桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    受験体験記 大学入試編
    こんにちは~。

    高校受験生の体験記を続けて紹介してますが、
    ここで大学入試を終えた生徒の受験体験記も紹介します。


    梅田 侑暉 君(金沢泉丘)

    東京工業大学 第2類 合格(現役)

    僕は桜花ゼミに中学2年生から3年生の最後までと
    高校2年生の秋から3年生の最後まで通っていました。
    高校1年から2年の秋までの間は空手をしていた事もあり、
    忙しく通っていませんでしたが、勉強についての悩みがある時は
    よく相談に乗ってもらっていたので、竹内先生には
    丸5年の間お世話になったことになります。

    高校2年生の秋に桜花ゼミに戻って来た時、僕の英語の
    校内偏差値は37という悲惨な状態でした。
    中学生の時と同じように英語の勉強をしていると、
    高校では覚えることの量が多い上、
    英文に対する考え方も違っていたため
    全くついていけない状態でした。

    そこでブロードバンド予備校(BBY)の
    「基礎完成英語」の映像授業を受講し、竹内先生のアドバイスを
    受けていると、校内偏差値は一気に54くらいまで上がりました。
    「基礎完成英語」は基礎の部分から丁寧に教えてもらえるので
    英語が苦手な人にはおススメです。

    ここで、受験を終えて、これから受験生になる人達へ
    メッセージを送りたいと思います。

    僕は受験本番の時、
    「これだけ努力したのだからこれで落ちたなら仕方ない」
    という気持ちで試験に臨めました。
    おかげで無駄な緊張をせずに試験に集中することができました。
    試験の緊張に負けない精神力を持つ、というのは
    結局自分のやってきたことに自信をもてているかどうか
    だと思います。
    これから受験生になる人達は後悔せず、
    むしろ自信が持てるような努力をして合格をつかみ取ってください。
    健闘を祈ります。

    最後に、竹内先生、これまで5年間ご指導いただき
    ありがとうございました。


    竹内から一言

    初めて桜花ゼミに来た時は学年で20番以内に入ったことが
    ない生徒でした。
    それでも中学校では最高学年2位になるまでがんばり、
    見事に泉丘に合格してくれました。

    高校に入ってからも、よく教室に顔を出してくれ、
    僕の意見・アドバイスを真摯に求めてくれました。

    英語に行き詰った時、初めは竹内の個人指導を依頼されましたが
    僕の個人指導は単価が高いこと(笑)、
    また理系の彼には他の教科を勉強する機会も必要だと考え
    BBYを受講することを勧めました。

    結果、もともと第一志望が名古屋大だった彼が
    3年生の早い段階でそのレベルをクリアし、
    さらに高い東工大という目標をもって、見事に合格できたのは
    本当に素晴らしいことだと思います。

    これだけの結果を得られたのはもちろん
    彼の才能と努力の賜物なのですが、
    何よりも彼が人の意見を聞く、ということに素直であったことが
    大きい要因だと思います。
    それは間違いなくご両親の家庭での教育の結果です。

    本当におめでとうございます。

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する