桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    10/31のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    10/30のアバウトスタディでは

    生徒のタイプ別分類、というのをしてみました。

    あくまで私見ですし、一般論なので
    当然当てはまらない生徒もいます。

    一人一人は違う生徒ですから、
    一人一人のことも考えなくてはなりませんが、

    生徒に対する指導の指針を持つには
    ある程度の一般化も必要なんです。

    ということで。

    英数国を抽象能力を必要とする教科、
    理社を比較的そうではない教科としての僕の考えです。

    ・5教科まんべんなく得意

    ホントに能力が高いか、能力が高いかつ真面目か、
    どちらかでしょう。
    ただ、学年5位以内くらいをキープできているけど
    勉強はたいしてしていない、という人。
    実は才能を浪費してます。もったいない。

    そういう人には時として大きな落とし穴が待ち受けています。

    ・英数国が得意 理社が苦手

    基本的な抽象能力が高いです。
    暗記が苦手、というより
    暗記の為の地道な作業が苦手ということが多いです。

    勉強時間が少ない子が多いのがこのタイプ。

    ・英数国が苦手 理社が得意

    基本、真面目なタイプです。
    コツコツやるのは得意ですが
    とことん考えつくす・原理原則を捉える、となると
    ちょっと苦戦することが多いです。

    そこを意識した勉強にシフトする必要があります。

    ・5教科平均して良くない

    まず英数中心の勉強でスタートしてみて下さい。

    二つのタイプに別れます。

    抽象能力が低くないにも関わらず、
    ホントに勉強してこなかった生徒は
    英数からのびだします。

    いい結果が出て、自信が少しついたら
    5教科頑張って取り組んでいきましょう。

    結果が出てこない人は
    根本的な抽象能力が欠けています。

    その状態のまま勉強をしても単なる苦行でしょう。

    もう一度、読み書き計算からしっかりやる覚悟が必要です。


    10/30のラジオの曲は

    The Carpenters で

    「Superstar」
    「Rainy Days And Mondays」
    「Yesterday Once More」  でした。

    曲のリクエスト、お待ちしてます。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する