桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    どうせならデカい失敗を
    こんにちは~。

    先週か先々週か忘れましたが放送時間がずれたおかげで
    話題のドラマ「下町ロケット」を見ることができました。

    主人公は以前にロケット打ち上げ失敗の責任を取って
    勤めていた会社を辞職したようです。

    ロケットは一回の打ち上げでざっと百億円の費用。
    そりゃ誰かが責任とらされますね。

    僕が以前働いていた会社にも宇宙航空機部がありましたが
    ロケット打ち上げ費用百億円のうち、4分の1が保険料、
    という話を聞いた事があります。

    保険がおりたとしても、開発に携わった労力と時間を考えれば
    誰かが詰め腹を切らされるのは致し方ないことか、と。

    全く別の部署でも億単位の赤字を出してしまって
    会社を去られた方もいました。

    新入社員のころは同期の人間と半ば冗談で
    「どうせなら会社がつぶれる、ってくらいでかいことをしたいね」
    と言ったりしていたのですが、入社後3年目に
    会社の方が2500億くらいの負債で潰れてしまいました(笑)

    今の僕が銀行から受けられる融資なんてたかが知れます。
    どうせなら10億くらいの融資を受けて破産するくらいのことを
    してみたいと思います(笑)
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する