桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    マラドーナとメッシ
    こんにちは~。

    最近、サッカーブログの様相を呈してきました(笑)

    先日、アルゼンチンのメッシ選手が代表引退を宣言しました。

    間違いなくチームのエースであるからこそ、
    勝てなければ批判を一身に浴びることも多く、
    今回の代表引退発言になったのかと思いますが。

    メッシと言えば、同国のレジェンド、マラドーナを超えているのか
    どうかが常に話題となります。

    得点記録を見るかぎりメッシが越えているとはいえるのですが。

    メッシはまだワールドカップを勝ち取っていません。

    たいしてマラドーナは86年メキシコ大会で優勝。

    しかも、チーム的には戦力不足と言われた中で優勝し
    「マラドーナによるマラドーナの為の大会」
    とまで言われました。

    大会中のイングランド戦においては
    マラドーナは二つの伝説的ゴール
    「神の手ゴール」と「5人抜き」を決めたことによって
    戦争の敗戦国が戦勝国にサッカーでリベンジを果たします。
    アルゼンチンにとってはまさに英雄になったわけです。

    (4年前の82年、アルゼンチンはフォークランド紛争において
    イギリスに敗戦していました)

    これはあくまで時代の環境が生み出した要因ではあるのですが
    この点においてはメッシがマラドーナを超えるのは難しそうです。

    一応、現代史を含めた話にしてみました(笑)
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する