桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    塾を替えることについて
    こんにちは~。

    ちょっと前にブログで書いていた
    何とかしてやりたいと思っていた生徒、

    結局逃げてしまいました。

    他の塾をやめて桜花ゼミに来た生徒だったんですが。

    これからどうするんでしょうかね。


    塾を替える、というのはよくある事ですが
    (実際桜花ゼミにもそういう生徒はけっこういますが)

    僕は多少の疑問符付きで見ています。

    「〇〇塾で成績上がらんかったし~」

    という生徒に限って

    自分が勉強してないからじゃん!

    ということが結構多いからです。

    (そういう話は他塾から来る生徒に実際に話します)

    で、うちはそういう生徒は
    泣かせてでもやらせるので

    頑張る生徒は上がりますし
    やらない生徒は結局またやめて別の塾に…

    という感じです。

    じゃあ、やらない生徒を放っておく塾は?

    と言いますと

    こういうことをすると成績が上がるよ!という情報や
    勉強する場を提供するのが塾なので

    それをスルーして勉強しないのは生徒の責任であって

    やらない生徒を放置する塾には何の責任もありません。
    (少なくとも僕はそう思います)

    ただ、僕はそういう生徒が

    ・親御さんにお金を使わせてなんとも思っていないのが
     気にいらない

    ・他の生徒にも良くない影響を与えかねない

    ので、そういう生徒を放置することをしません。


    ですが、僕も一経営者ですから、ときどき

    そういう生徒だけを別室に集めて

    ・一切対話なしの講義形式で授業を進める
    ・彼らが勉強をやるかやらないかは一切関与しない

    としてしまえば収入を増やせるなあ、と
    妄想したりもします。


    せっかく塾に通うなら
    真剣に勉強に取り組もう!という気持ちくらいは
    もった方が良いですよ、というお話でした。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する