桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    浪人について
    こんにちは~。

    僕は幸いに浪人というものを経験していないので
    あまり語る資格はないかもしれませんが。

    やはり浪人する以上は
    しただけの価値をえなくてはならないと思います。

    要はコストに見合う結果を手に入れましょう、ということです。

    自分自身の一年間という時間。
    親御さんの経済的な援助。

    それだけのものを費やした結果、行った大学が
    「どこ?その大学?」では
    ちょっともったいなすぎるかなあ、と。
    (もちろん、知名度に関わらず素晴らしい大学はあります)


    より高いレベルを目指して妥協せずに闘った結果、
    涙を呑んでもう一年がんばる生徒は応援したいですし

    ボケ~ッと現役時を過ごした結果、
    なんとなく浪人する生徒は関わりたくないと思います。

    今年度、桜花ゼミでは大学受験生が一人いましたが
    彼は東工大一本で残念だった場合は浪人します、
    と言っていました。(見事に合格しましたが)

    もちろん、もしもの時は彼に対して出来るだけのことをする
    心の準備はしていました。

    今回のお話は浪人する人、した人にむけて、というより
    現役の高校生に対して、
    だからこそ現役の時に一生懸命頑張ってね、というお話です。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する