桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    7/22のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    7/22のラジオでは中高生のスマホについて話しました。

    スマホ、PCなどの利用法としては

    情報の収集、発信
    事務作業(ワード・エクセル・アクセスなど)
    ネット上の交流(SNS)
    ゲーム
    創作活動(動画・音楽などを作成、さらに発信)

    などがあるかと思いますが
    中高生の場合、SNSとゲームに集中しているようです。

    すなわち時間を浪費するタイプの利用が多いということです。

    たしかにPCなどを使いこなせないとやっていけない時代なのですが
    LINEやツイッター、ゲームにはスキルは必要ないですから
    大人になって役立つものがありません。

    スマホをさわりまくっている中高生でブラインドタッチができるのは
    どれくらいの割合でしょうか?(たぶん非常に少ないでしょう)

    人との繋がり、交流という点でも
    多少の便利さがあるのは確かですが
    毎日顔を合わせるクラスメイトとそこまでつながる必要はないはずです。

    ここ2年ほど、高校受験が終わるとパーティをしているのですが
    必ずその席では、受験が終わってスマホを買ってもらった生徒達が
    みんなで画面に向かっている時間があります。

    せっかくみんなで集まって顔を合わせているにも関わらず。
    (しばらく待った後、スマホは片づけさせました)

    スマホなどを恒常的に使い続ける人は
    社交スキル・コミュニケーション能力が著しく下がる
    というデータもあります。

    一言でいうと
    スマホなどの利用に対しては
    時間と利用法に関しての制限が絶対に必要、ということです。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する