桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    英語をもっとおおらかに
    こんにちは~。

    僕が会社員だったころ、2週間ほど

    カナダ・アメリカに出張に行ったことがあります。

    2週間の間はほとんど毎日、

    現地事務所のカナダ人(日本語話せない)と

    各地の木材工場を訪問しました。

    最初の1週間はリスニングが本当につらくて大変でした。

    しかもカナダ人もアメリカ人も

    こっちが「ゆっくりめに話してくれ」と頼んでも

    全然ゆっくり話してくれませんし…

    そんなある一日、アメリカの田舎町のレストランで

    隣の席にいたトラック運転手二人組と会話をしました。

    最後には彼らのトラックにものせてもらいました。


    で、彼らとお別れした後…

    カナダ人が

    「彼らの英語、よく分からんかった…」

    ロサンゼルス生まれでアメリカ・カナダの西海岸で

    育った彼には

    南部(テキサスとかそっちの方)から来た運転手たちの

    英語がとてつもなく聞き取りづらかったそうです。

    英語生活10日目くらいの僕はそんなに聞き取りづらいと

    感じなかったのですが。


    つまり、英語なんてそんなもんだって事です。

    ネイティブスピーカーでさえ、訛りが酷ければ聞き取れない。

    オーストラリア人はtodayをトゥダイと読んでしまうし、

    インド人はpaperをペーパルと読んでしまう。

    フランス人はhotelをオテルとしか読めない。


    日本人がLとRの発音の区別が上手でないことは

    とっくに有名になってます。

    長くなりましたが、英語はしょせん言葉、です。

    習うより慣れろ方式で失敗を恐れず取り組むことが肝心です。

    とにかく毎日声に出して練習するだけで違ってきます。





    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する