桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    受験体験記 その5
    こんにちは~

    受験体験記を書かないとブログのアクセスが激減です。
    どうでもいい話を書いたせいか、昨日ブログ更新しなかったせいか。
    ということで受験体験記その5です。


    細井詩乃 さん

    金沢二水高校 普通科 合格

    ・受験が終わって一言!

    解放された!という感じです。

    ・合格発表後の一言!

    ホッとしました。

    ・中学校でがんばったこと

    部活や勉強など、あらゆることで1番になりたいと思い、
    頑張りました。

    ・これからの夢や、がんばりたいことは?

    高校ではトップをねらっていきたいし、
    将来的にはダンサーになりたいです。

    ・後輩にアドバイスをどうぞ!

    「わからない」「できない」から逃げないこと。

    ・桜花ゼミに一言!

    桜花ゼミに来て「こんなに”勉強”で熱い人がいたんだ」
    と驚きました。
    はじめはどうしていいか自分ではよくわかっていなかったのですが
    授業を受けたり、自習したりとその回数を重ねるうちに
    「わかる」ってこういうことなんだっていうのを
    感じられるようになりました。
    だんだんと自分に自信がついてきて、学ぶことが楽しくなりました。
    これからも勉強はもちろん、桜花ゼミで身につけた力を
    将来のために生かしていきたいと思います。
    短い間でしたが、本当にありがとうございました!

    ・保護者の方からも一言

    我が娘ながら本当に努力したなと感心しました。
    桜花ゼミで勉強の習慣化が更に身についたと実感しています。
    先生の熱く、温かいご指導のおかげです。
    本当にありがとうございました。


    ・竹内から一言

    3年の10月に入塾した生徒です。
    その時点ですでに偏差値63~4ありましたが、
    天井知らずで伸びました。
    1月の第六回では5000人近く受けた総合模試の100番以内。

    「泉丘受ければ?」と何度か勧めました(笑)
    または、二水にトップで合格してみてよ、と。

    2月の第七回では偏差値70越えで、13位。

    本番の入試も440点。本当にトップ合格じゃなかろうか。

    前にも書きましたが、二水受験の三人娘はよく自習を頑張り、
    分からない問題はことごとく質問してくれました。
    僕の説明で納得いかない時、
    もう一度問題に取り組んでも出来ない時、
    同じことを2度3度と説明することもありました。

    語弊があるかもしれませんが、
    僕はこういう「しつこい」生徒が大好きです。

    本人のコメントにもありましたが、
    「わからない」「できない」から逃げない。妥協しない。
    これが一番大切なことだと考えます。

    そして、身につけたこの学力をダンサーとしてどう活かすのか?
    とても楽しみにしています。



    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する