桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    継続は力なり
    こんにちは~。

    前回の記事で学年一位になった生徒のことを書きました。

    彼(T君)の一番偉いところはどこでしょうか。

    いろいろあるんですが、やはり

    塾を辞めずにがんばり続けたこと。

    これに尽きると思います。

    僕は生徒に対して非常に厳しいらしく
    (僕自身は当然と思うことをしているだけなのですが)

    学年によっては残る生徒より辞める生徒の方が
    多いくらいです(笑)。

    それは成績が上がってきたT君に対しても変わりません。

    T君もさすがに一度だけ家で「やめたい」と言った事が

    あるそうですが、結局がんばり続けてます。

    親御さんがきちんと話をされたんじゃないかと推察します。



    一方、この夏に他の塾から移ってきた生徒が

    3名いたんですが、2人はすでに辞めています(笑)。

    一人は指示した復習をしていなく

    「やる気ないなら帰れ!」と言ったら

    そのまま帰宅して、二度と来なくなりました(笑)。

    一人は翌日に部活の大会があるから

    という理由で無断欠席したのでその日のうちに電話して

    「今日来なかったら二度と来なくていい」と言ったら

    二度と来ませんでした(笑)。

    面白いのは(面白くないですが)

    この二名の親御さんは子供が辞めるにあたって

    塾に何一つ連絡されないということです。


    親の仕事というのは

    子供の言うことを聞くのではなく

    子供に言うことを聞かせることだ、と思うのですが。

    子供がいやだ!といったらハイハイと聞くのではなく

    時には我慢すること、堪えることも大切だと教えることだ

    と思うのですが。

    僕は古い人間なんでしょうか。




    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する