桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    ’14 高校受験について その2
    こんにちは~。


    今年度の入試も昨年に続き、難しかったようです。

    問題を分析してどうこう、は
    僕の趣味ではないので書きません。

    ただ、基本を深く理解しているかを問う問題が
    増えているだけに1,2年生の時からの
    地道な勉強が大切になることは間違いないと思います。



    今回の受験についてですが、
    僕個人は、今年度、
    非常によかったと思うことがあります。

    新聞チラシでもお知らせしているのですが、
    桜花ゼミでは高校生向けに
    「ブロードバンド予備校」(BBY)
    を採用しています。

    で、春には新高校生向けの無料講座があるんですが
    過去2年は受講した生徒が各年で二人ずつでした。

    僕としては、そのまま継続してほしいとかでなく
    (してくれれば、それに越したことはないですが)
    まず高校に入るにあたって
    利用できるものは利用しよう、
    という姿勢を持ってくれることを期待していたんですが
    なかなか生徒に理解してもらえていませんでした。

    ですが今年は桜花ゼミの受験生が
    ほぼ全員受講してくれました。
    (たぶんそのまま継続する予定の生徒はいません笑)

    高校に入学するにあたって
    「いい準備をしよう」という考えの生徒が増えた事を
    喜んでいます。

    また、中学生の時は塾に通っていなくて、
    高校に入ったら始めよう!ということで
    来てくれた生徒もいます。これもいい傾向です。


    桜花ゼミでは上位校に進む生徒が多いのですが、
    そういう生徒は中学校の時に授業に対して
    それほど苦労はしていなかったはずです。

    ですが高校に入った瞬間、
    学年の下位になる可能性も十分あるわけです。


    中学校の時は単純に点数・順番をあげたい!
    で頑張っていれば上位にいれたわけですが、

    高校ではきちんと取り組んでも
    授業についていくのが難しい、
    学年の下位から脱出することが難しい、
    ということは当然あります。

    高校、それも進学校に行くということは
    行くこと自体は喜ばしいことでなく、
    より勉強が厳しくなる・大変になるということです。

    それを少しでも理解できている生徒が増えてきた、
    ということをとてもうれしく感じています。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する