桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    5/13のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    今日はGWをはさんで3週間ぶりのラジオでした。

    今日お話ししたのは

    「子供が何かをしたいと言った時にどうするのが良いか」でした。

    例として親子ともに釣り未経験の家庭で
    子供が釣りに行きたいと言い出しました。
    どこに何を釣りに行くのがいいでしょう、という
    ネット上にあった親御さんの質問を取り上げました。

    正解が一つとは限りませんが、僕が考えるのは

    どこに、なにを釣りに行くかを子供に考えさせるのが良い、です。

    釣りに関する本、釣具屋さん、ネット、
    釣りの情報を得る場はいくらでもあります。

    子供にそれをさせれば
    自分が行きたい釣りですから、
    一生懸命いろいろ調べるでしょう。

    大切なのは

    自分でいろいろやってみた、ということと
    興味を持ったことを自分で調べる=知識を得る
    という経験をする事だと思います。

    もしかすると釣りの本にハマって
    魚がらみのいろいろな知識を調べまくる様になるかもしれません。
    (僕はそうでした)

    その経験は、また別の何かに興味を持ったときにも
    活かされるでしょうし、
    その子供にとって間違いなくプラスの経験になると思います。

    一方で親御さんが一生懸命調べて上げてしまうと
    子供のいろいろな経験のチャンスを奪ってしまいますし、

    また、いろんな場面で取りあえず親御さんに頼るだけ、
    という受動的というか消極的な子になってしまうかもしれません。


    やはり親というのは木の上に立って見るのが良いようです。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する