桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    11/18のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    11/18のアバウトスタディでは
    具体的なテストの復習のしかたの例を話しました。


    11月のかほく郡市統一テスト社会の問題です。

    世界地図で5つの国が塗りつぶされていて、その国は
    中国・アメリカ・メキシコ・ブラジル・アルゼンチン

    この五か国が生産の上位五か国である農産物はどれ?

    ア 米
    イ 小麦
    ウ ぶどう
    エ とうもろこし


    正解はエのとうもろこしですが

    不正解だった生徒が「とうもろこしかあ」と思いながら
    解答用紙に書き直した、というのを復習とは言いません。

    コメ・小麦であれば1・2位は中国・インドのはず。
    だからア・イは消去
    (その他はコメはアジア、小麦は欧米が上位に入ります)

    ぶどうは地中海に面したイタリア・フランス・スペインなどが
    上位に入っているはず。よってウも消去。

    ということが理解できているかどうかも確認したいところですし、
    そうなると主要な農産物の順位も確認しておきたいはずです。

    それだけでなく、
    コメがアジアなのは当然ご飯を食べるからですし
    小麦はパンにして食べる事がほとんど。
    (中国では麺や餃子などに・インドではナンなど)
    ぶどうはワインの原料です。
    と関連づけることも重要でしょう。

    また、とうもろこし上位の国の共通点はなんでしょうか。

    それは牛肉の生産国でもあるということ。

    実は世界ではとうもろこしは人間の食用以上に
    家畜の飼料として消費されています。

    また近年ではとうもろこしからアルコール(バイオエタノール)を
    生産して燃料としても利用しています
    (アメリカ・ブラジルで盛ん)

    ここまで広げて覚えるのは大変!ムダ!と思われるかもしれませんが
    関連付けながら広げるわけですから実は頭には入りやすいです。
    (暗記には関連づけが重要です)

    まして、入試でも「とうもろこし」だけ知っていれば大丈夫!
    という問題が出てくると期待する方がおかしいですよね。

    毎回ここまでやるのは無理と思われるかもしれませんが
    地道に続けていれば同じことを何度も繰り返さなくても
    とける様になっていくと思います。

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する