桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    退塾上等
    こんにちは~。

    受験体験記の箸休めに一つ。
    受験体験記の中で、生徒が
    「けっこうな人がやめてしまうというすごい時期もあった」
    と書いてました。

    僕はたいして意識をしていなかったんですが
    「そうだっけ?」と思って確認してみると
    この新高校生になる学年は

    最後まで通って公立受験した生徒 7人
    途中で退塾した生徒         7人

    退塾率 50%です(笑)たしかに多いですね。

    理由もあげておくと

    ご家庭の事情         1人
    私立の推薦が早く決まった 1人
    入塾1週間以内で退塾   2人
    学習習慣に注意され続けて
    心が折れて辞めた      3人

    上二つの理由はしかたありません。

    入塾直後についていく自信がなくて辞めるのも
    ついていく気持ちがないならしかたありません。

    言われたことをやらずにいれば注意されるのは当然ですし、
    それが繰り返されればどんどん厳しくなるのも当然なので
    それがいやで辞めるのも仕方ありません。

    生徒達にもいうことですが
    やるべき努力を怠って成績を上げようというのは甘い考えですし
    その状態で塾に通い続けても
    ご両親にお金を捨てさせているようなものです。

    ですから、よほどのことがない限り
    生徒側から退塾の話があった時は、早めに返金処理をして
    おしまいにするようにしています。
    (その月の受講していない分の月謝は返金してます)


    以前、よその塾から桜花ゼミに来た生徒の話を二つ。

    退塾を申し出たらしつこく引き留められて
    最後には2時間以上意味のない面談に付き合わされた。


    二年以上通って成績が上がらないので退塾を申し出たら
    「これから上がるから!」と引き止められて
    数か月続けたが結局上がらなかった。


    それぞれの塾がいいか悪いかはよく分かりませんが
    「合う」「合わない」はあるのではないか、と思いますので
    合わない、と感じている生徒を引き留める為に
    エネルギーを費やすほど、僕は努力家ではありません(笑)

    ええ、経営者としては失格とはよく言われます(笑)
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する