桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    身の程知らず
    こんにちは~。

    前回の記事でかつての生徒が司法試験に合格した
    という話を書きました。

    親御さんが僕のところにまでご挨拶に来て下さったのは
    本当にうれしかったのですが
    改めて、勉強というものにおいて「本人の意志の力」に
    勝るものはないと痛感させられてもいます。

    また、桜丘出身のその生徒が司法試験合格、というのに
    大変失礼ながら驚きもしました。


    例年、中学生の生徒で泉丘に合格する子たちの中には
    医学部を目指したい、という子が少なからずいます。

    ところがたまたま会った時に聞いてみると高校一年の段階で
    医学部志望でなくなっている、という生徒が少なくありません。

    泉丘での自分のレベルを知って方向転換した、と。

    まあ、それ以外でも高校に入ってから志望校が低くなっている子
    というのはよく見かけます。

    そうやって、現状の自分に甘んじて分をわきまえる、というのは
    10年先の話でいいんじゃないか、と思うのですが。

    少なくとも自分の将来の可能性を伸ばしたり広げたりするための
    最大限の努力を行う前に諦める、というのは
    寂しい限りの話だなあ、と感じます。

    それならば、周りから「無理だ」「諦めろ」と言われようが
    がむしゃらに自分の目標を目指す身の程知らずな人間を
    僕は応援していきたいと思います。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する