桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    えらく怒ってます2
    こんにちは~。

    前回の記事の続きです。

    テストに対して目標を設定する。
    達成するために努力する。

    ここまでは至極当たり前のはなしです。

    本当のところは、今の段階で結果なんてどうでもいいんです。

    ただ、間違えた問題に対して

    「出来なくて悔しい」とか
    「絶対できるまで見直しだ!」とか思えれば

    また、目標を達成できなかったことに対して

    「なぜ?」とか
    「次は絶対達成だ!」とか思えれば

    それで十分です。

    出た結果に一喜一憂しても仕方がないんですが、
    結果から次への改善点を見つけようとしないのなら
    それは「阿呆」です。

    で、そういう人にかぎって入試で失敗してはじめて
    「失敗から学びました」なんて言い出します。

    入試の前にすでに失敗をしているし、
    数々の失敗から学ぶたくさんのものがあったはずなのに
    学ぼうとしてこなかった。

    だから大事な本番でも失敗するんです。

    本番(入試)で負けて学ぶくらいなら

    練習(各テスト)で失敗したと自覚して学んで
    本番で勝つ方がはるかにマシ、というものです。



    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する