうする?」という話をしました。

    石川県の進学校では1年生の9月くらいの段階で
    2年以降 文系・理系どちらを志望するかを
    選択しなくてはなりません。

    もちろん、自分で行きたい大学や学部が
    ハッキリしている人は悩む必要がないです。

    ですが、全くハッキリしない人にとっては
    かなり悩ましい問題です。

    まず、得意教科とかを判断材料にするのはやめましょう。
    あくまで大切なのは「自分が何をやりたいか」です。

    また、数学が嫌いだから文系、国語が苦手だから理系、
    というような消極的な選択もけっしておススメしません。

    数学が苦手でも理系に行きたければ、
    数学を勉強するだけのことです。


    それでも全く自分の中に判断の材料がない場合は?

    私見ですが、理系に行くことを勧めます。

    理系に行ってやっぱり文系に…

    これは可能です。

    むしろ数学が必要となる場合には強みになります。

    文系から理系に…

    これはかなり困難です。

    文系ではおそらく数学はⅠAⅡBしか履修しません。
    となるとⅢCが必須の大学は受験できません。

    また、英語や国語は文系・理系で差がつくような教科でもありませんし、

    ほとんどの高校では文系・理系で比較した場合、
    センター試験の平均点は理系の方が高いです。

    ということで。

    あくまで、「現時点で行きたい方向が全く見えていない」
    という人にかぎって、理系をおススメします。

    7/3のラジオ「アバウトスタディ」では
    「雨にちなんだ曲」をかけました。

    Aska「はじまりはいつも雨」
    福山雅治「追憶の雨の中」
    徳永英明「レイニーブルー」
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する