桜花ゼミ 竹内祐介のアバウトスタディ
    かほく市の学習塾・桜花ゼミの塾長竹内祐介のブログです
    5/23のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    どうでもいいことですが、月曜日にラジオの生放送、
    というのにまだ全くなじんでいません。

    日曜日の寝る直前に「あ、明日ラジオだ」
    と思い出すこともしばしば。


    さて。5/23のラジオでは
    テストのあとの見直しこそが大切、という話をしました。

    テスト前くらいは勉強に精を出すこともあるかと思いますが
    テストが終わった瞬間、解放感でいっぱいということも
    よくあると思います。

    ですが、100点でない以上見直すところはあるわけで
    そこに対してしっかり取り組めるかどうかが
    その後を大きく分けていきます。

    ということでテストが返って来たらまずは徹底して見直し、
    やってみて下さい。
    5/16のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    5/16のラジオでは1学期の中間テストについて話しました。

    1年生にとっては入学後初めての定期テストです。

    ここでつまづくと最悪3年間ズルズル、ということになりかねません。
    出来れば各教科80点は取りたいところです。

    そして、そうでなかった場合。
    一刻も早く、つまづきから立ち直ることが大切です。



    2年生、おそらく3年間で一番楽しく、ダレやすい学年です。

    テストの点数がズルズル下がって来た、という話も
    この学年で一番多く出るのではないかと思います。

    自分の目標を改めて再確認したうえでテストに臨みましょう。


    そして3年生。

    今までにもお話したことがありますが、
    3年生の1・2学期の成績が内申書の半分を占めていると
    思って下さい。

    ということは今度の中間テストは3年間の1/8に相当する
    意味合いがあるということです。

    特に現在の石川県の高校受験の状況をみると
    桜丘を希望する生徒にとっては影響が大きいかと思います。

    倍率が高いところでは、合否ギリギリのところに
    多くの受験生が集中するかと思います。

    その時の最後の決め手が内申点です。

    400点を取らなければかなり厳しくなってくる、
    というくらいのつもりで中間テストに臨んでください。


    とにかく新年度最初の定期テストです。
    気合を入れて頑張ってください。
    4/18のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    ラジオの話をブログにまとめるのもサボり気味でした。
    できるだけちゃんと書いていきます。


    4/18のラジオでは
    新年度の生活のリズムをしっかり作りましょう
    という話をしました。

    高校生ですと

    いっそう多くなる学習内容に負けない勉強習慣を身につけること

    また、かほく市のほぼすべての高校生に必要な事ですが
    通学時間の有効活用、早起きのリズムに慣れること
    も大切になってきます。

    僕が高校生の時は、電車の中でする事というと
    英単語と世界史の暗記、あとは読書だったんですが
    最近はスマホというとても魅力的なおもちゃがあるのが問題です。


    また、新中学生は

    ・まだ本格的に始まっていないかと思いますが部活動

     ほぼ毎日ハードな練習 + 先輩後輩関係 など大変でしょうし

    ・小学校と比較するとかなり速い授業の進度

     はじめに大きく乗り遅れると後々大変です。

    また、小学生までは9~10時が就寝時間という子も多いですが
    部活が終わってからその時間に寝るとすると
    勉強時間がほとんど確保できないかと。

    そうなると生活のリズムを変えざるをえません。

    どうすればスムーズにリズムを切り替えられるか、
    個人差もありますし絶対の正解はよく分かりませんが、

    少し無理をすることに慣れていく、ということかと思います。

    就寝時間を少し遅くする。
    起床時間を少し早くする。
    勉強時間を30分伸ばしてみる。

    本当は一発で切り替えられるといいのですが
    「中一ギャップ」という言葉がある様に
    小学校から中学校の生活の変化は子供にとってかなり大きなものです。

    理想をいうならば小6の3学期くらいから
    生活のリズムを少しずつ変えていけるといいかと思います。

    なら、1~2月くらいにこの話を書いておけよ、と(笑)
    4/4のアバウトスタディ  塾選び
    こんにちは~。

    やっと春期講習、ひと段落つきました。
    そして、ラジオ「アバウトスタディ」は今週から
    水曜12時から月曜11時にお引越し。

    さて、その月曜のラジオでは塾選びの話をしました。

    新年度に向けてとっくに塾を決められている方も多いでしょうが
    いろいろ参考にしていただければ幸いです。

    1.複数の塾を比較してみること

    最近はいろんなタイプの塾があります。
    かほく市にも塾は増えました。
    せっかくいろいろあるのにチラシをパッと見ただけで決めるのは
    モッタイナイです。

    せっかくお金を費やして子供に塾通いをさせるわけですから
    どこが最も子供に合うのか、無料体験を利用して
    よく検討なさってください。

    桜花ゼミでも無料体験はやっています。
    説明はしますが、勧誘はしません。
    実際に体験に来られた方にも他塾の体験もおススメします。
    こちらから勧誘の電話もしません。

    ただ、夏期講習などギリギリのタイミングだと
    比較検討する時間はないかもしれません。

    それだけに早めに動かれることが大切です。

    2.塾を替える、ということについて

    たまに塾をコロコロと替えている方を見かけます。
    4つ目、5つ目です、とか。あまりプラスにはならないと思います。

    生徒の素質にもよるでしょうが、基礎がしっかりしていない場合、
    基礎固めだけでも時間はかかります。
    そうなる前に親御さんが辛抱できない、という感じでしょうか。

    3,4ヶ月で目に見える結果が出ないからすぐよそへ、
    と考える前に、塾の先生と一度お話をされてはいかがでしょうか。

    もちろん、自己弁護やいいわけ、退塾の引き止めに必死、
    また根拠もなく「上がります!」という塾もあるでしょうし、
    そうであれば辞めた方が正解でしょう。

    ですが、話をすれば子供の現状に納得がいくこともあるはずです。

    その上で塾を替えよう、となれば前回より慎重に。
    そうでないと、同じ事の繰り返しになってしまいます。

    目安としては

    半年経って、成績が向上していないなら塾に話を聞いてみる。
    一年経って、成績が向上していないなら退塾する。
    というところではないかと思います。

    最終学年の場合は受験まで一年きっているので
    そんなに悠長にはなれないでしょうが、ご参考までに。
    2/3のアバウトスタディ
    こんにちは~。

    今日のラジオ、普段はしない塾の宣伝をしようと思ったら
    時間配分を忘れて、話の途中で番組が終わってしまいました…


    さて。

    例年話をする事ですが、私立の結果が出るこの頃からが
    最後の勝負時です。

    ですが、同時にいろんなことに邪魔される時期でもあります。

    私立が合格したという安心感、気のゆるみ。
    私立専願や、推薦で合格したクラスメート。
    志望校の出願倍率。

    これらのことにイチイチ惑わされてはいけません。

    この1か月。
    一生懸命取り組んできた人たちが一番伸びる時期でもあります。
    少しでも自分を伸ばす、この事に集中していきましょう。